大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ

関東大学春季大会 東海大学戦 試合後コメント

投稿日時:2016/05/30(月) 11:57

5/29(日)に行われた東海大学戦の試合後コメントです。

松田雄監督

まず”チームとしてしっかり身体をぶつけていく”というところに関しては、食い込まれた場面もありましたが、リーグ戦王者 東海大に対して中大としても前に行こうとする意識があったんじゃないかなと思います。
次の流経大戦は秋に対しての課題も含めて、一度コーチで話し合い、選手ともミーティングを開きながら、もう一度 ”自分達が何をやっていくのか”、”自分達がどこにいるのか”を明確にしながら進めていきたいと思います。


酒井 宏之ヘッドコーチ

試合開始早々に2本トライを獲られてしまったのが、いらなかったですね。筑波大戦でも同じでしたが、ラグビーのプレー以前の部分で失点につながってしまっているので、この点はチーム全体で直さなければならないと思います。それ以降は競ったゲームも出来ていたので、勿体ないですね。
東海大のような攻撃力があるチームと対戦する時は、40点の取り合いでは中大は勝てないので、24~25点のロースコアで競るような80分にしていかなければならないなと思います。
流経大も留学生がいて前に出る力が強いチームなので、しっかり身体をはって止めることと、ロースコアで同じように競っていって最後勝ち切りたいと思います。


浜岸 峻輝(主将,4年,SO)

全体的に試合の入りの部分でまた課題が出て、途中良かったのですが、最後また明治の時と同じような形で後半やられてしまいました。
前半の途中、ディフェンスから立て直してからのトライや強みのモールでトライをとれたところは良かったと思います。
流経大戦への課題は、最初の入りの部分でのミスをなくすこと。あとは、流経大はFWの身体が大きいので、もっとディフェンスでもアタックでも前に出てしっかり止められるように頑張りたいと思います!


牧野 慎也(3年,LO)
※怪我から復帰で今シーズン初出場

2ヶ月ぶりの実践、試合ということで、自分の体力の無さを自覚すると同時に、思ったより動けた部分もありました。特にディフェンス面ではまだまだリロードが全然できてないので、個人的に課題の残る試合でした。
これからは、アタックにおいてもディフェンスにおいても、1:1の精度を上げて行けば、もっと良いプレーが出来ると思います。
チームとしては、アタックのテンポが本当によかったと思うし、FWも今日やろうといっていた部分で良いゲインが多く見られたので良かったと思います。セットプレーも少し安定してきましたが、もっと精度を上げるべきだと思います。
次の試合ではリザーブではなくスタメンで出れるように、この一週間しっかり準備してアピールしていきます。そして、招待試合である流経大戦で今シーズンAチーム初勝利を目指し、頑張っていきたいと思います!

以上となります。
引き続き熱い応援よろしくお願いします。m(_ _)m

アーカイブ