大きくする 標準 小さくする

~選手インタビュー~ STYLE

vol.1 キャプテン・山北純嗣 [STYLE 2013]

投稿日時:2013/03/18(月) 19:28

2013シーズンをスタートした中央大学ラグビー部。昨年リーグ戦6位で
大学選手権出場を逃した悔しさを胸に、今月5日に新入生を迎い入れ、
ハードな練習を積んできています。今シーズンの選手インタビュー第1弾は、
キャプテンに就任した山北純嗣です。熱い想いや今年にかける意気込
みをインタビューしました。(取材日:平成25年3月13日)



選手インタビュー 「STYLE」 vol.1 山北純嗣  『とにかく死物狂い』
















――キャプテン就任、おめでとうございます
 
  ありがとうございます。
 
――率直な気持ちをお聞かせ下さい
 
  不安はありますが頑張りたいと思います!
 
――ラグビー人生の中で、キャプテンの経験はほかにありますか?
 
  中学校の時に経験がありますが、失敗した思い出しかないですね。その当時は、周り
  が見えなくなってしまっていました。
 
――昨年からチームを引っ張っていた感じがしましたが、務める予感はありましたか?
 
  確かにありましたが。。。昨年から壮平(藤原)か僕かなと思っていました。で周りも
  どっちでも良いと言ってくれていました。最終的には松田さん(監督)から打診され
  ました。
 
――3月5日、新入生を迎えてスタートしました。雰囲気はどうですか?
 
  凄く雰囲気は良いです!
 
――酒井(宏之)HCが就任し、チームは変わりましたか?
 
  練習はきついのですが、内容が面白いです。1週間しか経過していませんが実感して
  います。
 
――新しいHCで慣れていないところはありますか?
 
  正直ないですね。僕たちは新しいことをどんどん吸収しなきゃいけないので、それに
  向かっていくだけです。
 
――昨年の反省はありますか?
 
  シーズン前にチームがまとまらないと勝てないと思いました。気持ちの部分が大きい
  と思います。
 















――今年はどんなチームにしたいですか?
 
  意志統一されたチームが理想です。それを大前提にすれば、テンポを上げた時の中大
 は、どこよりも強いはずです。昨年は相手が先にスイッチを入れられて、自分たちの
 ペースで試合が出来なかったので、今年は、自分たちが先にスイッチを入れて、主導
 権を掴みたいですね。もう死に物狂いになるしかないです。
 
――ッチームの中心は、キャプテンとバイスキャプテンですか?
 
  いえ、4年生全員です。4年全員で引っ張って行きたいと思います。13人同じ方向に向
  かないといけないと思いますし、誰一人違う方向に向いちゃダメなんですよね。そうなら
  ないためにも、日頃からしっかりコミュニケーションを図っていきたいと思います。例えば
  全員で飲みに行くとか(笑)。。。ですね!
 
――雰囲気が良いと油断が生まれますが。。。
 
  うちのチームは、昨年リーグ戦で6位のチームです。油断なんてありません!
 
――今シーズンの目標は?
 
  国立(大学選手権ベスト4)でプレーすることです。
 
――チームに一言お願いします
 
  みんなで強くなろう!ですね。
 
――中央大学ラグビー部のファンに一言お願いします
 
  期待を裏切らない試合をして、勝利を積み上げたいです。
 
――ありがとうございました
 





(インタビュー&構成/小宅崇)
[写真:竹野真弘、CURFC]