大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ

関東大学ラグビーリーグ戦 VS東海大学戦

投稿日時:2015/10/04(日) 23:25


10月3日㈯に行われました、関東大学ラグビーリーグ戦 東海大学戦の試合後コメントとなります。

 
松田 雄 監督
たくさんの応援をして下さった中で、80分間を通して中大らしさを見せられなかったというのが皆さんに申し訳ないなと思います。最初の30分くらいのラグビーを、もっともっと精度を上げてやっていかなきゃならないなと感じました。その時間帯は中大ペースでボールを前に動かせたのですが、東海大の壁が大きく、トライを取り切るのは難しかったですね。ただ、ベスト4を考える以上、もう一度精度にこだわってやっていきたいと思います。やろうとしていることは皆が間違ってないと感じていると思うので、最後のトライ(後半42分 WTB伊藤大地)を前向きに考えて、自分達のペースでやれるようにしていきたいと思います。
流経大戦に向けて、これから1週間で立て直し、しっかりと相手を研究して、自分達の精度を上げて戦いたいと思います。これからも応援よろしくお願い致します!

 
酒井 宏之 ヘッドコーチ
前半、ペースを掴みかけたところでミスが出てしまい、そこから逆に得点されてしまったので、もったいなかったですね。
後半も20分までがっぷり四つで、点差を縮めたいのにミスやペナルティで自滅し、そこで逆にスコアされてしまいました。やはり勝負所で東海大は強いな!と、ここは差を感じました。
ただ、前半FWがモールでトライを取り切ったことや、最後にSH藍好が抜け出してWTB大地がトライしたことは、自信と手応えを掴んだと思うし、今後に繋がると思います。
目標であるベスト4進出を考えると、やはりもっと精度を上げなければならないですね。まずはミスをなくすことと、そしてトライを取るべきところで取り切ることが大事で、それが出来ればもっとチームとして上がっていくと思います。今シーズンのスローガン『Catch』の中で、“Catch the Ball”のところですね!基本が大事です!
次戦の流経大戦ですが、さすがにもうそろそろ勝ちたいので(苦笑)、精度を上げて勝利を掴みたいと思います。中大一族の皆さま、引き続き応援宜しくお願い致します。

 
FL 山下 諒之 (キャプテン 4年)
結果を出せず、悔しいです。自分達の展開ラグビーが通用していたし、こだわってきたモールでトライを取り切ることができたので、この点については手応えを感じています。ペナルティで流れを失ってしまったので、ペナルティなしの精度が必要になってきます。またタックルがどんどん外されて、バインドが甘くてゲインされてしまったので、1対1で倒し切ることやダブルタックルなどディフェンスの精度を上げていきたいです。
とにかくリーグ戦はまだまだ続くので、流経大に勝つためにしっかり切り替えて、自分達のラグビーを信じて準備していきます!

 
WTB 渡辺 広人 (バイスキャプテン 4年)
手応えは掴んだと言うかもしれませんが、やはりあの点差が実際の今の実力差だと思うので、真摯に受け止めるべきだと思います。相手は場数を踏んでいるというのもあり、取るべきところでしっかりミスなく取ってきていました。逆にうちは、大事な場面で取り切れませんでした。それが一番の差であり、かつ一番難しい部分なので、全て日頃の生活から見直していきたいです。前半20分までは良い戦いが出来たので、最初のトライを取れたのと同じように、チームとして積み重ねていくことが大事だと思います。
来週またすぐ試合なので、切り替えてリーグ戦優勝という目標にブレずに向かっていきたいと思います。


WTB 伊藤 大地   (今シーズン初トライ 2年)
前半は、自分達の取り切るべきところや、チャンスのタイミングをしっかりものに出来ていませんでした。また、前半あと一本取って折り返さなければならないところで取られて終わったことで、流れが相手にいってしまったかなと感じています。
個人的に、常に声を出し続けたことに関しては、胸張って良かったと言えます。これからも、いつも通り声を出し続けるだけではなくて、タックルなどでも思い切ったプレーでチームの雰囲気を良くしたり、流れを変えられるようにしていきたいです!まだ結果は出ていないし、1位の可能性もあるので、切り替えて次は勝ちにいきたいと思います!

 
PR 金子 恵一 (リーグ戦初スタメン 1年)
個人的に、トイメンと良い形でスクラムが組めたのが良かったです。
チームとしては、今まで練習してきたスクラムとラインアウトが通用したことが良かったと思います。
フォワードのラックサイドで抜かれていたので、そこをきっちり埋めていくことがこれからの課題です。
次の試合でも、体張り続けます!!



以上となります。
引き続き、熱い応援をよろしくお願いします。
 

 

アーカイブ