大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ

関東大学ラグビーリーグ戦 VS流通経済大学戦

投稿日時:2015/10/13(火) 22:38


10月12日㈪に行われました、関東大学ラグビーリーグ戦 流通経済大学戦の試合後コメントとなります。

 
松田 雄 監督
非常に悔しい思いです。良い試合をしようなんて気は全くなく臨んだ試合だったのですが、立ち上がりの所で上手くボールを繋がれてしまいました。今週やってきた1人1人のタックルが最初の20分で出来なかったことが残念です。フィジカルの強い相手に、ボールを簡単に出させないようにダブルタックルで入ろうと決めていましたが、1人目と2人目の寄りが遅く、受けに回ってしまっていました。アタックでは、中大らしく攻めたらトライは取れてはいましたが、今後は状況判断など、もう一度チームとして約束事を決めながら進んでいきたいと思います。
今日もたくさんの応援、本当にありがとうございました。まだまだ上へ進んでいきます!

 
酒井 宏之 ヘッドコーチ
自分達がやるべき事をやらなかったためにミスでやられてしまいました。今日のような上位と戦う時は、まず、自分達がやるべきこと・いつも出来ていることを各実にやらなければならないし、ミスをしていては勝てないなと、改めて感じました。自陣からでも判断で抜いていったことやモールでトライを取れたことは良かったのですが、逆転できるチャンスの時にペナルティで逆に相手にスコアされてしまうのが、まだまだ勝負所で弱いなというところですね。
次の試合に向けて、まずは自分達のやるべき事=ディフェンスをしっかりして、対戦相手に関係なく、ハイプレッシャーの中でも精度の高いラグビーを目指していきたいと思います。

 
FL 山下 諒之 (キャプテン 4年)
前半のセットプレーのミスや失敗を重ねたところが反省点だと思います。後半は自分達のアタッキングラグビーすることで流れを持ってこれたので、自分達のラグビーをすることが大事だと、改めて思いました。今後はもう一度ディフェンスの整備やセットプレーの精度を上げて、残りのリーグ戦3戦を一戦一戦勝ち切ることを胸に刻んで、チームで心を一つにして戦っていきます!

 
WTB 渡辺 広人 (バイスキャプテン 4年)
気合いが入っていないわけではなかったのですが、試合の入りの部分でポカ~ンとしてしまって、相手に行かれすぎてしまったのが良くなかったと思います。後半になって点が取れる展開になりましたが、あの状態を最初からやらないと強い相手には絶対勝てません。今日は試合の入りの部分、気持ちの部分で波があったと思います。また、1人1人が自分の中に集中しすぎてしまい、周りが見えなくなってしまっていて、チームとしての一体感がなかったと思います。外的要因である緊張や強い相手と戦うという状況で、個人に走ってしまったことがチームを消極的にさせてしまった原因だと思います。
そんな中でも、残り20分で3点差まで勝負できていました。強いチームというのはそこからが強いので、僕達もラスト20分の分岐点で、しっかり全員で”ここが大事”というのを感じながら、チーム一丸となって戦っていきたいです。

 
HO 山本 将也 (FWリーダー 4年)
もったいなかったです。前半で掴めず、受けてしまったのが敗因だったと思います。後半のアタックやディフェンスを前半の最初からできていたらもっと楽に試合を運ぶことができたんじゃないかなと思います。課題は、ラインアウトのスローイングとディフェンスです。タックルでは1人でしとめ切れないと、人数で余られてピンチにしてしまうので、1人1人で相手を止められるようにしたいと思います。今日は組織で対応する時に意思統一が出来ていなかったです。その結果、ディフェンスのすき間を狙われてしまったので、今後はコミュニケーション取って修正していけたらもっと楽に試合を運べると思います。次の試合では、セットプレーに注目して下さい!

 
SH 長谷川 新波 (3年)
前半点数を取られすぎてしまったことが反省点です。自分達のミスとタックルの成功率の低さが原因だと思います。後半は、最初の方にやっとアタックできてテンポも上げられたのが良かったです。次の試合に勝つために、チームとしても、僕個人としても、さらにタックルの精度を上げていきたいと思います。


 
以上となります。
引き続き、熱い応援をよろしくお願いします。


 

アーカイブ