大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ

練習試合 京都産業大学戦 試合後コメント

投稿日時:2016/08/23(火) 23:04

菅平合宿8日目 8/22(月) 京都産業大学戦の試合後コメントです。

浜岸 峻輝(4年、主将、SO)

京都産業大学戦での良かった点として、粘り強いディフェンスができたことや雨の中でのキックの使い方が良かったです。ですが、前半の雨の中でのゲーム展開や状況にあったゲームプランができていない部分がありました。後半はできていたので、前半からできるように修正していきたいと思います。次の天理大学戦では、留学生がいるので、ディフェンスを意識し、アタックチャンスをものにしたと思います。

佐野 瑛亮(3年、FL)

個人として、肩の怪我からの復帰直後で久しぶりの試合にも関わらず、コンタクトに恐れず敵に向かっていけたことが良か ったです。またチームとして、春の試合は連敗でしたが、夏に修正し、関西学院大学戦に続き連勝できたことは良かったです。この2戦で我慢強いディフェンスができるようになりましたが、相手のボールを奪うことがまだできてないので、これからはボールを奪いトライに繋げていきたいです。次の試合では、リーグ戦で勝ち抜くためも留学生に対して、自分も含めてどれだけ通用するのか試したいと思います。

浦田 真秀(4年、LO)
※ジュニア戦主将

Jr戦では雨でボールを回せない中、チームの目標であるキックで試合運びをすることができていたので良かったです。また、前半のゴール前での攻防では粘り強いディフェンスができていたので、継続してやっていきたいと思います。しかし、モール後のアタックでミス が多かったので、修正していきたいです。相手に関係なく、自分たちのやってきたことが次の試合でもできるように、意識してやっていきたいと思います。

以上となります。
引き続き、熱い応援よろしくお願いします。

アーカイブ