大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ

リーグ戦 東海大学戦 試合後コメント

投稿日時:2016/11/15(火) 08:58

いつも熱い応援ありがとうございます。

11/12(土)に行われました、リーグ戦 東海大学戦の試合後コメントです。


松田 雄 監督

本日はチャレンジャーとして、低いディフェンス、激しいタックルを80分間続けていこうと向かった試合でありました。しかし、前半は思うように試合を運ぶことが出来ず、東海大ペースでの試合展開となりました。途中からプランを変え、積極的に攻めにいきましたが、結果的に大差がついてしまいました。残念で申し訳ない気持ちでいっぱいです。
残り一戦に向けて、この2週間は特別な2週間になるように勝負していきたいと思います。
本日もたくさんの応援ありがとうございました。


 
酒井   宏之 ヘッドコーチ
 
本日もたくさんの応援ありがとうございました。
リーグ戦王者の東海大に対して、気持ち的には受けてなかったと思うのですが、近場のディフェンスで少しずつ差し込まれて、それが結果的に受けてしまったと思います。
プラン的にももう少しエリアを取って行きたかったのですが、“行ける”と思ってか、中盤でボールを動かしたところからのミスが失トライに繋がってしまいました。
ラスト1戦、勝利する事だけを考えて日々過ごしたいと思います。
 

浜岸 峻輝(主将、4年、SO)

今日の試合で良かった点としましては、最後までみんなが気持ちを切らさずに、チャレンジャーとして頑張ってくれたことです。また、継続的にアタックできた部分で良い場面がいくつかあったので、今後に活かしていきたいです。ただ、前半、相手のアタックを受けてしまったところやロースコアに持って行けなかったことは反省していきたいと思います。
リーグ最終戦に向けて、自分たちのチカラで大学選手権出場を掴むために、必ず勝ちます!


住吉 藍好(4年、SH)

今日の試合では、チームとしても個人としも、僕の役目でもあるテンポを出すことができ、チームの流れに勢いづけることが出来たので良かったです。しかし、相手に走り負けていた部分があったので、そこを修正し、相手よりもグラウンドを走り続けたいと思います。次の試合に向けて、四年間やってきたことをすべて出し切りたいと思います。応援よろしくお願いします。


佐野 瑛亮(3年、FL)

本日の試合は自分たちのペースで試合運びをすることが出来ず、課題が残った試合となりました。東海大学など強いチームには、やはり低く強いタックルが必要だと再認識しました。低く強いタックルを意識して、今後の練習に取り組みたいと思います。反省するところはしっかり反省し、切り替えて次に向けて頑張りたいと思います。


高橋 真太(2年、WTB)

チームとして今週練習してきたプレーができ、少ないチャンスをトライに繋げられたことがよかったと思います。また、継続したアタックも出来ていたので、次戦に活かしていきたいです。前半、エリアどりをうまくできずに自陣でプレーする機会が多く、トライを取られるきっかけになってしまったので、来週からの練習で課題を修正していきたいと思います。次戦はリーグ最終戦なので必ず勝ちます。応援よろしくお願いします。


以上となります。
引き続き、熱い応援よろしくお願いします。

アーカイブ