大きくする 標準 小さくする

~選手インタビュー~ STYLE

2016 選手インタビュー第 3弾 副将 白石凱人『勝って反省する』 [STYLE 2016]

投稿日時:2016/11/16(水) 13:58

2016 選手インタビュー第三弾は、今年度バイスキャプテンを務める白石凱人選手です。高校でも主将を務めた経験を活かし、どんなハードな練習でも声を出し続けて周りを鼓舞し、チームを引っ張る白石選手。そんな信頼の厚いチームのムードメーカーから、ラストシーズンへの熱い意気込みを伺うことが出来ました。


2016年 選手インタビュー第3弾 副将 白石凱人『勝って反省する』

201611141826_1-335x170.jpg
ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。


3歳の時に、父がやっていた影響でラグビースクールに連れて行かれ、友達もやっていたので一緒になって始めました。

ーー他にやっていたスポーツはありますか?

サッカー、水泳をやっていました。

ーーラグビーの魅力は?

トライを取った時の達成感ですかね。

ーー何故中央大学ラグビー部に入部したのですか?

元々中央大学に先輩がいて、お話をさせて頂く中でとても良い雰囲気だなと思ったので、入ることに決めました。

ーー何故バイスキャプテンに選ばれたのだと思いますか?

峻輝(浜岸主将)や海(赤池副将)が身体で見せる分、自分は声を出してムードメーカーとして盛り上げるという形だと思います。

ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?


高校3年時の花園1回戦です。最後自分がゴールキックを決めて勝ったので、印象に残っています。花園には強い想いがあったので、1勝出来たことが本当に嬉しかったです。
201611141826_2-332x170.jpg
ーーラグビーを続けてきて良かったことはありますか?

仲間がたくさん出来たことです。ラグビーで出会った仲間は一生付き合えると思うので、本当に良かったと思います。

ーー理想のCTB像はありますか?

1年生の頃に見てきた山北さん(2013年度 主将)が自分の中の理想のCTBです。

ーー凱人さんのラグビー人生に影響を与えた人はいますか?

小さい頃からずっと一緒にラグビーをやってきて、今は関西学院大学にいる親友です。そいつとはお互い切磋琢磨し合い、刺激を与えあってきたので、良いモチベーションになっています。

ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?

常に声を出すということを意識しています。人がきつい時でも自分が声を出してきつい選手のモチベーションを上げるというところに気を使っています。

ーー中大ラグビー部の良さはどんなところですか?


ノリと勢いだと思います。また、他校と比べて人数が少ない分、チーム力が高くて結束力があるのが魅力だと思います。

ーー同期に対してはどう思いますか?

実力もあるメンバーが揃っているので、全員でピッチに立って勝利を分かち合いたいです。

ーー中大一族の皆さまに一言お願いします。

今年はラストシーズンですし、副キャプテンという自分の立ち位置と責任をグランド上でお見せするので、是非グランドに足を運んで頂いて僕達の試合を見てもらえたらと思います!
201611141826_3-338x170.jpg
ーー最後にラストシーズンへの意気込みをお願いします!!

リーグ戦は力の差があっても試合がひっくり返ることが本当にあります。自分達は挑戦者の気持ちで一戦一戦闘うのは当たり前なのですが、勝って反省できるように1つ1つの試合を大切にしていきたいと思います。

ーーありがとうございました。

白石凱人

201612150318_1-177x364.jpg
1994年6月14日生まれ。3歳からラグビーを始める。2010年 宮崎県立高鍋高校入学し、2、3年時に花園出場(3年時は主将)。中大では1、2年は怪我で出遅れるが、3年からCTBのレギュラーを獲得。今年度バイスキャプテンを務める。