大きくする 標準 小さくする

~選手インタビュー~ STYLE

2016 選手インタビュー第10弾 井村兼人 『楽しんで、後悔なくやり切る』 [STYLE 2016]

投稿日時:2016/11/28(月) 17:53rss

2016年度 選手インタビュー第十弾は、井村 兼人選手です。強豪 伏見工業高校時代から府代表や全国大会を経験。中大においてもスクラムの最前線で身体をはり、勝利に欠かせない井村選手。ラストシーズンにかける想いに迫りました。

『楽しんで、後悔なくやり切る』

201611281753_1-300x0.jpg

ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。


中学3年生の時の副担任に誘われたのがきっかけで、高校から始めました。何せその先生が伏見工業ラグビー部OBだったもので...

ーー特技にサッカー、水泳とありましたが、ラグビー以外にどんなスポーツをやっていたのですか?


小学校の時にサッカー部に入っていて、タグラグビーもやっていました。中学もサッカー部に所属していました。

ーー高校入学時には100kgあったということですが、身体を大きく出来た理由は何かあるのですか?

食事と、筋トレですかね。小さい頃から大きかったので、よく同級生が自分の背中の上に乗ってきたりして、日常生活の中で遊んでいるうちに筋肉を使っていたのもあると思います。(笑)

ーー中大ラグビー部に入部した理由は?


高3の時、大学に行くか就職するかで迷っていました。そんな時に高崎先生(伏見高校ラグビー部顧問)に「お前は東京で頑張ってこい」と背中を押され、大学でもラグビーを続けることに決めました。中大は春から声をかけてくださっていたので、行くことに決めました。

ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?


高校の最後の試合です。その相手とは26-27の1点差で負けたのですが(第92回 全国高校ラグビー大会 伏見工業高校 vs 常翔学園)、実は花園の少し前に試合をして、大差でボコボコに負けたのです。それがこの短期間で差を埋められたので、印象に残っています。
大学に入ってからの試合だと、1年生の時の東海大戦と昨年度の帝京大戦が強く印象に残っています。

ーー帝京大戦で何か得たことはありますか?

7連覇もしているチームとの差を自分自身の身体で感じました。

201611281753_2-300x0.jpg

ーーラグビーを続けてきて良かったことはありますか?

練習はしんどいですが、それを乗り越えて試合でプレーすることは楽しいです!また、ラグビーは仲間意識が強いので、ラグビーを通して多くの仲間を得られたことです。

ーーラグビーとサッカーの違いはどんなところですか?


サッカーはボールの位置によって全く動かない人がいたり、強いチームと対戦するとフォワードはあまり動かないという状況が生まれたりします。一方、ラグビーは全員で戦うスポーツだと思います。なので忙しいです(笑)

ーー理想のPR像はありますか?

誰かを目指すつもりはないです。自分の武器を増やして、今までにないPRになりたいです。

ーー2年生時には、スクラムやモールの起点になるのが得意だと伺いましたが、それは今も変わっていませんか?


今も変わっていません。また、今までずっと3番をやってきましたが、3年生から1番をやるようになり、両サイドやれるというのが自分の武器になりました。これから、フィールドやセットプレーでの新しい武器をどんどん増やしていきたいです。

ーー井村さんのラグビー人生に影響を与えた人はいますか?

絞りきれないです。ラグビーを始めて出会った人全員ですね!一人一人外せないです。

ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?


楽しむことです!

ーー中大ラグビー部の良さはどんなところですか?


人数が少ないからこそのチームワークがあり、家族のような関係になれるところです。

ーー同期に対してはどう思いますか?

個人の色が強いので、バラバラになるんじゃないかと冷っとしますが、全員がまとまると強いです。

ーー中大一族のどなたかへ一言お願いします。

一番は親です。色んな面で支えてもらい感謝しています。今の自分があるのは、過去に出会った方々との関わりがあったからですが、一番の根底にあるのは親の存在だと思います。なので、これからも感謝を忘れずにやっていきたいと思います。

ーーラストシーズンへの意気込みをお願いします!!

楽しんでやるのが一番だと思います。1試合1試合が最後なので、後悔なくやり切ります!!

201611281753_3-300x0.jpg

ーーありがとうございました。

井村 兼人

201612150315_2-174x303.jpg
1994年4月30日生まれ。2010年 名門 伏見工業高校ラグビーに入部し、3年時は花園ベスト4に進出。他にU-17近畿トレセン、京都府高校代表に選出される。中大では1年からメンバー入り。同じポジションの三宮が同期のためリザーブが多かったが、3年時にPR1番にコンバートしスタメン獲得。今シーズンは、関東大学ラグビーオールスターメンバーにも選出される。