大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 2016 選手インタビュー第11弾 長谷川新波 『みんなと1試合でも多く試合がしたい』

~選手インタビュー~ STYLE

2016 選手インタビュー第11弾 長谷川新波 『みんなと1試合でも多く試合がしたい』 [STYLE 2016]

投稿日時:2016/12/12(月) 14:20rss

2016 選手インタビュー第11弾は、長谷川新波選手です。安定感抜群のSHとして信頼厚いプレーの背景には、幼い頃から培われた厳しく規律を守るストイックさがありました。トイレ掃除が好きという綺麗好きな一面も持つ、“不動の9番”のラグビー人生に迫りました。


『みんなと1試合でも多く試合がしたい』


201612012144_1-300x0.jpg

ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。

小学校4年生の時に流行っていたアメフトの漫画の影響でラグビーを始めました。

ーーラグビーの魅力はどんなところですか?


個性の違う15人が力を合わせてやるところです。

ーー他にやっていたスポーツはありますか?

小学4年生まで柔道をやっていました。喧嘩に負けたくない、舐められたくないという理由で始めました。個人競技よりは団体競技の方が楽しかったのでラグビーに転向しました。

ーー何故中央大学ラグビー部に入部したのですか?

有名選手ではなかったので、自分からメールなどのやり取りをしていたのですが、その中で一番印象が良い大学だったからです。

ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?

大学1年生の時のリーグ戦 東海大学戦です。今と比べると練習内容も相手の分析も全然してなかったので、正直「これで本当に勝てるのかな?」と思っていたのに勝ったので、嬉しいというよりビックリした感じでした!スキルというより、完全に4年生の”絶対に勝ってやる!”という強い気持ちでの勝利でしたし、なんだか目に見えない力をすごく感じた試合でした。

ーーラグビーを続けてきて良かったことはありますか?

多くの人と知り合えたことです。ラグビーの仲間だけでなく、大学だったらゼミの松本先生や地方の人だったり、これも元々はラグビーがキッカケだと思うし、もしやっていなかったら知り合えなかったですね。

ーー理想のSH像はありますか?

SHはブレイクダウン(密集)付近にいるので、FWへのタックルが多くなるのが大変です。またATでは、球を触る機会が多く自分がゲームを支配できるので楽しいです。

201612012144_2-300x0.jpg

ーー新波さんのラグビー人生に影響を与えた人はいますか?


中学校のクラブ活動で、ラグビーを始めた時の先生方全員です。今でも大変お世話になっており、高校、大学、就職の進路が決まった時にも報告の連絡をさせて頂いてます。ラグビー人生を振り返ると、小・中・高と怒られてばかりでした。例えば「新波はいつもプリントを出さない」など、よく怒られてましたね...
でも小さい頃から規律を厳しく言って頂いていたおかげで、大学に入ってからの寮生活では寝坊は一度もしたことがありません。今まで集合時間に間に合わなかったこともありません。その頃、先生方にそういった基礎を作って頂きました。

ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?

掃除が好きなので、試合前はトイレ掃除をやっています。ただ単に綺麗になるのが好きというのもありますが、心が落ち着くんだと思います。

ーー中大ラグビー部の良さはどんなところですか?

人数が少なく一致団結していて、みんなが分かり合えているところです。

ーー同期に対してはどう思いますか?

近年でも良い意味での悪ノリがいい学年なので、1人が困っていたらみんなが助けに来るような学年です。

ーー中大一族のどなたかへ一言お願いします。

母と父へ。応援楽しんでください!

ーーラストシーズンへの意気込みをお願いします!!

みんなと1試合でも多く試合がしたいです。
最後まで行きたいです!

201612012144_3-300x0.jpg

ーーありがとうございました。



長谷川 新波

201612150315_1-171x345.jpg
1994年12月19日生まれ。2010年 桐蔭学園高校ラグビー部に入部し、2年時から花園に出場。中大では1年からレギュラー背番号「9」番を獲得し「10」番 浜岸主将と4年間ハーフ団でコンビを組む。普段は静かで身体も細いが、試合になると誰よりも激しいタックルをする。