大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ

大学選手権 同志社大学戦 試合後コメント

投稿日時:2016/12/13(火) 23:14

12月11日(日)に行われました、全国大学ラグビー選手権大会 同志社大学戦の試合後コメントです。


松田 雄 監督

大学選手権に出させて頂き、リーグ戦代表という思いで挑んだ試合でした。同志社大学の攻守にわたる素早い攻撃に対し、自分達のラグビーが出来ず、このような結果になってしまったことは私の責任であると痛感しております。なんとか選手達に自分達らしいラグビーをさせてあげたかったということに関して、本当に後悔しております。3年生以下は、この悔しさをバネに今後も頑張ってもらいたいと思います。中大一族の皆さま、関西まで応援しにきてくださった皆さま、色々な形で支援してくださった皆さま、1年間のお礼の言葉と共に、感謝の思いを勝利で飾ることができず本当に申し訳なく思っております。引き続き、中央大学ラグビー部をよろしくお願い致します。



酒井 宏之 ヘッドコーチ

今日は、DFもセットプレーもエリアバトルも、なんだかいつもしないようなミスが重なってしまいました。この全国大会で力を出し切れるよう1年間色んな事に取り組んできましたが、最後の最後で1番よくない試合をしてしまいました。中大の選手は、個人の力もチーム力もあるので、緊張感のある全国大会で普段の力を出す事さえできれば、もっともっと上に行けると思っております。今日は力を出させる事ができず、また勝たせてあげられず、コーチングスタッフとして責任を感じております。まだ心の整理ができてませんが、1年生からずっと一緒に戦ってきた“同期”である4年生には本当に感謝しております。浜岸主将を始め、中大のために丸々4年間心も体もよく張ってくれました。結果には現れませんでしたが、4年生が今年取り組んできた事はこれからの中大に必ず活きてくると信じております。OB会、父母会、サポーターズクラブを始め、中大一族の皆さま、今年も1年間たくさんの応援とご支援ありがとうございました。皆さまの期待に応える事が出来ず申し訳ありません。これから全国大会で勝てるチームを作って行きたいと思います。

浜岸 峻輝 (4年,SO,主将)

本日はたくさんのご声援ありがとうございました。選手権という舞台で自分達のラグビーがなかなか出来ずにすごく悔しく思っています。
また、たくさんの方々の期待に応えられず申し訳ないです。
12/14に行われるジュニア選手権入替戦 関東学院大学戦は今年最後の中大としての試合なので、勝利できるようチーム一丸となって頑張りたいと思います。


赤池 海 (4年,FL,副将)

1年間を通して自分達がやりたかったことが全然出来ていなかったので少し悔いが残る試合になりました。しかし後半残り10分はやろうとしてきていたことに対してチャレンジ出来ていました。しかしFWとしてはスクラムやラインアウトなどのセットプレーが全然安定しておらず、そこが課題だと思います。4年間を振り返ると辛いこともありましたが、とても楽しかったです。今年は不甲斐ない結果になってしまいましたが、1、2、3年生で試合に出ている選手もいるので、来年彼らがしっかりと今年の分まで頑張ってくれると思います。なので、これからも引き続き中央大学ラグビー部の応援をよろしくお願いします。



白石 凱人 (4年,CTB,副将)

何も出来なかったという一言です。アタックのシークエンスで相手を動かすところで、相手のディフェンスに対応出来なかったことが悔しいところでした。課題であったBKのディフェンスで面を揃えるというところは、まずまず出来たのかなと思います。後輩達には、来年からまた新しくチャレンジして行くことがあると思いますが、監督やコーチングスタッフを信じて、仲間を信じて、一つにまとまって成長して、中大らしいラグビーをしてほしいと思います。今日も試合中どんなに点を取られてもいつも以上の声援が聞こえてきて自分達の支えになりましたし、プレーの活力にもなりました。本当にありがとうございました。

住吉 藍好(4年,SH)

正直悔いが残る試合になってしまいました。今回はスタメンで出させて頂くので、いつもの後半からの自分のスタイルを始めからやろうと思っていましたが、上手くいかなかったです。
勝負の肝の部分でミスしてしまい、相手にチャンスをたくさん作ってしまったことが敗因だと思います。SHとして、4年間同期の(長谷川)新波と前半後半でやってこれて、満足して終わることは正直できなかったですが、色んな事を経験出来たし、色んなものをもらったと思います。”一人はみんなのために”、”みんなは一人のために”と、みんなで思えることは、今しか味わえないと思います。僕らは後悔が残ってしまったので、後輩達には、みんなでいれる事に感謝して、喧嘩したり毎日話し合ったりして、少しでも後悔の残らないようにしてほしいです。
また、応援してくださる方々がいるから自分達も頑張ろうと思えます。言葉では言い現わせませんが、感謝しています。試合は負けてしまいましたが、本当にありがとうございました。


以上となります。引き続き熱い応援よろしくお願いします。

アーカイブ