大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ

関東大学ラグビーリーグ戦 流通経済大学戦 試合後コメント

投稿日時:2017/11/19(日) 18:40

11/18(土)に行われました、関東大学ラグビーリーグ戦流通経済大学の試合後コメントです。
 
 
松田 雄監督 
 
東海大学に大敗したところからチームを立て直そうとやってきましたが、このような結果になってしまい、応援して下さる方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです。選手がしっかりと前を向いて進めるようにスタッフとしてしっかり導きたいと思います。残り1試合の大東大戦でもう一度チームを再建できるように精一杯やっていきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。
 
 
中山 浩司ヘッドコーチ
 
寒い中たくさんの方に応援して頂きありがとうございます。結果の通り流通経済大学の方が気持ちも技術も上だったということで、次に向けて気持ちを切り替えてやっていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願い致します。
 
 
三枝 優介(4年,主将,LO)
 
セットプレーのミスが起きても、キックのミスが起きても、DFからタックルから再びペースを掴むということが出来ませんでした。最終戦までの1週間をどれだけ濃密なものにできるかは自分にかかっていると思うので、大東文化大学戦に向けひたむきに泥臭くやっていきたいと思います。中大一族のみなさま、今後とも応援よろしくお願いします。
 
 
白井 吾土矛(4年,BKリーダー,CTB)
 
前半は自分達がやってきた事が出せず、DFが崩壊してしまい、ゲームプラン通りに進められなかったです。後半はATし出したらテンポも良く、一人一人もしっかりゲインできていたので、次に活かしたいと思います。次の大東戦は本当に負けられないので、4年生中心になって死ぬ気で頑張りたいと思います。
 
 
長田 拓真(3年,LO) ※今季初スタメン
 
DFがプラン通りにいかず、流れを崩されてしまいました。自分的にはリザーブもスタメンも気持ち的に変わりませんが、次の大東戦ではしっかりDFして少ないATチャンスをものにしたいです。絶対勝ちます!
 
 
木村 裕也 (3年,SH)※SHで初スタメン
 
敵陣深くで粘り強くDFし続けるという意思統一で臨みましたが、思い通りにエリアがとれず、DFの面でもこの2週間やってきた事ができませんでした。しっかりDFがセットできた場面では、ラインを上げてダブルタックルも決まった場面が多くよかったです。個人的には敵陣深くのアタックでしっかり組み立てられたと思います。次の試合の課題として、まずはDFスピードを上げること、そしてセットプレーやキックの精度を上げることだと思います。個人的にもキックの精度とDFをコントロールする指示を出し続けで行きたいと思います。大東大戦に向けて、負けたら終わりという事実をバネに1週間練習し大東文化戦は必ず勝ちます。応援よろしくお願いします。
 
 
八尾 修平(2年,WTB) ※WTBで初出場
 
初めてのポジションでしたが、自分のやるべきこと、チームのプランが明確だったので不安はありませんでした。しかし、プラン通りに行かず、エリアマネジメントの部分で後手に回ったことが敗因です。後半のスコアだけで言うと、2本2本と競ったスコアだったことが良かったです。個人的にはトライを取ることができ、WTBとしての仕事を果たすことができて良かったです。後半はボールを散らしてトライを取ることができていたので、前半の戦い方を修正すれば十分勝機はあると感じています。いつも多大なご声援ありがとうございます。大東文化大学戦に勝利し、大学選手権の切符を得るべく、残り1週間最高の準備をして挑みますので、変わらぬ応援をよろしくお願いします。
 
 
以上となります。引き続き熱い応援よろしくお願いします。

アーカイブ