大きくする 標準 小さくする

~選手インタビュー~ STYLE

2017 STYLE Vol.12 上善 大輝『タックルでびびらない』 [STYLE 2017]

投稿日時:2017/11/30(木) 10:50

2017年度選手インタビュー第12弾は、上善大輝選手です。名門東福岡高校出身で、底知らずの体力と低いタックルを武器に相手を倒し、チームに良い流れをもたらします。そんな上善選手のラグビー人生に迫ります。


 
ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。
 
小学校1年生の時に親に連れて行かれて始めました。小学校までWTBで中学校からFWをやっています。
ーー他にスポーツはなさっていましたか?
 
小2から小3までサッカー、小4から小6まで水泳をやっていました。
ーーご自身のポジション(FL)の魅力は?
 
FLは一番タックルに行けるのが魅力です。
ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?

高校時代の全国選抜大会です。4連覇している大会で初戦で負けてしまいました。勝つのが当たり前のチームでしたが、実力があっても勝てるわけではないということを学びました。あれからいつも試合前は、あのような慢心をしないようにと思っています。
ーーご自身の強みはなんですか?
 
タックルがすごいところです。
ーーラグビー人生で影響を受けた人はいますか?
 
黒崎将斗さん(2015年卒 現セコムラガッツ)です。優しいからです。
ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?
 
タックルをびびらない。
ーー中央大学ラグビー部が更に強くなるために、何が必要だと思いますか?
 
もっとみんながまとまる。
ーーでは最後に、ラストシーズンに向けて一言お願いします。
 
いつも応援ありがとうございます。ラストシーズンなので、自分自身悔いが残らないよう、応援してくださる方々に恩返しできるよう頑張ります。
ーーありがとうございました。

上善 大輝
1995年8月5日 福岡県生まれ。ラグビーは小学校1年生から始める。2011年 東福岡高校高校ラグビー部に入部し、全国選抜大会に出場。2014年 中央大学ラグビー部に入部。小柄ながら低いタックルと底知れぬ運動量で存在感を示す。
 

[インタビュー:巽 友希]
[photo:CURFC]