大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ 2010/11

11月28日 リーグ戦 対拓殖大学

投稿日時:2010/11/28(日) 22:33

11月28日(日)は関東大学リーグ戦1部 対拓殖大学戦でした。
応援にかけつけた下さった皆様ありがとうございました。

森山 京彦 (BK 4年 14番)

今日の試合ではFWがディフェンスで頑張り、BKがそれを助けようという気持ちがあってよかった。
お互いに助け合おうという気持ちが持てたところが今日の勝因だと思う。
しかしミスが多く、相手の挑発にのってしまいペナルティーが多くなってしまったところが反省点だ。
これから残りの試合は、BKで勢いを持って大胆に、FWを助けるプレーをしたいと思う。


廣川 悟 (BK 4年 21番)

今日の試合では勝ててよかったが積極的な部分が足りなかった。
もっと積極的に行きたいと思う。
このチームでできる試合も残り少なくなっているので、練習中から熱く激しく頑張り、
1つでも多く勝ちたい。
また、個人的にはもう1度試合に出たいので、出られるよう努力して行きたい。
お父さん、お母さん試合に出ることができました。


高橋 悠 (BK 2年 15番)

今日の試合は勝っても負けても選手権決定という状況だったが、
そんな中気持ちを切らさず戦えたことはよかった。
前半は相手ペナルティーなどで敵陣で戦えていたが、
最後に取りきることができず拮抗した試合になってしまった。
後半は相手のスタミナが切れていたこともあり、
中央が走り勝てていたので前半より楽な試合運びができたと思う。
ディフェンスでは拓大の外国人プレーヤーにもコンタクトで負けておらず、
ノートライでおさえられたことはとてもよかった。
次の試合に向けて、BKは春からずっとやって来た外で勝負することが
今回できていなかったので選手権までに修正したい。
個人的にはキック処理の判断の遅さとキックの精度の悪さが目立ってしまったので
これも選手権までに絶対に修正したい。
このチームで1日でも長くラグビーをするために頑張りたい。



オープン戦からずっと様々な人にインタビューしてきました。
インタビューしなければ分からない監督や選手の思いなど
を聞くことができる貴重な時間でした。
いつも応援して頂きありがとうございます。
様々な方に支えられていることを試合のたびに実感します。
この先ジュニア入れ替え戦、選手権とまだまだシーズンは続きます。
これからも中央大学ラグビー部をよろしくお願い致します。

2年マネージャー 矢島 怜奈

以上です。

今後の予定として、12月11日(土)にジュニア選手権の入替戦を
流通経済大学グランドで流通経済大学12:00 K.Oを予定しています。

また、大学選手権の予定は12月6日(月)に
抽選を行い、決定いたします。

今後とも中央大学ラグビー部をよろしくお願いします。

 






11月21日 対法政大学 Cチーム

投稿日時:2010/11/21(日) 19:22

本日は、練習試合 法政大学戦でした。
応援にかけつけてくださった皆様ありがとうございました。

得点経過
前半10分 法政大学陣ゴールライン前、中央大学ボール 左ラインアウトから、
⑳石場がキャッチし、そのまま真ん中にトライ。

前半27分 法政大学陣22m付近 中央大学ボール 右 ラインアウトから、
モールで押し込み、⑧上野が抜け出して右にトライ。

前半30分 法政大学陣ゴール前ラインアウトから、⑤松山がキャッチしラックを形成。
ラックから②石井が抜け出して左にトライ

前半41分 法政大学陣22m付近 右中間 中央大学ボールラックから
⑨北田が右に展開し、⑩堀―⑫吉原と繋ぎラックを形成。
ゴールライン前 中央大学ボール 右ラックから⑨北田―⑳石場と繋ぎ、
そのまま真ん中にトライ。

後半12分 ハーフライン付近 右 ⑩堀のキャッチから、
⑬高橋―⑮上田と繋ぎ、そのまま右端にトライ。

後半21分 法政大学陣ゴールライン前、法政大学ボールラインアウトを
中央大学がカットし、ラックを形成。
ゴールライン前 右ラックから⑧上野が抜け出し、右にトライ。

後半33分 法政大学陣10mと22mの真ん中(22)高崎のクイックスタートから、
⑳石場へ繋ぎ、真ん中へトライ。

後半35分 法政大学陣ゴールライン前 右ラックから(22)高崎が左に展開し、
⑩堀―(23)藤崎―(24)古賀と繋ぎ、⑪長野が左端にトライ。

五郎丸 元康 (FW 4年 17番)

今日の試合は勝てて本当に良かった。
よかったところはゲインした後のテンポがよかった点だ。
勝つことができたので、今日の試合では反省点はない!

上野 晃平 (FW 3年 8番)
今日の試合では、練習でやってきたブレイクダウンから点につなげることができた。
FW・BKそれぞれがやるべき仕事をやることができた。
一人ひとりが自分たちの役割を果たすことができたことが勝利につながったと思う。
来週からもやるべきことを意識してまた頑張って行きたいと思う。

吉原 照之 (BK 2年 12番)

今日の試合では、FWがきっちりディフェンスをしてくれたので、
BKもそれに乗って地域を取ったプレーがしっかりできた。
そこからさらにパスもつなげて行けて最後のトライまでつなげられた。
これから残りの試合に向けて頑張って行きたいと思う。

 藤谷 哲太 (BK 4年 14番)

今日の試合では前半相手チームに攻められてしまった。
しかし、低いタックル、ねばり強いディフェンスで乗り切ることができよかった。
そして、ゴール前の多くの場面ででFWが取り切れたことが、今日の点差につながったと思う。
反省点としては、ディフェンスでラックサイドに残りすぎ、
最後にラインが割れてしまったところがあった点だ。
あとはバックラインに回した時にミスが多くなってしまった。
修正して行きたいと思う。
 

以上になります。

今後とも中央大学ラグビー部をよろしくお願いします。

11月14日 リーグ戦 対日本大学

投稿日時:2010/11/14(日) 18:48

11月14日は関東大学リーグ戦一部対日本大学戦でした。
応援にかけつけてくださった皆様ありがとうございました。

 得点経過
後半7分 日本大学陣22m真ん中ラックから⑨松尾-⑩松下とつなぎ、
⑩松下のキックを⑬大塚がキャッチし、ラックを形成。
日本大学陣ゴールライン前左端ラックから⑫宇野が抜け出し、左端にトライ。

後半41分 日本大学陣ゴールライン前、中央大学ボール右ラインアウトから
モールで押し込み、⑧山下が右端にトライ。

松田 雄 監督 

言葉にできない。本当に感動した。
出場選手だけでなく応援した選手もふくめ、部員60人で勝ち取った勝利だ。
日大に気持ちで勝ったと思う。
リーグ戦としてはまだ拓大戦が残っているので、
中大ラグビー部を支えてくださる方々、残りの試合でも応援よろしくお願いします。

堀野 輝里磨 (FW 3年 6番)

今日の試合を振り返ると、ゴール前までゲインされることもあったが守りきり、
0点で切り抜けることができたのは大きかったと思う。
後半は入りから攻められ、先制点を取ることができてよかった。
最後にトライを取られながらも集中が切れることなくモールでトライが取れよかった。
一方、全体の反省点はまず、前半の入りの部分だ。
ここが悪かったことが前半相手ペースになってしまった原因だと思う。
またペナルティーが多かったため、苦しい展開になってしまった。
後はラインアウトも、もっと獲得率を上げねばならない。
そのなかで全体的に本当に良くディフェンスしていて、
あの粘りが勝利につながったと思う。
メンバー外のみんな、トレーナーさんマネージャーさんスタッフ陣、
皆が一丸となって戦えたと思う。
これは自分がプレーしていてすごく感じたし、本当に心強かった。
本当にありがとうございました。
最終戦も今日のようにチーム一丸となり、そしていいディフェンスをし続けて勝ちたい!

牧田 元 (FW 3年 5番)

今日の試合は序盤から拮抗した試合だった。
そんな試合であるからこそ1人1人のこれまでの努力が出た試合であったと思う。
トライを取れるところで取りきることができたことが勝利につながったと思う。
残り1戦に向けてまたチーム一丸となり勝利できるよう頑張って行きたいと思う。

城戸 和生 (BK 3年 21番)

勝ったことはとても嬉しい。
ただ自分は試合に出ることができなかった点はとても悔しかった。
まだ残り1戦残っているので、次の試合には絶対に出たい。
これからまた努力して行きたいと思う。







 

11月8日 ジュニア戦 対拓殖大学

投稿日時:2010/11/07(日) 18:14

本日はジュニア選手権対専修大学戦でした。
応援にかけつけてくださった皆様ありがとうございました。
得点経過
前半31分 拓殖大学陣22M付近①嶋崎の走り込みから左中間ラック形成。
22M付近左中間ラックから⑨石前が抜け出し、
そのままトライ(7-0)

後半23分 拓殖大学陣ゴールライン前左ラックから③大塚が抜け出し、
左隅にトライ(14-12)
後半35分 拓殖大学陣10M付近右中間ラックから⑳高崎が右に繋ぎ、(21)堀、
(22)高橋と展開そこから⑮古賀が22M付近右にぬけ、
⑲竹野へと繋ぎ、⑲竹野が真ん中にトライ(21-12)

 塚本 三夫 部長

結果は勝てたからよかった。
入れ替え戦に進むことができ、頑張ってきた成果が出たと思う。
しかし、取りきらねばならないところで取れていなかった。
ここを取れるようにして行きたい。
課題が明らかになったので、ここを克服し、今年度中に上のカテゴリーに上がって欲しい。

大塚 智加人 (FW 4年 3番)

ディフェンスではよく我慢して敵陣に入ることができた。
ここが勝利につながったと思う。
そして、全員に勝つという気持ちが入っていたところがよかった。
ジュニアチームは今とても調子がいいのでこのまま保って行きたい。
勝って上のカテゴリーに上がって引退したい。

原口 稔郎 (FW 3年 8番)

前半、最後の場面で攻めきれていなかった。
先制点を取ることはできたが、気が抜けてしまったところでのミスが目立った。
時間をかけるところで、上手く時間を使えなかった。
また、しっかりとボールのキープができず相手ボールになってしまうことが多かったところも反省点だ。
自分自身のことではキャッチミスが反省点だ。
ここで勝てたことは大きいので、この勝利を大事に次の試合につなげたいと思う。
次回も応援よろしくお願いします。 

粥塚 匠 (BK 4年 14番)

勝ててよかった。
メンバー外の応援も後押しになり、部員60人全員で勝つことができたと思う。
前半後半ともに最初にミスが多く、特にゴール前での小さいミスが多かった。
この部分を修正して入れ替え戦に挑みたい。
まだ次の対戦校は分からないが、カテゴリーをあげて次につなげたい。

以上になります。
また、別サイトでブログを更新しています。
是非ご覧ください。
http://kogacurfc.exblog.jp/ 
今後も中央大学ラグビー部を宜しくお願い致します。

<< 2010年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30