大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ 2011/12

リーグ戦 山梨学院大学戦

投稿日時:2011/12/11(日) 23:19

いつも応援してくださりありがとうございます。

12月11日(日)リーグ戦 入れ替え戦 山梨学院大学戦でした。

得点経過

前半4分 山学陣ゴールライン前 中間
スクラムから、ラックを形成し丸井が抜け出しトライ

前半21分 山学陣ゴールライン前 左
ラインアウトからモールを形成し、そのまま押し込み嶋崎がトライ

前半26分 山学陣ゴールライン前 左中間
ラックから高崎ー室屋ー上田謙とつなぎ、城戸がトライ

前半42分 山学陣22M付近 左
ラインアウトからモールを形成し、そのまま押し込み丸井がトライ

後半5分 山学陣22M付近 
クイックからラックが連続し、牧田が抜け出しトライ

後半10分 山学陣ゴールライン前 左
ラインアウトからラックが連続し、井坂が持ち出しトライ

後半37分 山学陣ゴールライン前 左中間
スクラムからラックの連続から、丸井が抜け出しトライ

以上


以下、選手のコメントになります。

松田 雄 監督

いつも応援してくださる方々にありがとうという感謝の気持ちとともに、お詫びの気持ちを伝えねばならない。
ここまでチームを引っ張ってきたが、入れ替え戦に行くような結果となってしまい反省の気持ちでいっぱいだ。
選手たちの持つ力を100%引き出してやることができず、申し訳ない。
今後今シーズンの反省を生かし、同じ過ちをおかすようなことはしたくない
自分にも厳しい態度を心掛けながらこれからも引っ張っていきたい。


中村 浩二 FWコーチ

春シーズンから振り返るといろいろな困難を乗り越えてきた1年であった。
最終的に入れ替え戦に行くという結果でシーズンを締めくくるということになってしまった点はスタッフ陣の責任であると思う。
最後に今日勝って笑うことができた。
しかし、本来ならば入れ替え戦で笑うチームではないと思う。
選手権で勝って笑えるチームになれるチームであるし、ならねばならないと思う。
来年こそそのようなチーム作りをしていきたい。
最後まで応援して下さったファンの方々、本当にありがとうございました。


猪瀬 寛二 BKコーチ

今シーズン応援していただきありがとうございました。
皆様の期待にこたえることは叶わなかったが、可能性ある舞台をなんとか維持することができた。
僅か14名の4年生は昨年度と比較される重圧によく耐えた。
彼らの大学ラグビーに少しでもやり残したことを感じるのであれば、それを次の舞台で取り返せるよう頑張ってほしい。


丸井 克眞 (FW 4年 2番 キャプテン)

今日は勝つことができて本当によかった。
今日は個人的にも調子がよく、3トライ取ることができた。
 相手チームに対してFWが圧倒できたことがよかった。
一方でラグビーの試合の流れの怖さを知った試合であったと思う。
今シーズンを通して、いかにセットプレーが大事であるかに気付いたと思う。
それに今シーズンで気づくことができ、来年チームの中心となる3年生にとってはよかったのではないか。
グランドに入ったらラグビーに対して本気で取り組むという意識を持たねばならない。
そのためにも、オンオフの切り替えをしっかりして欲しいと思う。

城戸 和生 (BK 4年 13番 BKリーダー)

今日の試合では自陣が風上であったのをうまく利用しキックを有効に使って敵陣に入ることができた。
そのままトライにつなげることができたことがよかったと思う。
後半は変わって風下となり、辛い場面が続いた。
そんな中でチームでまとまりディフェンスに集中することができた。
辛い場面で相手チームを突き放すことができたことが勝利につながったと思う。
後輩のBK陣は自分たちの代より才能があり、また練習熱心な人が多い。
もっと上のレベルで試合をさせてやりたかった。
なんとか残留できたので、来シーズンはBKでもっと勝負するような試合をしていってほしい。
もっと上に行けるチームであると思う。
毎日の練習にしっかり取り組み、積み重ねていくことで、いいチームを作っていって欲しい。


米谷 卓郎 (FW 3年 3番)

今日の試合は試合内容ではなく、勝てたことがよかった。
今年のリーグ戦は、毎回の試合ごとに修正ができなかった。
修正点を引きずってしまい入れ替え戦になってしまったのだと思う。
来シーズンはこの反省点を生かして大学選手権に出たいと思う。


高橋 悠 (BK 3年 11番)


今日の試合は前半FWが優位に立っていたため比較的楽なゲーム展開でできた。
BKは相手の速い出足のディフェンスに思うようなライン回しができなかった。
後半はボールを維持し続けてトライにつなげられた点はよかった。
しかし相手のキックパスやインターセプトで簡単に失点してしまった。
その結果後半は競った内容となってしまった。
今日勝つことができ、1部に残留することができたのでとりあえずホッとしてる。
今シーズンは練習メニューを考える場にもっと選手が参加すればよりよい練習ができたと思う。
試合では練習でやったことしか出ないと思う。
来シーズンもすぐに始まるので日々の練習を1回1回大切に取り組んでいきたい。

コメントは以上になります。


昨年に引き続き春シーズンから試合後にインタビューを行い、掲載してまいりました。
普段は知ることができない部員の気持ちを知ることができ、楽しくやらせていただきました。
いつも応援してくださる皆様に部員の気持ちがすこしでも伝われば幸いです。
中央大学ラグビー部を、もっと身近に感じていただけるきっかけとなればと思っております。


今年は遠方での試合が多かったのにもかかわらずたくさんの方が応援に来てくださり、本当に感謝しております。
ありがとうございました!
来年もチーム一丸となって頑張ってまいります。
今後とも中央大学ラグビー部をよろしくお願いいたします。



3年マネージャー 矢島 怜奈








 

ジュニア選手権 立正大学戦

投稿日時:2011/12/04(日) 19:30

いつも応援ありがとうございます。

12月4日(日) ジュニア選手権 立正大学戦でした。

得点経過

前半6分 立正陣 ゴールライン前中央 中大ボール
ペナルティーからクイックで展開し、北田ー千葉とつなぎ吉原が左隅にトライ

前半12分 立正陣 22M中央付近 中大ボール
PGを選択、成功

前半26分 立正陣 22M付近左 中大ボール
スクラムから原口ー北田とつなぎ吉原が左隅にトライ

後半7分 立正陣 22M付近左中間 中大ボール
スクラムから展開し、北田ー千葉ー高橋拓とつなぎ、千葉が右隅にトライ

後半33分 
ターンオーバーから展開し、堀ー津越とつなぎ、上野が左中間にトライ 


監督及び選手のコメントになります。


中村 浩二 コーチ

ペネトレーターとしての攻撃意識が低かった。
また、今日だけでなく今までの課題でもあったが、チーム全体のディフェンスが弱かった。
ディフェンスラインのセットも遅かった。
枚数が多くても相手に抜かれてしまうのはノミネート不足なのだと思う。
もっとディフェンス力が必要である。
次のリーグ戦入れ替え戦では、もっと攻撃的にプレーしたい。



野末 昂希 サポートコーチ

立ち上がりから良くなかった。
また、アップの一人一人の意識が低かった。
もっとチームを盛り上げるための声出しが必要だと思う。
それは練習から、やっていかなければならない。
ディフェンスからタックルで前に出るという気持ちが足りなかった。
リザーブのプレーヤーも、自分の役目や何をやるべきかを考えなければならない。
次の試合まで1週間を切ったが、65人でどれだけ盛り上げられるかが重要であると思う。
4年生も自覚を持って、次の最終試合に臨んで欲しい。



石場 翔二 (FW 3年 2番)

今日の試合で良い所は無かった。
フォワードのセットプレイが安定せず、ディフェンスは前に出れなかった。
枚数が少ないという点をつかれて失点してしまった。
来年は自分達が4年生としてチーム引っ張っていかなければならない。
今日の悔しさを忘れず来年はカテゴリーを上げたい。



宇賀神 文彦 (BK 4年 15番)

皆が最後まで諦めず、戦い続けられた点は良かった。
しかし、ディフェンスで相手にプレッシャーをかける事が出来なかった。
なので、そこから一発でトライを取られてしまった。
4年生として出れなかった選手達に良い結果を届けられなかった。
また、もっと試合中にプレーで引っ張る実力を持てなかった自分に後悔している。
あと1週間、Aチームのサポートを一生懸命していきたい。


以上になります。

今後とも、中央大学ラグビー部をよろしくお願いいたします。 
 

<< 2011年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31