大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ 2011/5

5月28日 日体大戦

投稿日時:2011/05/28(土) 21:02

5月28日はオープン戦 対日本体育大学でした。
応援に駆けつけてくださった皆様ありがとうございました。

得点経過
20110531_5.jpg
Aチーム

前半5分
日体大陣ゴールライン前、中央大右ラインアウトからモールで押し込み、
8藤原が抜け出して右トライ

前半10分
日体大陣ゴールライン前、中央大右ラインアウトを、4牧田がキャッチし、
そのままモールで押し込み8藤原が右にトライ

前半36分
日体大陣22m/ゴールライン 中央大ボール左ラインアウトから
1嶋崎ー2丸井とつなぎ左にトライ
20110531_6.jpg
Bチーム

前半15分
日体大陣ゴールライン前右ラインアウトから、
2石場が抜け出し、右にトライ

前半30分
日体大陣ゴールライン前、右、中央大のクイックスタートから
8伊坂が右にトライ

前半38分
日体大陣ゴールライン前、中大ボール右ラインアウトから
6上田ー2石場とつなぎ、右にトライ

後半10分
日体大陣ゴールライン前、右ラックからモールを形成。
そのまま押し込み2石場が抜け出し、右にトライ

後半12分
日体大陣ゴールライン前、中央大のクイックスタートから
2石場が真ん中にトライ

後半15分
日体大陣ゴールライン前、右ラックから9北田ー21諏訪とつなぎ、
真ん中にトライ

後半25分
日体大陣22m付近、右ラックから加藤ー室谷ー木上とつなぎ、
そのまま真ん中にトライ

後半39分
日体大陣22m右において、相手のキャッチミスから
4安城ー8伊坂とつなぎ、右にトライ
20110531_7.jpg
猪瀬 寛二 コーチ
今日は雨の中ハンドリングミスが多く、2試合通じて接点での反則が目立った。
試合中は何が起きるかわからない、起こりうることを想定し練習しても限界かある。
その場その場の対応能力が必要だ。
ゲームキャプテンのリーダーシップが発揮されるのはゲーム中の修正力。
課題の多い試合だったが、1、2年生は確実に経験を積み成長が見てとれる。
20110531_8.jpg
堀野 輝里磨 (FW 4年 7番)
今日はディフェンスロスで抑えるこてができ良かった。
またFWはモールで点が取れ、
ブレイクダウンや相手チームへのプレッシャーのかけかたなど、
練習の成果が出ていたと思う。
しかし、ミスやペナルティーが多かった点、
キックチェイスでカウンターを抜かれた点においては修正せねばならない。
来週は関東戦が控えている。絶対に勝ちたい!
20110531_9.jpg
石前 孝 (BK 4年 9番)
今日はディフェンスで前に出ることが出来たので
相手スコアを0で抑えることが出来たと思う。
しかし、アタック面でミスが多くこの点を試合中に修正できるようにしてゆきたい。
勝って反省ができるよう、来週も頑張っていきたい。
20110531_10.jpg
石場 翔二 (FW 3年 2番)
FWが積極的にアタックを仕掛けてて前に出ようという意識があって、
FWの中でコミュニケーションがとれてて良かった。
しかし、ノックオンが多かったのとディフェンスの時のボールへの働きかけが悪かったのが反省点だ。
これから反省点を修正してFWからチームを引っ張って行けるように頑張っていきたいと思う。
20110531_11.jpg
大林 翔太郎 (BK 1年 13番)
今日はあまり良く動くことが出来なかった。
その中でもアタックが上手くいったところがあったので改善し、
さらに高めてゆきたい。
これからも絶対勝つという気持ちをもち頑張ってゆきたい。

以上です。

今後とも中央大学ラグビー部をよろしくお願いします。

5月21日 対甲南大学

投稿日時:2011/05/21(土) 14:59

5月21日は定期戦 対甲南大学でした。
応援に駆けつけてくださった皆様ありがとうございました。20110531_1.jpg
得点経過

前半1分
甲南大陣ゴールライン前左中大ボールラックから
15松井ー11大林とつなぎそのままトライ

前半18分
甲南陣ゴールライン前 右中間 中大ボールスクラムから
8原口ー9加藤とつなぎ右にトライ

前半26分
甲南陣22m付近 左 中央大学のクイックスタートから、
1中野ー6徳永とつなぎ、左にトライ

後半15分
甲南陣ゴールライン前真ん中  中大ボールのラックから、
13山北ー8伊坂とつなぎ真ん中トライ

後半20分
甲南陣22m付近 真ん中 中大ボールラックから20山本から左に展開し、
8伊坂ー6徳永ー10鈴木とつなぎ、左にトライ

後半35分
甲南陣ゴールライン前  左中間  中大ボールラックから、
6徳永が抜け出し、そのまま左にトライ

後半37分
中大陣22m付近、右中間 中大ボールラックから13山北ー14水上とつなぎ
そのまま走り抜けて真ん中にトライ
20110531_2.jpg
中村 浩二 コーチ
 今日は1年が12人いる中で、甲南に勝てたという点が収穫の1つである。
まだ、チームとして思うように動けない時期であるので、
1つ1つのサインミスなどは仕方がないと思う。 
しかし、ブレイクダウンやコンタクトシチュエーションでのミス、
思い通りいかないところは修正していかねばならない点だ。 
これらをもっと意識し、練習していきたい。
20110531_3.jpg
徳永 吉彦 (FW 3年 6番)
 今日はスクラムが安定していてしっかり球がだせた。
 また、相手ボールもターンオーバーできた。
 後半はブレイクダウンでも勝てていたし、
上手くボールを繋ぐことができのがトライに繋がったと思う。
 しかし、暑さで走れておらず、相手よりもサポートの数が少なかった。
 また、ペナルティが多く自ら苦しい試合運びにしてしまった。
 今後の試合に向けて、FWはモールディフェンスやカウンターラックの確認をし、
ブレイクダウンで圧倒できるようにする。 
そして、BKはミスを無くして外にまわしてトライにつなげるようにする。
 また全体としては前半から、
もっと圧倒できるように気持ちを高めて臨んでゆきたいと思う。20110531_4.jpg
水上 琢磨 (BK 1年 14番)
 今日は暑いせいもあり、声も出ておらず、盛り上がりに欠けていた。
 そのため、攻めても攻めきれないという点につながった。 
後半は最後、 1本だけインターセプトで取られた点を除き
自分たちのペースで攻められた。
 次の試合では始めから積極的に皆で声を出し
盛り上げ、前半から勢いをつければもっといいゲームが出来ると思う。
 この試合の反省点を生かし、これからに繋げてゆきたいと思う。

以上です。

今度とも中央大学ラグビー部をよろしくお願いします。

5月15日 対筑波大学 A・B戦

投稿日時:2011/05/15(日) 17:39

5月15日はオープン戦 対筑波大学でした。
応援に駆けつけてくださった皆様ありがとうございました。

得点経過、コメントを掲載します。

得点経過

Aチーム戦
前半14分 筑波大陣22m付近左中間、中央大がペナルティーからの
クイックスタートで⑥堀野がトライ

後半5分 筑波大陣ゴールライン前、右中央大ボールスクラムから
⑳北田が持ち出し⑩千葉真ん中にトライ
 
Bチーム戦
前半38分 筑波大陣22m付近真ん中ラックから⑨高崎が
⑫鈴木-⑭水上とつなぎそのまま右端にトライ

後半2分 ハーフライン付近左中間の密集から⑳徳永が抜け出し、
そのまま左にトライ

後半35分 筑波大陣ゴールライン前ラックから
④安城が抜け出し、左端にトライ
後半38分 ハーフライン付近中央ラックから
⑲加藤-⑩堀-(24)松井-⑭水上とつなぎ、真ん中にトライ

後半40分 筑波大陣深く左ラックから
⑲加藤-⑳徳永とつなぎ、左にトライ

松田 雄監督
試合全体的にフィットネス不足だった。
現時点でフィットネスが足りていないのは事実であるので、
これからフィットネスを向上させて行きたいと思っている。
Aチームの前半のスタートは、昨年に比べより良かったように感じた。
点数は悪くても課題が明確になったという点において昨年より良かったと思う。
Bチームは試合のスコアも変わらず、負けはしたが良い試合だった。
自分に足りない点、前に比べ成長した点を自分自身で把握していって欲しい。

Aチーム
丸井 克眞 (FW 4年 2番)
キャプテンとして初めての試合だったので、
今日は何より結果が欲しかった。
今日の試合は新チームが始動してから拘わってきた、
1対1のコンタクトで相手に勝ることが出来たのが良かった。
朝練のウエイトの成果も現れて来たのではないかなと感じた。
しかし、後半になるとスタミナが切れて足が止まってしまい、
ワークレイトが落ちたことが敗因だった。
春はフィットネスより強い身体造りに重点を置いているので、
夏にしっかり走り込み、今日の前半のような試合が80分間続けられれば、
秋には何処にも負けないチームができると思う。
日々の練習に目標を持ってしっかり取り組んで行きたい。
次は毎年ある甲南大との定期戦なので必ず勝ち、
残りのOP戦に弾みをつけたいと思う。
ご声援の方よろしくお願いします。

山北 純嗣 (BK 2年 11番)
この試合の前半のディフェンスはよく、練習どおりできていた。
しかし後半になるとコミュニケーションがなくディフェンスもバラバラで失点が重なってしまった。
次の試合に向けてもっとディフェンスを整え後半も失点を許さないようにしたい。

Bチーム
諏訪 弘樹 (FW 1年 6番)
今日は全体的にミスが多くスクラムが安定せず、さらにBKへのつなぎでもミスも多くなってしまった。
前半はそのようだったが、後半は勢いがで出来て、追いつけた。
これからミスを減らし、もっとオフェンスに参加して、FWを引っ張っていきたいと思う。

堀 大志 (BK 2年 10番)
前半は風下だったためキックに対応出来ず、勢いに乗れず流れをもっていかれ、
リズムを失ってしまった。
そのため攻められボールを継続できなかった。
そしてFWが前にでられないときのBKの対応が悪かった。
一方後半は、全員が前へという意識を持っていた点が良かった。
又、プレー中FWからBKに声を掛けてくれて、やりやすかった。
今後風下の時にどうするかが反省すべき課題となった。
来週の甲南戦は個人的に絶対負けられないので頑張りたい。

以上です。

今後とも中央大学ラグビー部をよろしくお願いします。

5月1日 曼荼羅戦 / 駒場WMM戦

投稿日時:2011/05/01(日) 23:14

5月1日は曼荼羅と駒場WMMと練習試合を行いました。
応援にかけてけてくださった皆様ありがとうございました。

得点経過と試合後の選手のコメントを掲載いたします。



曼荼羅戦

得点経過
 
前半5分 曼荼羅陣22m付近、左中間ラックから9加藤-10鈴木と
左に展開し、14水上が左端にトライ

前半10分 
曼荼羅陣 10m付近、中央ラックから9加藤-10鈴木-13高橋と
右に展開し、15松井が真ん中にトライ

前半25分 
曼荼羅陣、22m付近、真ん中ラックから10鈴木が右に展開し、
12室屋-15松井と展開し15松井が右にトライ

新井亮介(FW 1年 1番)

スクラムが固まりで当たれておらずバラバラだった。
また、モールディフェンスをもっと止めるところでとめねばならない。
個人的には、もっとボールをもち、攻撃に参加していきたいと思う。

鈴木健士郎(1年 BK 10番)

後半にポジションが変わってから思い通りのプレーが出来なかった。
1年のうちにいろいろなポジションを経験値して、
どのポジションでも思い切ったプレーができるようになりたい。

駒場WMM戦

前半40分 駒場陣22/ゴールライン 左中間ラックから、
9北田-10千葉とつなぎ、15高橋が左端にトライ

後半10分 
ゴールライン前 中大ボール右ラインアウトからモールで押し込み、
6竹野が右端にトライ

後半35分 駒場陣ゴールライン前左中間 駒場ボールスクラムを
中大がターンオーバー6竹野が持ち出し、
ラックを形成ラックから7上野が持ち出し左にトライ

後半40分 駒場陣ゴールライン前 左ラックから9高崎-21堀とつなぎ、
11宇賀神が左にトライ

原口俊郎(4年 FW 8番)

今日の試合ではほとんど敵陣で戦えていた。
しかし自分達のミスでチャンスを生かしきれず、
得点を入れられなかった。
普段の練習からミスに対する意識を強くしていきたい。

宇賀神文彦(4年 BK 11番)

FWが我慢強く走ってくれた。
前日の練習での反省を生かし、集散が早く、
敵を見てディフェンスが出来た。
一方、雨でボールを落ちつかせることが出来なかった。
ボールを継続できず、自分達のミスで失点してしまった。
これからの試合は、内容もしっかりした試合ができるよう、
日々の練習からしっかりやっていきたい。

以上です。
今後とも中央大学ラグビー部をよろしくお願いします。

<< 2011年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31