大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ 2013/10

<<前へ

【試合後コメント(試合レポート)】第35回関東大学ジュニア選手権 ◆vs東海大学◆

投稿日時:2013/10/28(月) 02:48

関東大学ジュニア選手権 東海大学戦 試合後コメント
 
 



松田雄監督
今日の試合は1対1を含め、全て東海さんがうちのチームを上回った試合だったと思います。一番の問題はここからチームを立て直すかだと思います。試合終了後に、部員全員に今後のことを前向きに話し合いました。これからは個々の意識改革と身体の改革と、両方の改革を追っていきたいと思います。この結果はしっかり受け止めて、このままで終わらないチームを作っていきます。(次の試合に向けて)一つずつ行ってきたことを確立させ、試合で表現することと、この悔しさをAチームが前に進む原動力にしてくれると信じています。
 
酒井宏之ヘッドコーチ
(この失点について)リーグ戦でAチームが勝っている事もあり、東海大は最初からスイッチ入れて来ると思っていました。中大はそれに負けずにスイッチ入れて行きたかったのですが、キックオフからノーホイッスルトライをされた時点で受けちゃいましたね。これが長年勝利を積み上げてきたチャンピオンチームと半年で少し変わりかけているチームとの差ですね。やはり「東海大は甘くないな~」と率直に感じました。そして中大もこういう「勝つ文化」を構築したいですね。Aチームだけではなく、Bチームもどこと対戦しても競れるチームにならなくてはと改めて思いました。(次の拓大戦に向けて)今までと変わらず、先を考えずに目の前の1試合1試合に集中です。そして自分たちがやるべき事の準備をしていきたいと思います。今日の100点を忘れずに、きっともっと良いチームに変わりますよ。
 
高橋拓朗ゲームキャプテン(4年)
Aチームが来週試合(拓大戦)を控えていて、このBチームのジュニアの試合で「ウィニングカルチャー」を築いていかないといけないのに、この結果がもの凄く悔しいです。今年の中大の勝ち方(Aチーム)は、普段の練習をそのまま試合に繋げて勝利を重ねてきています。同じ練習をBチームもしているはずなのに、結果がでないのは準備が足らないのが問題だと思います。(次の試合に向けて)僕自身、Aチームで試合をして勝利に貢献しなければならない立場です。ましてや、一昨年からAチームで出場し続けているので、そのプライドを良い方向に向けだいです。そして父親にファーストジャージを着てプレーしている姿を見せたいので、早くAチームに上がれるように準備していきたいと思います。」
 
堀大志(4年)
(試合を振り返って)自分としては、ラグビー人生最後になるという強い気持ちで挑んだ試合でした。この大敗した中でも、自分なりに冷静になってエリア管理だったり、ゲームメイクをする意識は80分間持ち続けてプレーしました。しかし、最初から東海さんに圧倒され、修正しなければならない立場にいたのですが、最後までチームを立て直すことが出来ませんでした。(次に向けて)一人ひとり、やるべきことは明確です。今日の負けで下を向かず、リーグ戦の勝利に繋がるように、日々の練習でBチームが引っ張って行きたいと思います。
 
大林翔太郎(3年)
今日の試合は何も出来なかったです。直ぐに気持ちを切り替えますが、反省するべきところはしっかり反省して、日々の練習から変えていき、次に繋げたいと思います。(この得点差の要因は?)気持ちの面だと思います。最初のノーホイッスルトライを許した後にズルズル得点を許してしまったのは、出場したメンバー全員の問題です。(次に向けて)頑張るのみです。



◆試合レポート

-前半00分- [00-00]
東海のキックオフで試合開始
 
【Jr.試合速報◆vs東海大◆】
-前半00分- [00-05]
東海、キックオフボールをキャッチ。敵陣左サイド22mライン付近、ラックから右に展開しトライ。コンバージョン失敗
 
-前半09分- [00-10]
東海、敵陣右サイド22mライン付近、ラインアウトからモールを形成。そのまま押し込みトライ。コンバージョン失敗
 
-前半14分- [00-10]
中大、自陣でのプレーが続く
 
-前半17分- [00-15]
東海、敵陣中央22mライン付近からフェイズを重ね、左隅にトライ。コンバージョン失敗
 
-前半21分- [00-22]
東海、敵陣右サイド22mライン付近、ラインアウトからモールを形成。BKがディフェンスのギャップをつき、ポール下にトライ。コンバージョン成功
 
-前半22分- [00-22]
中大選手入替
out【市川】▶in【鈴木】
 
-前半29分- [00-22]
中大、自陣22mから【大林】が敵陣22mラインまでビッグゲイン。インゴール手前まで攻め込むもターンオーバーされチャンスを逃す
 
-前半30分- [00-29]
東海、敵陣右サイド10mライン付近、パンットキックをキャッチし、右に展開。そのまま右隅にトライ。コンバージョン成功
 
-前半33分- [00-36]
東海、敵陣やや右サイドハーフウエイライン付近から展開。サイドラインを走り切りトライ。コンバージョン成功
 
-前半35分- [00-41]
東海、自陣ハーフウエイライン付近からBKで左に展開。ディフェンスのギャップをつきトライ。コンバージョン失敗
 
-前半41分- [00-48]
東海、敵陣左サイドゴール前5mライン付近、クイックスタートからフェイズを重ね、インゴールに飛び込みトライ。コンバージョン成功。このまま前半終了
 
 
 
ハーフタイム時中大選手入替
out【坂井】▶in【岡崎】
 
 
 
-後半00分- [00-48]
中大【鈴木】のキックオフで後半開始
 
-後半02分- [00-55]
東海、自陣ハーフウエイでのラックをターンオーバー。敵陣インゴール手前までフェイズを重ね、大きく右に展開しトライ。コンバージョン成功
 
-後半03分- [00-55]
中大選手入替
out【松山】▶in【相川】
 
-後半05分- [00-62]
東海、自陣からディフェンスをかわし、ポール下にトライ。コンバージョン成功
 
-後半06分- [00-62]
中大選手入替
out【大林】▶in【黒崎】
 
-後半07分- [00-62]
中大選手入替
out【諏訪】▶in【長野】
 
-後半14分- [00-62]
中大選手入替
out【住吉】▶in【高崎】
 
-後半15分- [00-67]
東海、敵陣左サイド10mライン付近からサイドラインを走りきりトライ。コンバージョン失敗
 
-後半18分- [00-67]
中大【相川】、危険なタックルによりシンビン。10分間の一時的退場
 
-後半19分- [00-74]
東海、敵陣ハーフウエイライン付近からポール下に独走トライ。コンバージョン成功
 
-後半22分- [00-79]
東海、自陣右サイド10mライン付近からターンオーバー。フェイズを重ね、タックルを振り切りトライ。コンバージョン失敗
 
-後半24分- [00-79]
中大選手交替
out【岡崎】▶in【坂井】
 
-後半25分- [00-79]
中大選手入替
out【鎌野】▶in【立石】
 
-後半27分- [00-84]
東海、敵陣右サイド10mライン付近、ラックから大きく左に展開。サイドラインに走り込みトライ。コンバージョン失敗
 
-後半29分- [00-84]
中大【相川】10m分間のシンビンから復帰
 
-後半35分- [00-91]
東海、自陣ハーフウエイライン付近から大きくゲイン。インゴール前でラック。そのまま押し込みトライ。コンバージョン成功
 
-後半37分- [00-98]
東海、自陣中央10mライン付近から走りきりトライ。コンバージョン成功
 
-後半41分- [00-105]
東海、自陣右サイド10mライン付近からフェイズを重ね、敵陣奥深くまでゲイン。タックルを振り切り中央に廻り込みトライ。コンバージョン成功。そのままノーサイド

ジュニア東海大学戦&英ちゃん応援

投稿日時:2013/10/28(月) 00:08

本日は東海大学グラウンドにてジュニアリーグ戦最終戦、対東海大学戦が行われました。
結果は残念ながら0対105で負けてしまいました。
この結果により我が中央大学はカテゴリー2で4位となり、ジュニアリーグ戦5位の関東学院大学とプレーオフを行います。このプレーオフで敗者チームは下位リーグ(カテゴリー3)の上位チームと入れ替え戦となるため絶対に負けられません。
詳細は後日ホームページでお知らせいたします。

また試合後には菅平合宿で共にチームとトレーニングをして下さった、格闘家の石川”大門”英司選手(グラバカ所属)の試合を応援にチーム全体で有明まで出向きました。
結果は石川選手の判定勝ちでした。
気持ちで戦う姿を見てチーム一同必ず来週の拓殖大学戦に勝利したいと思います。

201310280115_1-300x0.jpg201310280115_2-300x0.jpg201310280115_3-300x0.jpg201310280115_4-300x0.jpg

Winning Culture創造への戦い

投稿日時:2013/10/26(土) 20:20

明日はジュニアリーグ戦最終戦、対東海大学戦が東海大学グラウンドで行われます。
本日は、キャプテンズランそして出場メンバーへのジャージ授与式が行われました。
すでにAチームでの公式戦では東海大学に勝利していますが、ここでジュニアメンバーが勝利することにより、来年以降少しでもリーグ戦の中で中央大学に対して苦手意識を作る事ができればとチーム全体で思っています。またジュニアでの試合に勝利することによりWinning Culture「勝利する文化」をチーム全員で共有していきたいです。
201310262105_1-300x0.jpg201310262105_2-300x0.jpg201310262105_3-300x0.jpg201310262105_4-300x0.jpg

【試合後コメント(試合レポート)】第35回関東大学ジュニア選手権大会 ◆vs法政大学◆

[試合後コメント] 投稿日時:2013/10/21(月) 09:00

関東大学ジュニア選手権大会 第3戦 法政大学戦 試合後コメント
 
 

松田雄監督
(試合を振り返って)最初の入りから受けてしまいました。これは準備不足が原因ですし、準備不足にならないように導いてあげられなかったスタッフ陣の責任でもあります。今日は、実力でメンバーに入った選手だったり、怪我から復帰した選手だったり、色んな想いを持った選手が出場しました。今後Aチーム入りできるかどうかは『中大一族』の代表として戦って行けるかどうか、そして起用したいと私たちに思わせられるかどうかだと思います。そういう選手が多くなるほど、チーム力が更に上がると思います。(次の試合に向けて)うちのチームは部員数が少ないので、BもAも関係なく、まずはチーム一丸となって戦う事です。その中で、出場する選手はしっかりプライドを持って戦って欲しいですね。昨日の勝利で、大学選手権出場が確定しました。これからの時間をうまく活用して、チーム内の活性化を進めていこうと思います。(リーグ戦の目標は?)中大は1戦1戦戦って行くことと、大学選手権出場権を得られましたので、ここからは常時チャレンジだと思います。中大は現役だけではなく、開幕から4連勝した経験を持っている人が少なく、私たちにとっても未知の世界です。これから様々なプレッシャーを受ける事になりますが、そんなときこそチャレンジする気持ちをしっかり持ち続けたいですね。

酒井宏之ヘッドコーチ
(試合を振り返って)もちろん気持ちは入っていましたが、肝心なところで準備不足がありました。これはラグビーする以前の問題なので、しっかり準備することを怠らずにしたいですね。この2日続けての『法政シリーズ』は、昨日勝ったけど、今日負けてしまったので、もうリセットです。
また今日行われたリーグ戦『日大vs立正大』では、これまで3連敗していた立正大が12-5で勝利しました。これでもう開幕4連勝もリセットと考え、気持ち切り替えです。この結果からもわかるように、足元なんてすぐにすくわれます。昨日は嬉しかったですが、もう次の拓大戦ですね。引き続き、先は見ずに1戦必勝で行きたいと思います。今日の敗戦はそれを教えてくれたと思いたいです。

滋田長喜ゲームキャプテン(4年)
今日の試合は、非常にミスが多く、ペナルティから失点したシーンが多かったと思います。最後までゴール前のディフェンスを修正出来なかったところが反省です。このままだとズルズル敗戦してしまいますので、来週(Jr.東海大学戦)に向けて早急に修正していきたいと思います。『ディフェンスの中大』として強みを生かさないといけないのに、ディフェンスでミスをしてしまったのが本当に不本意です。(個人のプレーについて)スクラムはいつも通り組むことが出来ましたが、他のプレーに精彩を欠いてしまいました。でも今週のテーマが「No excuse(言い訳をしない)」なので、次に向けて今日出た課題を修正していきたいと思います。(次に向けて)まずは来週のジュニアの勝利を考え、そこからリーグ戦3試合残っていますので、一つひとつ考えていきたいです。

高橋拓朗バイスキャプテン(4年)
今までAチームがリーグ戦4連勝した勢いを、今日出たBチームが止めてしまった事が申し訳ないです。法政大学は中央大学にとって、長年ライバル視しているチームです。昨日の勝利を含めて、今日も勝利して相手の心を折らないといけなかったのにと思うと、本当に残念です。準備不足を云われている中で、確かにこの試合に向けての1週間を振り返ると、Bチームのモチべーションの上げ方が良くなかった訳で、心の奥深くのところでちょっとした隙があったんです。修正出来ずに今日の試合に挑んでしまったのは、僕の責任として捉えています。(次に向けて)個人としては、去年も一昨年もリーグ戦の途中で怪我をしてしまい、悔しい思いをしてきました。最終学年だからこそ、ハングリー精神を持ち続けて、必ずAチームに復帰したいです。また、チームとしては、勝つ意識を強くすることです。BもA関係なく、同じ意識にしないといけません。だからこそ同じ方向に向くように、日頃からチームを良い方向に導いていきたいと思います。

加藤友彬(3年)
(個人・チームとも)エリアが獲れなかった事が今日の敗戦につながりました。またラックサイドのディフェンスが悪くて、常に下がったディフェンスになってしまったのが、失点が増えた原因です。(個人のプレーについて)久しぶりの80分間のプレーでしたが、終始タックルはし続けられたと思います。しかしパスの精度の悪さが反省です。こんな悪天候の時でも、しっかりプレー出来るように日頃から準備をしていきたいと思います。(次の試合に向けて)100%のパス、100%のタックルをして、100%力を出し切れるように頑張りたいと思います。

井出三四郎(1年)
初の先発出場でしたので、自分の出来るプレーをしっかりするよう心がけました。僕自身はキックに課題があるので、自分が蹴らなくてもエリアマネジメントの意識を上げていきたいと思います。(次の試合に向けて)とにかく自分の出来る事をしっかりして、精度高いプレーをしていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします。
 
 

◆試合レポート
 
-前半00分- [00-00]
法政大のキックオフで試合開始
 
-前半06分- [00-00]
悪天候の中、なかなかボールが手につかない。依然敵陣でのプレーが続く
 
-前半11分- [00-07]
法政大、敵陣左サイド22mライン付近、ラインアウトからモールを形成。そのまま押し込みトライ。コンバージョン成功。
 
-前半14分- [03-07]
中大、敵陣やや左サイド22mライン付近、【黒崎】のペナルティゴール成功。
 
-前半16分- [03-14]
法政大、敵陣右サイド22mライン付近、ラインアウトからモールを形成。ラックからボールを持ち出しトライ。コンバージョン成功。
 
-前半17分- [03-14]
中大選手入替
out【岡崎】→in【高田】
 
-前半23分- [03-14]
中大、敵陣でのプレーも細かいミスでチャンスを作れていない。
 
-前半28分- [10-14]
中大、敵陣中央22mライン付近、ラックからこぼれたルーズボールに【滋田】が反応。【滋田】→【田井】に繋ぎ、【田井】がトライ。【黒崎】のコンバージョン成功。
 
-前半33分- [13-14]
中大、敵陣やや右サイド10mライン付近、【黒崎】のペナルティゴール成功。
 
-前半36分- [16-14]
中大、敵陣右サイド22mライン付近、【黒崎】のペナルティゴール成功。中大逆転。
 
-前半40分- [16-19]
法政大、敵陣右サイド22mライン付近、モールで押し込みトライ。コンバージョン失敗。そのまま前半終了。
 
 
 
※ハーフタイム時中大選手入替なし
 
 
 
-後半00分- [16-19]
中大【鈴木】のキックオフで後半開始
 
-後半06分- [16-19]
中大選手交替
out【新井】→in【立石】※怪我による一時退場。後半08分復帰
 
-後半10分- [16-26]
法政大、敵陣中央22mライン付近、モールからインゴールに飛び込みトライ。コンバージョン成功。
 
-後半10分- [16-26]
中大選手入替
out【松山】→in【立石】
out【福田】→in【相川】
 
-後半15分- [16-26]
中大選手入替
out【井坂龍】→in【赤池】
 
-後半16分- [16-33]
法政大、敵陣中央インゴール手前付近、ラックから抜け出しトライ。コンバージョン成功。
 
-後半19分- [16-33]
中大選手入替
out【浦田】→in【長野】
 
-後半27分- [16-38]
法政大、敵陣左サイドインゴール手前付近、ラックサイドをつきトライ。コンバージョン失敗。
 
-後半28分- [21-38]
中大、敵陣左サイドゴール前5mライン付近、ラインアウトからモールを形成。【高橋】がインゴールに飛び込みトライ。黒崎のコンバージョン失敗。
 
-後半43分- [21-38]
法政大の反則でノーサイド。

法政大学ジュニア戦

投稿日時:2013/10/20(日) 15:26

法政大学ジュニア戦が本日中央大学ラグビー場にて行われました。
残念ながら21対38で負けてしまいました。
悪天候の中グラウンドで応援して頂いた中大一族の皆様、誠にありがとうございました。201310201545_1-300x0.jpg201310201545_2-300x0.jpg201310201545_3-300x0.jpg201310201545_4-300x0.jpg





«前へ