大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ 2013/5

【試合後コメント】5/26 慶応義塾大学戦

投稿日時:2013/05/27(月) 17:00

慶応義塾大学戦 試合後コメント
 



松田雄監督
勝たせて上げたかったですが、勝てない理由も今日の試合で明確になったと思います。やろうとしている事は少しずつではありますが、練習の意図も選手たちが理解しているので、継続してやって行こうと思います。とにかく前に進むだけなので、秋に向けて更に選手たちに落とし込んで行きたいと思います。
 
酒井宏之ヘッドコーチ
良い負けだったですね(苦笑)。う~ん、ここで勝ってはいけないですね(笑)。次に向けて、今日の負けを良かったと思えるようにしないといけないですよ。常に課題を修正しようと意識しているので、次に繋がる試合だったと思います。前の試合から徐々に雰囲気も良くなっているし、トライを取り切る、勝ち切ることを心掛けて、精度を上げていけば良いので、自分たちのやっている事に疑わないで、どんどんチャレンジしてほしいと思います。
 
 
山北純嗣キャプテン(4年)
FWも含め、全体的に2番目のよりの遅さを克服しつつあります。勝ちきれない理由は個人的なミスが多く、自分自身のプレーの精度の低さを反省したいと思います。チームとして、コミュニケーションが取れ始め、リアクションと反応は、徐々に出来ていると思います。(この2点差の敗戦は?)個人の精度の低さ、詰めの甘さです。次の試合では、個々がスキルアップし、練習から試合を想定したプレーを日頃から行っていきたいと思います。
 
藤原壮平バイスキャプテン(4年)
先週よりも入りが良くて、断然チーム自体も変わってきているんですが、最後勝ちきれない悪さが出てしまった試合でした。中大は、ロースコアで試合を進めて行かないといけないと思いますし、やっぱり接戦になった時に、勝ちきれないと秋に繋がらないです。FWとして徐々に戦えるようになっていますが、ラインアウトがもう少し取れていたら楽な展開に変わったと思います。(2点差の敗戦は?)気の緩みの問題と、自分たちが意識していないところでの問題です。次に向けてFWとBKのコミュニケーションを更に追求して行きたいです。
 
高橋拓朗バイスキャプテン(4年)
前の試合よりも比べると、行ってきた練習が活かされてきていると思います。しかし、勝ちきれない事はまだまだ課題ですね。リアクションももっと速く出来るし、自分自身含めみんなもっと追い込めると思います。こんなところで負けるチームではないので、リーダー陣が引っ張って行きたいと思います。中大は、やっと変われそうな気がしています。そのタイミングの時に、しっかり変わる事、もっと勝ちにこだわる事を追求して行きたいと思います。
 
井坂健人(3年)
FWは前回までの課題を修正出来ていたと思います。しかし、最後に逆転されてしまったのは、チーム全体の問題として捉えながらも、FWもやるべき事があったはずなので、キックオフのボール出しの精度を上げなければならないと思います。(個人的には?)僕は常にジャッカルを狙っているので、今日の試合はターンオーバーを獲得できました。やみくもにプレーするのではなく、見極めも重要で、無駄なところは攻めないし、狙うところは狙って行きたいと思います。次の試合ではセットプレーを充実させ、ゴール前での集中力を高めて行きたいと思います。
 
山下諒之(2年)
自分たちの良さのFW力だったり、展開力だったりの隙が多かったのです。そこの完成度が高ければ勝利出来ていたと思います。(個人的に)久しぶりのAでの試合で、自分なりに仕事がしっかり出来ていましたが、チームとして勝つ為の貪欲さが、もっと必要だと思います。次回に向けて、悔しさを繋げているのですが、真剣にチームとして感じ・捉えていきたいと思います。
 
住吉藍好(1年)
前半からパスの精度も悪く、ゲームメイクしなきゃいけないポジションの役割を果たせなかったです。しかし、自分の良さでもある、相手の出来たギャップを付くことは、しっかり出来ていたと思いますし、逆に慌てている部分があるので、周りを良く見てFWを動かせるようにしたいと思います。次の試合に向けて、パスの重要性を感じているので、次の試合では精度を上げて行けるように日頃の練習に取り組んで行きたいと思います。
 
 
 

【試合レポート】関東大学春季大会 ■vs 慶応義塾大学■

[試合詳細] 投稿日時:2013/05/26(日) 21:37

関東大学春季大会Bグループ 第3戦
中央大学 34(07-27,12-24)36 慶応義塾大学
日時:2013年5月26日(日)12:00キックオフ
会場:茨城県・ケーズデンキスタジアム
天候:曇り/晴れ

 
 
 



【中央大学メンバー】※白ヌキはキャプテン
1(PR):岡崎健人③ 2(HO):北村彦樹③ 3(PR):三宮累① 4(LO):小野雄貴② 5(LO):福田貴大② 6(FL):山下諒之② 7(FL):井坂健人③ 8(No8):藤原壮平④ 9(SH):住吉藍好① 10(SO):浜岸峻輝① 11(WTB):津越航大④ 12(CTB):山北純嗣❹ 13(CTB):高橋拓朗④ 14(WTB):渡辺広人② 15(FB):松井完至③
【以下リザーブ】
16:檜山翔一③ 17:柳亮宇③ 18:西野嘉修② 19:諏訪弘樹③ 20:高崎悠介④ 21:白石凱人①  22:水上琢磨③




 
-前半00分- [00-00]
中大【浜岸】のキックオフで試合開始 。

 
-前半05分- [00-00]
中大、【住吉】が敵陣奥深くまで攻め込むが、ターンオーバーされチャンスを逃す。

 
-前半07分- [00-07]
慶應、敵陣中央ゴール前5m付近、スクラムから左に展開。タックルを振り切りトライ。
コンバージョン成功。

 
-前半13分- [07-07]
中大、敵陣中央ゴール前5m付近、スクラムから【藤原】が抜け出し、中央にトライ。
【松井】のコンバージョン成功。中大同点。

 
-前半19分-
中大選手交代
out【福田】▶in【西野】※出血による一時退場。前半23分復帰。
 
-前半29分-
中大選手交代
out【福田】▶in【西野】※出血による一時退場。前半37分復帰。
[00-00]
 
-前半36分- [07-12]
慶應、敵陣左サイドゴール前5m付近、スクラムからフェーズを重ね、左隅にトライ。
コンバージョン失敗。

 
-前半42分- [07-12]
中大、【住吉】がサイドラインに蹴り出し、そのまま前半終了。

 
 

 
ハーフタイム時、中大選手交代なし



 
 
-後半00分- [07-12]
慶應のキックオフで後半開始

 
-後半04分- [10-12]
中大、敵陣中央22mライン付近、【松井】のペナルティーゴール成功。

 
-後半05分- [15-12]
中大、慶應のキックオフボールを【藤原】がキャッチし【小野】にパス。敵陣22mライン付近から【住吉】▶【三宮】▶【住吉】と繋ぎ、【住吉】がトライ。
【松井】のコンバージョン失敗。

 
-後半05分-
中大選手交代
out【福田】▶in【西野】
 
-後半08分-
中大選手交代
out【三宮】▶in【檜山】
 
-後半09分- [15-17]
慶應、自陣から敵陣まで大きくゲインし、左隅にトライ。
コンバージョン失敗。

 
-後半12分- [22-17]
中大、敵陣左サイド10mライン付近、【山北】▶【渡辺】▶【住吉】▶【高橋】と繋ぎ、【高橋】が左隅にトライ。
【松井】の難しい角度からのコンバージョン成功。

 
-後半12分-
中大選手交代
out【藤原】▶in【諏訪】
out【津越】▶in【水上】
 
-後半20分-
中大、敵陣でのプレーが続く。

 
-後半21分- [27-17]
中大、敵陣左サイド22mライン付近、【住吉】のゴール前までゲイン。オフロードパスで【山下】に繋ぎそのままトライ。
【松井】のコンバージョン失敗。

 
-後半27分- [27-24]
慶應、敵陣右サイド22mライン付近、ラインアウトから大きく左に展開。
左隅にトライ。コンバージョン成功。

 
-後半28分-
中大選手交代
out【浜岸】▶in【高崎】
 
-後半31分- [27-31]
慶應、中大ディフェンスのギャップをつきトライ。
コンバージョン成功。

 
-後半37分- [34-31]
中大、自陣中央10mライン付近、【住吉】がラックから抜けだし、独走トライ。
【松井】のコンバージョン成功。

 
-後半39分- [34-36]
慶應、敵陣左サイド22mライン付近、パントキックをチャージ。そのまま押さえ込みトライ。
コンバージョン失敗。

 
-後半41分- [34-36]
慶應、サイドラインに蹴り出しノーサイド。

【試合後コメント】5/5 早稲田大学戦

[試合] 投稿日時:2013/05/06(月) 07:01

早稲田大学戦試合後コメント

 

 

 

松田雄監督

結果的には惨敗ですが、先週からの課題もしっかり頭の中に入れてプレー出来ていましたし、所々のプレーに良さも出ていたんではないかと思います。この春は毎試合課題を見つけ、その課題が多ければ多い程やらなければならないことが明確になります。色々試していきたいことが沢山ありますので、組み立てをしっかり行い、前を向いていきたいと思います。

 

 

 

酒井宏之ヘッドコーチ

自分たちのチームがやりたかったことが出来なく、相手の早稲田さんが上手くゲームコントロールしていたと思います。しかし、ゲームフィットネスは着々に付いてきていると思います。先週の敗戦から危機感を持って練習を積んできましたので選手たちの意識も高まってきています。今日の得点されたシーンは、うちのチームが崩されて与えてしまった訳ではなく、獲りきれないシチュエーションから跳ね返されたところが多かったです。選手の想いは、勝ちたい部分だと思います。その気持ちに早く感じさせてあげられるように、コーチングスタッフも今まで以上に真剣に向き合っていきます。

 

 

 

山北純嗣キャプテン(4年)

先週の課題だった2番目のプレイヤーの寄りが遅かったことを意識し、試合に臨みました。寄りは速かったですが明確な指示がもっと出ていれば、攻撃が継続出来て良かったと思います。現在足らないところはボールキャリアのボディコントロールとボールコントロール。しかし、走れているところもあるので、もっとその良さを別の形でも繋げられたらと思います。Aチームの試合は2週間ありませんが、その2週間で更に修正して臨みたいです。

 

 

 

藤崎雄大ゲームキャプテン(4年)

最後の20分の差が出たと思います。みんな80分間集中していたと思いますし、最後まで諦めない姿勢でプレー出来ていたと思います。早稲田とのこの得点差は、最終的に「獲りきれるか」だと痛感しています。再来週は國學院戦です。Bチームから変えていかないとチームも上向いていかないと思いますし、Bチームから変えられると思いますので、しっかり練習からの取り組み方を考えていきます。

 

 

 

津越航大(4年)

今日の試合は疲労感しか残らない結果だったです。数少ないウイングでのプレーでしたので、ポジションでの試合感が掴めなかったのですが、要所要所で身体を張ったプレーも出来ていたと思います。4月からスタートした試合もAチームとしては2週間空きます。月末は慶応義塾大学との一戦もありますので、日々の練習の精度をあげ、真剣にラグビーと向き合い早く勝利したいです。

 

 

 

加藤友彬(3年)

タックルの精度がいまいち良くなかったと思います。そこは個人的にフィットネスが足らない証拠です。しかし、自分がスクラムハーフとしてチームのスイッチを入れ直す為のプレーが出来ればと思いプレーしました。今シーズン最初の試合でしたので、試合に出場しないと得られない部分も多いので、次の試合も出場出来るように、普段の練習からアピールしていきたいと思います。

 

 

 

福田貴大(2年)

初めてAの試合で下が、通用する部分もありましたし、至らない点も多かったです。先週の敗戦から得た課題として、タックルを低くすることは意識通りに出来ていましたが、ブレイクダウンでのオーバーの寄りの判断を意識したいと思います。自分はフィットネスが良さなので、もっと良さをアピール出来ればと思います。(次に向けて)過去の自分を更に超えて成長していきたいと思います。

 

 

 

黒崎将斗(2年)

怪我からの復帰戦でしたが、ディフェンスの面で、タックルの精度が悪く自分が外したタックルで得点を与えてしまいました。練習では感じ取れない今日の試合での収穫は、「試合フィットネス」と「周りに目を配ること」だと痛感しました。80分間通しての試合は、本当に久しぶりでしたので、得られたことも多かったと思います。この試合を経験して得られた課題をしっかり次に活かさないといけないと思いますし、次の試合にまず出たいと思います。

 

【試合レポート】関東大学春季大会■vs 早稲田大学■  練習試合■vs 早稲田大学B■

[試合詳細] 投稿日時:2013/05/05(日) 20:26

関東大学春季大会Bグループ 第2戦

中央大学 07(00-34,07-22)56 早稲田大学

日時:201355日(日)13:15キックオフ

会場:東京都・早稲田大学上井草グラウンド

天候:晴れ

 

 

 

【中央大学メンバー】※白ヌキはキャプテン

1(PR):檜山翔一③ 2(HO):北村彦樹③ 3(PR):三宮累① 4(LO):松山尚由④ 5(LO):福田貴大②
6(FL):小野雄貴② 7(FL):諏訪弘樹③ 8(No8):井坂健人③
9(SH):高崎悠介④ 10(SO):浜岸峻輝① 11(WTB):渡辺広人② 12(CTB):山北純嗣❹
13(CTB):高橋拓朗④ 14(WTB):津越航大④ 15(FB):羽野一志④

【以下リザーブ】

16:高田優成② 17:岡崎健人③ 18:柳亮宇③ 19:井坂龍星② 20:住吉藍好① 21:田井直樹③  22:松井完至③

 

 

-前半00- [00-00]
早稲田のキックオフで試合開始

 

 

-前半02- [00-07]
早稲田、敵陣中央22mライン付近、ラックから左に展開。中央にトライ。
コンバージョン成功。

 

 

-前半07- [00-12]
早稲田、敵陣左サイド22mライン付近、複数のラックを繰り返しトライ。
コンバージョン失敗。

 

 

-前半13- [00-12]
中大、敵陣での攻撃が続くが、相手のディフェンスでチャンスをものに出来ない。

 

 

-前半17-
中大選手交代

out【羽野】▶in【松井】※怪我による一時退場

 

 

-前半20-
中大選手交代※復帰

out【松井】▶in【羽野】

 

-前半23- [00-17]
早稲田、敵陣右サイド22mライン付近、ラック攻撃から左に展開。ディフェンスのギャップをつきトライ。
コンバージョン失敗。

 

 

-前半26- [00-24]
早稲田、自陣右サイド22mライン付近から左に展開。ウイングがパントキックを敵陣奥深くに蹴り込み、
そのままキャッチしトライ。
コンバージョン成功。

 

 

-前半30- [00-29]
早稲田、敵陣右サイド22m付近、複数のラック攻撃、左に展開。左にポイントを置き、
再度ラック攻撃。中央に折り返しトライ。
コンバージョン失敗。

 

 

-前半34-
中大選手交代。

out【浜岸】▶in【田井】

 

-前半37- [00-34]
早稲田、敵陣左サイドゴール前5m付近、スクラムからモールに切り替わり、ラック。
最後はSHが飛び込みトライ。
コンバージョン失敗。

 

 

-前半37-
中大選手交代。

out【松山】▶in【柳】

 

-前半41- [00-34]
中大、敵陣奥深くまでゲインするものの早稲田にターンオーバーされ、
サイドラインに蹴り出しそのまま前半終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーフタイム時、中大選手交代なし

 

 

 

 

 

 

 

-後半00- [00-34]
中大【田井】のキックオフで後半開始。

 

 

-後半07- [00-34]
中大、敵陣での攻撃を続けるが安易なミスでチャンスを逃す。

 

 

-後半10- [00-41]
早稲田、敵陣左サイド22mライン付近、FWが飛び込みトライ。
コンバージョン成功。

 

 

-後半10-
中大選手交代

out【田井】▶in【住吉】

※交代によるポジション変更

SH【住吉】、SO【高崎】


 

-後半17- [00-46]
早稲田、敵陣右サイドゴール前ラインアウトからモールを形成。そのまま押し込みトライ。
コンバージョン失敗。

 

 

-後半21-
早稲田、敵陣左サイド10mライン付近、ラックから大きく右に展開。最後はBKが中央に廻り込んでトライ。
コンバージョン失敗。

[00-51]

 

-後半27-
ウォーターブレイク

 

-後半37- [00-56]
早稲田、敵陣左サイドから大きく右にライン攻撃。大きく廻り込んで中央にトライ。
コンバージョン失敗。

 

 

-後半42- [07-56]
中大、敵陣右サイド22mライン付近、ラックから【住吉】→【高崎】→【山北】→【高橋】
→【北村】→【渡辺】と繋ぎ、【渡辺】が左サイドラインを走りきりトライ。

【高崎】のコンバージョン失敗。そのままノーサイド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013練習試合 第2

中央大学B 14(07-22,07-22)44 早稲田大学B

日時:201355日(日)15:00キックオフ

会場:東京都・早稲田大学上井草グラウンド

天候:晴れ

 

 

 

【中央大学メンバー】※白ヌキはゲームキャプテン

1(PR):高田優成② 2(HO):滋田長喜④ 3(PR):岡崎健人③ 4(LO):柳亮宇③ 5(LO):立石和斗②
6(FL):赤池海① 7(FL):水嶌拓也① 8(No8):井坂龍星② 9(SH):長谷川新波① 10(SO):室屋佳太③ 11(WTB):藤崎雄大❹
12(CTB):黒崎将斗② 13(CTB):西前耕平② 14(WTB):水上琢磨③ 15(FB):鈴木健士郎③

【以下リザーブ】

16:相川勇気④ 17:天田親吾① 18:井村兼人① 19:鎌野健太① 20:加藤友彬③ 21:堀大志④  22:白石凱斗①

 

 

 

 

-前半00- [00-00]
中大【鈴木】のキックオフで試合開始

 

 

-前半03- [00-05]
早稲田、敵陣中央10m付近、ラックから左に展開。BKが左隅にトライ。
コンバージョン失敗。

 

 

-前半14- [00-10]
早稲田、敵陣右サイド付近、大きく左に展開し、左隅にトライ。
コンバージョン失敗。

 

 

-前半21- [00-17]
早稲田、敵陣中央22mライン付近、複数のラックと左に展開。ディフェンスのギャップをつきトライ。
コンバージョン失敗。

 

 

 

-前半27- 中大選手交代

out【長谷川】▶in【加藤】


 

-前半27- ウォーターブレイク


 

-前半30- [07-17]
中大、自陣ハーフウエイ付近、相手キックボールを【鈴木】がキャッチ。
自らパントキック。そのボールをキャッチし、【水上】に繋ぎ、相手タックルを振り切りトライ。
【黒崎】のコンバージョン成功。

 

 

-前半35- 中大選手交代

out【柳】▶in【相川】


 

-前半39-  [07-22]
早稲田、敵陣ゴール前、中大タックルを振り切り左にトライ。
コンバージョン失敗。

 

 

-前半41- [07-22]
早稲田のノックオンで前半終了。

 





 

 

ハーフタイム時、中大選手交代

out【室屋】▶in【堀】

out【岡崎】▶in【鎌野】

 






 

 

-後半00- [07-22]
早稲田のキックオフで後半開始。

 

 

-後半10- [07-22]
中大、敵陣ゴール前での攻撃が続く。

 

 

-後半13- [14-22]
中大、敵陣中央ゴール前、ラックから【加藤】→【黒崎】と繋ぎ、
【黒崎】がタックルを交わし中央にトライ。
【黒崎】のコンバージョン成功。

 

 

-後半13- 中大選手交代

out【滋田】▶in【天田】


 

-後半22- [14-27]
早稲田、敵陣22mライン付近、ターンオーバーしそのままトライ。
コンバージョン失敗。

 

 

-後半22- 中大選手交代

out【西前】▶in【白石】


 

-後半24- [14-34]
早稲田、自陣から大きくゲインし、右に展開。そのままトライ。
コンバージョン成功。

 

 

-後半29- [14-39]
早稲田、敵陣右サイド付近右に展開し、中央にパスを折り返して中央にトライ。
コンバージョン成功。

 

 

-後半22- 中大選手交代

out【岡崎】▶in【井村】


 

-後半35- [14-44]
早稲田、敵陣右サイド付近、大きく左に展開。左サイドラインを走りきりトライ。
コンバージョン失敗。

 

 

-後半41- [14-44]
中大ペナルティ。サイドラインンに蹴り出し、そのままノーサイド。

 

 

【インタビュー】木上、高にU20日本代表合宿を振り返ってもらいました。

[紹介] 投稿日時:2013/05/02(木) 21:47

いつも中央大学ラグビー部に温かいご声援誠に有難うございます。

U20日本代表合宿に選出された、木上鴻佑(3年)と高悠也(2年)に、ニュージーランド戦の印象と、
代表から得られたものをインタビューし、中央大学ラグビー部の一員として目標を聞きました。

(取材日:平成25年5月2日)

 

 

 

 

木上鴻佑(3年)

 

ーーU20日本代表合宿はどうでしたか?

 

むこうのスタッフは、自分の状況を把握して下さり、やりやすかったですが、自分のプレーが出来ていなかったです。
痛みと戦っていた感じですね。

 

ーーニュージーランド戦は後半に試合に出てプレーした状況を聞かせて下さい。

 

練習のときに比べれば、試合中は集中していたので痛みは気にならなかったのですが、
1年振りの15人制で試合感覚も戻っていないですし、思うようには動けなかったですね。

 

ーーニュージーランドの印象はどうですか?

 

点差以上に力の差を感じることはなかったです。最初の20分は対等に戦っていましたので、
もっと戦術的な練習時間をかけたら良い試合が出来ていたと思います。

 

ーーU20日本代表の雰囲気はどうですか?

 

モチーベーションが高い選手が集まっています。即席でチームを仕上げますので、コミュニケーションを取る
スピードが速いです。去年も経験していましたが、自分自身ラグビー選手として成長出来ている雰囲気がある場所です。

 

ーーU20日本代表で得られたものは何がありますか?

 

フィジカルのフィットネスやウエイトなどの取り組み方を学びました。

 

ーーU20日本代表での経験をどうチームに活かしますか?

 

スキル面も伝えたいのはもちろん、日本代表は日本を背負っていますので、体を張ってプレーすることです。
中大でプレー出来ている誇りと責任をみんなが感じて取り組みたいですね。

 

ーー次の日本代表のカテゴリーはどこに設定したいですか?

 

ジュニアジャパンを今後の目標に置き、いずれはジャパンの代表に選ばれる選手を目指していきたいと思います。

 

ーー今年1年の中大での目標をお願いします

 

中大でレギュラーを獲るのはもちろん、チームに影響力のある選手になれるようにしたいです。
そこから試合でも自分がゲームマネジメント出来るように日々過ごしていきたいです。

 

ーーありがとうございました







高悠也(2年)

 

 

ーーニュージーランドと戦っての印象はいかがでしたか?

 

スキル(テクニック)は、そんなに驚く程でもなかったのですが、サイズが桁違いでした。

 

ーーサイズが大きいとプレーにどんな影響がありますか?

 

日本の接点はそんなに強くないので、サイズの差がもろに出てしまいます。

一対一で押し負かされエリアを失いますね。

 

ーー高選手と同じポジションは何人いますか?

 

4人ですね。

 

ーーどんな選手が揃っていますか?

 

僕と同じスピードを兼ね備えている選手や、パワー系で筋肉がモリモリですね。

 

ーー来週(5月7日)からまた代表合宿ですね。期間はどのくらいですか?

 

5泊6日です。

 

ーー代表の合宿で得た経験をどうチームに活かしますか?

 

代表はハンドリングとコミュニケーションが重要視されています。そこが中大に足りないところだと思います。
そこをしっかり取得しチームに伝えたいと思いますし、代表では練習でも試合でも声を出していますので、
チームに戻ってもコミュニケーションを図る意味で同じように声をだしたいと思います。

 

ーー春はどんなテーマを持って過ごしますか?

 

期待されていると個人的にも感じています。その期待にしっかり応えたいと思います。

 

ーー期待に応える為には何をしますか?

 

日本代表に呼ばれたら積極的に参加し、そこで得た経験を踏まえ、成長できたら必ず期待に応えられるように
出来るはずだと思っています。

 

ーー日本代表での目標と、チームでの目標を聞かせて下さい。

 

代表での目標は、スタートメンバーに入りたいですね。チームでは、トライを獲りきれる選手になりたいです。
後はディフェンス面でも、積極的に絡んでいきたいと思います。

 

ーーありがとうございました










(インタビュー&構成:小宅崇)