大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ 2015/10/26

ジュニア選手権 VS流通経済大学戦

投稿日時:2015/10/26(月) 15:50


10月24日(土)に行われました、ジュニア選手権 流通経済大学戦の試合後コメントになります。


 
松田 雄 監督
前半はなんとか自分達のラグビーをしていたのですが、後半タックルで食いこまれる場面が多く、受けてしまったと思います。今週1週間は厳しい練習をしてきたので、体がきついのはわかっていて、それでもみんな後半勝負しよう!という気持ちでいきました。でも、自分達の気持ちを前に出し切れなかったところが次の専修戦に対しての課題だと思います。
しかし、今週ハードにやってきたことは絶対自分達の力になっていくことは間違いありません。この負けもしっかりと反省するとともに、厳しく走り込んだ今週1週間、疲労もある中でそれを言い訳にせずチャレンジしたことについては、選手もよく頑張ったんじゃないかと思います。また前半は、しっかりと大きい相手に対して前に出て止めていたし、トライを取り切るべきところで取り切れてたのが良かったです。だから、最後に気持ちが切れてしまったり、受けてしまったのがもったいなかったかなと思います。
今日までが合宿のつもりで厳しく練習してきましたが、ここから3試合、まずは専修戦に向けてしっかり準備していきたいと思います。今後も応援よろしくお願い致します!

 
酒井 宏之 ヘッドコーチ
今週は、全国大会を見据えて結構ハードに練習で追い込んで来ました。今日はその中での試合でしたが、元々それありきで追い込んできたし、むしろ最後の苦しい時間帯でチカラを出すためにと考えていましたが、甘くなかったですね。前半は、DFでは前に出ていたし、ATでも意図したカタチでトライを取れていたので、良かったです。後半は、入りの時間帯でちょっと受けて入ってしまったら、すかさず攻められてしまいました。それが流経大の強さなのか、中大の弱さなのかわかりませんが、ここが課題であり、もう一歩のところだと思います。
ただ、チームとしては上向きになっているので、来週の専修大学戦に向けて準備して行きたいと思います。

 
SO 黒崎将斗 (Jr.チームキャプテン 4年)
後半の入りでフィジカルやメンタルでやられてしまったので、中大らしく前に出れなかったのが反省点だと思います。前半はトライを取り切るべき場面で取れていたし、ディフェンスもしっかり相手の懐に入れていた点は、良かったと思います。特に前半の残り20分は中大ペースで出来ていたと思います。次の試合に勝つために、メンバー一人一人が自分に矢印を向けて、やるべき事をしっかりと考えて、再度基本の部分からやり直していくことが重要だと思います。

 
No.8 井坂龍星 (4年)
負けたので悔しいですが、もっと出来たかなというイメージはあります。皆で意思統一してやろうとしていることは出来ていたので、最初のキックオフから良いタックル、良いアタックが出来ていました。監督から「後半になって受けてしまった」というお話がありましたが、本当にそれが全てだし、それが課題だと思います。同じ様にならないように、練習からしっかりと意識してやっていくしかないと思います。また、個人個人で取り組むのも大事ですが、今やっている組織のディフェンスも全体でしっかりと取り組んでいきたいと思います。


 
以上となります。
引き続き、熱い応援をよろしくお願いします。