大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ 2016/4

<<前へ

NZ留学日記 その2

投稿日時:2016/04/25(月) 17:44

いつも熱い応援ありがとうございます。

本日のブログは二回目のNZ留学日記になります。山口 泰弘(3年 SH)選手からコメントが届きましたので紹介したいと思います。

【NZ留学日記 その2】 山口 泰弘

こんにちは。現在、NZにラグビー留学しております、山口泰弘です。今回はNZで生活で感じたこと、オフの過ごし方について書きたいと思います。まずは、NZのウエイトトレーニングについてです。ウエイトは各個人ずつに異なる数値とメニューが書かれた紙が配られます。そのメニューを行う以外にも、日本では動的ストレッチと言われるdynamics、体幹を鍛えるコアトレーニングを毎日欠かさず行っております。様々なメニューがあるのでとても充実しています。
月曜日はウエイトトレーニングとスキルセッションの後にスクラムハーフだけのハーフセッションがあります。これは元オールブラックスのアント・ストローンさんに教わっています。とてもいい練習ですので日本に帰ってからの自主練に役立てたいと思います。

201604251828_1-267x205-267x205.jpg201604251828_2-326x164.jpg

オークランドのクラブラグビーは、2週間前からシーズンに入り、試合が始まりました。白井と2人で所属しているEdenは初戦にTe Papapa、2戦目に昨年度のオークランドチャンピオンのGrammer Tecと試合をしました。Grammer TecのスクラムハーフJone Hickyはオークランド代表のハーフ32capを持っています。そして、この選手はラグビーとクリケットの二刀流としてNZでは有名です。ラグビーもさることながらクリケットでは”ブラックキャップス”と呼ばれている代表チームでプレーしているのです。試合中の彼のプレーは、とても参考になりました。

201604251828_3-335x146-335x146.jpg201604251828_4-300x0.jpg

私達2人が住んでいるオークランドはNZで1番栄えている地域です。先週のオフはそこから車で1時間半くらいの大自然の中の別荘地に連れて行ってもらいました。手付かずの自然が感じられてとても壮大で気持ちのいい場所でした。とてもリフレッシュ出来たので、残りのNZ留学を充実させて、自分の身のなるように過ごしていきたいと思います。

201604251828_5-192x399.jpg

以上が今回のNZ留学日記となります。

引き続き、熱い応援よろしくお願いします。
 

関東大学春季大会 帝京大学戦 試合後コメント

投稿日時:2016/04/25(月) 10:45

4/24(日)に行われました、帝京大学戦の試合後コメントです。

松田雄監督

2016年度新チームがスタートした今日の試合、たくさんの方々が応援に来てくださったことに感謝しております。去年の最終戦・今年の初戦ともに帝京大学との試合という中で、しっかりとした形で戦うことが出来ませんでした。去年はあれで終わりでしたが、今年は今日の試合がスタートになります。今後、秋にしっかりと差を埋められるよう日々努力して参りますので、引き続き熱い応援よろしくお願い致します。


酒井宏之ヘッドコーチ

前回105点取られて負けてから、今回も91点取られてしまったので、何も変わってないんじゃないかと思われるかもしれませんが、前回とは明らかにゲームの質が変わってきたと思います。やはり帝京大学はラック近場のFWアタックが強いので、そこを止められなければゲームにならないのですが、今日はそこでファイトする姿が見られました。もちろん91点も取られているのでまだまだ全然ですが、、、
今後も目標に向かって、“もっと、もっと”チャレンジしていきたいと思いますので、引き続き応援宜しくお願い致します。


浜岸 峻輝(主将,4年,SO)

自分達がこの2ヶ月間やってきたことが自信になっていましたが、大学王者と試合をして、それでもこれだけ点差が開いてしまったので、もっともっと、より上を目指していかないとこの差は埋められないと思いました。去年の帝京戦と比較して、点差だけみると同じように思われるかもしれませんが、試合をして体感したのは、しっかり戦えてはいたかなという気持ちはあります。ディフェンスでも何回かミスをさせるようなタックルが出来ていたし、良いアタックが出来ていた部分もありました。次の試合相手の明治も、FWは身体が大きくBKもスピードがあり上手いと思います。まずはディフェンスで前に出続けることを肝に銘じて、さらに個々のタックルの精度をあげて、1人で倒せなかったら人数をかけても良いのでしっかり倒して、その分リロードを早くしなければならないと思います。アタックに関しては、トライチャンスでしっかり取りきれるよう、準備していきたいと思います!


笠原 開盛(3年,CTB)
※12月の怪我から復帰

帝京の攻めやピックゴーでFWがゲインされていましたが、キックオフなど練習でやってきたことが所々に出ていたので前向きに捉えていこうと思います。去年はキックオフを蹴ってノーホイッスルで何本もトライを取られてしまって何も歯が立たない感じでした。ですが、今年はまだディフェンスも粘れていたし、アタックも継続出来ていたところがありました。 ディフェンスの時に、コミュニケーションが取れていなかったり、タックルの精度が低いので、ここで負けないようにしていくことが次の試合に向けての課題です。まだこれから対抗戦の強いチームと試合が出来るので、今までやってきたことがどれだけ相手に通用するかチャレンジしていきたいと思います!


白鳥 雅俊(2年,HO,No.8)
※Aチーム初出場

自分はタックルが課題だったのでこれをチャレンジすることは出来ましたが、新たな課題が出来ました。FWの近場はいけているところもありましたが、BKと1:1になった時に相手に抜かれるのが多かったことです。今回は全体的に”帝京を倒そう”という気持ちが出ていて、気持ちの面で前回とは全然違ったと思います。これからAチームに定着出来るよう、まず練習を頑張ってしっかり自分をアピールしていきたいと思います!


重松 隆弘 (2年,FB)
※11月の怪我から復帰

やっぱり帝京は強いなと思いました。ですが、前に対戦した時のような、一発で抜かれてトライされることがなくなってきました。アタックでは、もう少し攻めて精度を上げれば、トライを取れるところもあったかなと思います。FWが内側ですごく頑張っていたので、その分BKも頑張らなければいけないと思い、外でちゃんと止められたのは良かったです。次の明治戦に向けての課題として、まずフィジカルが全然違うので、さらに強化していきたいです。また、コミュニケーションが足らずに抜かれた場面があったので、コールの質を上げていきたいです。


以上となります。
引き続き熱い応援よろしくお願いします。


 

関東大学春季大会 帝京大学戦

投稿日時:2016/04/24(日) 20:36

いつも熱い応援ありがとうございます。

本日は帝京大学グラウンドで関東大学春季大会 帝京大学戦がおこなわれました。

セブンスの大会が終わり、たくさんの課題をもらいました。帝京大戦までの間、ディフェンスを中心に、練習してきました。今日の試合では、練習した成果がでた場面と、できなかった場面がありました。できなかった部分は練習をして、修正していきたいと思います。

201604242059_1-300x0.jpg201604242059_2-300x0.jpg

また、去年の大学選手権では悔しい思いをしたので、今回の試合では悔いのないように全力で試合に挑みました。しかし、大学王者は強かったです。この差を埋めるべく、選手1人1人がテーマも持ち、日々の練習をして行きたいと思います。

201604242059_3-300x0.jpg

来週の日曜日は国士舘大との練習試合が中央大学グラウンドにてあります。

引き続き、熱い応援よろしくお願いします。

SEVEN A SIDE(リーグ戦セブンス) 試合後コメント

投稿日時:2016/04/19(火) 17:18

4月17日(日)に行われました、SEVENS ASIDE(リーグ戦セブンス)の試合後コメントになります。

浦田 真秀(4年 LO)

今大会では、フレッシュな選手が多いにもかかわらず、最初声や元気が無かったですね。中大は元気が売りなので、4年生としてそこに気づいてチームを盛り上げられなかったのが悔しいです。一方で、今フィジカル面を意識的に取り組んで伸ばしているので、当たり負けというのがなかったことが良かったと思います。あとは、全体的に積極性が足りなかったです。もっと勝負する場面での強さをこれからの課題として、さらに上げていきたいと思います。7人制に限らず、中大のディフェンスを続ければチャンスは来るので、次の試合ではそこを狙っていきたいと思います!

床田 裕亮(3年 PR)
※プロップとして出場し、先制トライをする大活躍!

今日の試合を振り返って、全体的にアップの段階から元気がなかったなと感じました。下級生がいっぱいメンバーに入っている中で、上級生がどんどん引っ張って行かなきゃいけないと思いました。しかし、その中でもいいプレーは何個もあったので、15人制に繋げていけたらなと思います。課題は、勝ち切らなければいけない試合に勝ち切れないことです。先週のセブンスもそうでしたし、去年からも言われていることなので、しっかり改善しなければいけない点だと思いました。来週の帝京戦は去年の大学選手権で100点以上取られて負けている相手なので、この1.2ヶ月間自分達がやってきたことをしっかり出し切り、フィジカル面やフィットネス面で相手を上回れるように、残り一週間良い準備をしていきたいと思います!

以上となります。
引き続き熱い応援よろしくお願いします。
 

SEVEN A SIDE(リーグ戦セブンス)

投稿日時:2016/04/17(日) 17:28

いつも熱い応援ありがとうございます。

本日は拓殖大グラウンドでSEVEN A SIDE(リーグ戦セブンス)が行われました。今回のメンバーは一年生が多くメンバー入りをし、フレッシュなメンバーが中心となりました。午前中から昼ごろまで大雨の中、専修大と白鴎大と試合をしました。そして、三試合目の朝鮮大戦では快晴となり、試合をしやすい天気となりました。

201604171839_1-300x0.jpg201604171839_2-300x0.jpg

今回の試合ではフィジカルで勝る部分が多く、ゲインラインを越えることが多かったです。しかし、課題が出た試合でもありました。これからは、個の能力を伸ばしていき、きつい場面や試合で勝ちきるための精神力を鍛えたいと思います。

来週は帝京大グラウンドで帝京大との春季大会があります。去年の反省を生かして、今までやってきたことを試合でやっていきたいと思います。

引き続き、熱い応援よろしくお願いします。
«前へ