大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ 2016/6

<<前へ

熊本復興支援

投稿日時:2016/06/30(木) 00:14

いつも熱い応援ありがとうございます。

6月19日から24日まで、熊本出身5名の選手が、現地で復興支援を行ってきました。
熊本出身の選手は、浦田 真秀(4年、九州学院)、市川 功大(4年、大分舞鶴)、松岡 純平(3年、九州学院)、中尾 太希(2年、熊本西)、花田 幸平(2年、熊本西)の5名です。

201606291357_1-300x0.jpg201606291357_2-300x0.jpg

代表して4年 浦田からコメントです。「まずは実家に帰り、家族に恩返しをしました。家事の手伝いや地震の影響で散らかった部屋の片付けをしました。また、災害の大きかった益城に行き、ボランティア活動に参加してきました。あまりにも酷かったので、もっと参加したかったのですが、豪雨の影響で思うように行動することすらできませんでした。益城に行った際、想像していたよりも悲惨で、たくさんの支援が必要だと感じました。今後も自分たちにできる事をやって行くのと、ラグビーを通じて熊本に元気を!と思います。」

201606291357_3-266x395-266x395-266x395-266x395.jpg201606291357_4-268x300.jpg

熊本復興のため、私たちにできることは少ないですが、やれることをやっていきたいと思います。まずはラグビーを通じて、元気を与えられるように頑張っていきたいと思います。

引き続き、熱い応援よろしくお願いします。



 

関東大学オールスターゲーム 試合後コメント

投稿日時:2016/06/27(月) 21:10

6/26(日)に行われました、関東大学ラグビーオールスターゲームの試合後コメントです。

松田 雄 監督(リーグ戦選抜コーチ)

勝てたのですごい気持ち良かったんじゃないかなと思います。コンバインドチームということで2日間しか練習できなかった中、酒井さんにまとめてもらったりして、内山監督の三連覇に貢献できたんじゃないかなと思います。また、スタンドのリーグ戦の応援は特にすごかったので、選手の力になったと思います。リーグ戦として勝ててよかったです。今日の試合に出たメンバーに関しては、レベルの高いところで一緒に試合を出来たという点ですごく良い経験になったんじゃないかなと思います。中大に戻っても今日の経験を活かしてやってもらえたらなと思います。たくさんの応援ありがとうございました!

酒井 宏之ヘッドコーチ(リーグ戦選抜アップコーチ)

いつも対戦しているリーグ戦の憎っくき選手達が(笑)今回は同じチーム!まるでドリームチームで、一緒に戦えてとても光栄でした。今回僕の役割はウォーミングアップを盛り上げるコーチだったのですが、どの選手も元々力をもっているので、みんながそれぞれ100%、120%の力を出せるように心がけました。こういうコンバインドチームだと、コミュニケーションやコンビネーション不足が原因で、本来の力を出し切れない事が多々あります。そういったことがないように、アップから嬉しい時は笑って、パスを欲しい時はここでほしい等、とにかく感情を出すように伝えました。
良い流れで試合に入り、そのまま80分間やり通せて、選手達も楽しそうだったので、良かったかなと思います。
中大の選手もみんな頑張ってましたね。浜岸は3年連続選出されているので、もうチームのリーダー的な存在だったし、“持ってる”という意味では大地が見せたし、開盛も慣れないポジションをあっさりこなしてたし、天田や井村も短い時間の中で自分の持ち味を存分に出していました。ただその中でMVPと言ったら、他の大学の留学生や大きな選手に負けないくらい80分間身体を張り続けた、鎌野かなと思います。
今日のオールスター戦は、出場した選手もスタンドで見ていた選手も、どちらにとっても良い刺激になったと思うし、良いキッカケになるんじゃないかなと思います。

浜岸 峻輝(主将,4年SO)
※オールスター3年連続選出。12番で先発出場。

リーグ戦選抜が勝てて嬉しかったです。一昨年と去年は途中から出場だったので出る時間が短かったのですが、今年はフルで出させてもらって80分間試合出来たことが楽しかったですね!短い時間でチームを作らなくてはならず、コミニュケーションをとることが一番大事だと感じました。今日中大から6人出たのですが、周りも良い選手ばかりの中でそれぞれが自分達の持ち味を出してしっかり出来ていたので、それをまた持ち帰ってチームに浸透させて、夏合宿にむかいたいたいと思います。春は全然勝てませんでしたが、秋に何が必要か、チーム全体で考えながらリーグ開幕戦に向けて頑張っていきたいと思います!

天田 親吾(4年,HO)
※後半途中出場し、下のボールへの働きなど持ち味を発揮。

スタメンには入ってなかったのですが、途中から出場し、自分の持ち味をしっかり出せたので良かったです。正直、怪我もあったので、自分はオールスターには選ばれないと思っていたので、素直に嬉しかったです。リーグ戦選抜には留学生が何人かいたので心強かったですし、大きい身体の選手についていくプレーが多く、いつもと違った攻めのラグビーが出来て楽しかったです。今日は自分のプレーが何個か出来たというのと、逆にミスもあったので、80点くらいの出来ですかね。今回、技術面では特に合わせてないのにこれだけ良い試合が出来たのは、お互いの思いやりやチーム一丸となるということを意識したのが大きいと思いました。なので、一丸になるということをチームに持ち帰って活かせられたら良いなと思います。


井村 健人(4年,PR)
※後半途中出場。最初のスクラムでゴリ押しし存在をアピール。

前半、留学生を筆頭にFWとBKが一体となって流れを掴めたのが良かったんじゃないかなと思います。レベルの高い選手ばかりで緊張もありましたが、貴重な経験ということで精一杯楽しむ事が出来ました。バラバラのチームが集まっていましたが、楽しむのが一番だと思い、それを一番に考えていました。今日の試合を自分なりに評価すると、85点くらいですかね。(笑)
他のチームの選手と戦ってみて、色々と刺激を受けたので、中大に帰ってそれを活かしたいと思います。

鎌野 健太(4年,LO)
※4番で80分間フル出場。

少し暑かったのできつかったですが、勝てたので気持ち良かったです。選ばれた時はまさかなという思いでしたが、選ばれたからにはしっかりやろうと思いました。結果、100%やりきることができました!!他の学校の選手に対しても出来るだけニックネームや名前で呼んで、短い時間の中でしっかり交流を深められるようにしました。今シーズンの中大は、後半のきつい時間帯に負けてしまっていますが、どんどん声をかけあって自分達で盛り上げていくことでチームの雰囲気も良くなることを学んだので、中大でもこれを活かしていきたいと思います。

伊藤 大地(3年,WTB)
※試合直前にメンバー入り。前半終了間際に勝利をたぐり寄せるトライ。

みんなとても上手くて、自分が活かされている感じがしたし、まだまだ足りないところがたくさん見えました。自分を選んでくれた人達に、感謝の気持ちも込めて、しっかり自分のできる最大限のプレーを見せなければならない、と意識して臨みました。歳上の人達ばかりで、最初はなかなか自分を出せなかったのですが、アップの時に酒井さんも来てくださって、中大の良いノリというのを伝えられるように、まとめるとまではいかなくても自分から声を出すように意識していました。
(前半終盤でのトライについて)最初から前半しか出ないと言われていたので、40分間で自分の出来ることをやらなければならない、結果を残さなければならない、というシビアな状況だったので、気持ちを作っていました。そういった中でしっかり来たチャンスをものに出来たことは大きかったので、これから中大でのプレーに繋げていきたいです。大東の選手のBKのラインアタックだったり、中大にはないラインスピードや1:1の強さなど、周りから学ぶこともあったので、しっかり吸収してチームと自分に活かしていきたいです。

笠原 開成(3年,CTB)
※13番で先発出場し、好タックル連発。

リーグ戦のレベルの高い人達と一緒にプレーをして、松田さんも酒井さんもチームにいて、「対抗戦に勝とう」と短期間でワンチームになれたのが、今日の勝因だと思います。良い試合をして勝つことができたので良かったです。中大の代表であり、リーグ戦の代表であるということで、それに恥じないプレーをするだけでなく、思いっきりプレーしようと心がけていました!留学生との連携もうまく行ったので、自分自身の役割に関しては果たせたんじゃないかなと思います。今日のようなコンバインドチームでは、うまくコミニュケーションを取れない部分があるので、そこを意識して楽しもうと考えていました。見本になるプレーヤーもいたので、ここで学んだことを中大で活かして、今週の立命館大戦に向けてまたラグビーを頑張ろうと思いました。やはり僕は中大が一番大切です!!!

以上となります。
引き続き熱い応援、よろしくお願いします。

関東大学オールスターゲーム

投稿日時:2016/06/26(日) 21:47

いつも熱い応援ありがとうございます。

本日は秩父宮ラグビー場で関東大学オールスターゲームが行われました。
中央大学からは6名の選手が選出され、みんなそれぞれ活躍してくれました。
試合の方も、対抗戦選抜に52-31で勝利をすることができました。
どの選手も堂々とプレーをしており、トライや中大らしいプレーをたくさん見せてくれました。またスタンドではリーグ戦全チームの部員たちが1つになり、大きな声で応援してくれて大盛り上がりな1日となりました。

201606262008_1-300x0.jpg201606262008_2-300x0.jpg

本日は関係者のみなさま、多くの中大一族のみなさま、熱い中たくさんの応援ありがとうございました。秋のリーグ戦に向けて、厳しいトレーニングを積み重ね、勝利を掴めるように”もっと”頑張りたいと思います。

【関東大学オールスターゲーム参加選手】
氏名      出身校  学年
井村 兼人   伏見工   4年
天田 親吾   静岡聖光  4年
鎌野 健太   報徳学園  4年
浜岸 峻輝   東京    4年
笠原 開盛   桐蔭学園  3年
伊藤 大地   東京    3年

【試合結果】
リーグ戦選抜 52-31 対抗戦選抜
(前26,後26)      (前12,後19)

引き続き、熱い応援よろしくお願いします 。
 
 

関東大学オールスターメンバー、関東大学リーグ戦日程の掲載

投稿日時:2016/06/22(水) 13:49

いつも熱い応援ありがとうございます。

6/26(日)に行われます第4回関東大学オールスターゲーム(14:00 K.O @秩父宮ラグビー場)のメンバーが発表されました。
中央大学からは5名の選手がリーグ戦選抜に選出されました。
名前 (学年、出身校)
鎌野 健太(4年、報徳学園)
浜岸 峻輝(4年、東京)
笠原 開盛(3年、桐蔭学園)
井村 兼人(4年、伏見工)
天田 親吾(4年、静岡聖光)

http://www.rugby.or.jp/topics/2016/the_4nd_Kanto_university_All_Star_Game_member.pdf

http://www.rugby.or.jp/topics/2016/the_4nd_Kanto_university_All_Star_Game.pdf


また、秋に行われる関東大学リーグ戦の日程が発表されました。

日にち    相手     場所/時間
9/11   VS拓殖大   熊谷B/15:00
9/18   VS法政大   秩父宮/12:30
10/2   VS関東学院大 熊谷B/14:00
10/10   VS日本大   上柚木/11:30
11/3   VS流通経済大 上柚木/14:00
11/12   VS東海大   秩父宮/14:00
11/27   VS大東大   秩父宮/11:30

詳しくは関東ラグビーフットボール協会のURLで掲載されているので、是非ご覧ください。
そして、グラウンドまで足を運び、応援よろしくお願いします。

http://www.rugby.or.jp/2016/

引き続き、熱い応援よろしくお願いします。
 

専修大学戦 試合後コメント

投稿日時:2016/06/20(月) 17:06

6/19(日)に行われました、専修大学戦の試合後コメントです。

井上 剛士(2年、HO)
FWで取りきるべきところでトライが取れたのは良かったです。特に、ゴール前のモールは今まで練習してきた部分なので、成果が出てよかったです。個人としては、ブレイクダウンの精度が良かったと思います。しかし、勝ち切ることができない点やラインアウトのスローイングのミスは今後、修正していきたいと思います。
次の試合に向けて、自分からもっとチームを盛り上げるプレーをしていきたいと思います。

竹内 悠(1年、PR)
※80分フル出場

今日の試合で良かったところは、今まで課題だった開始20分の試合の入りが良かった点とモールでトライを取りきることができた点です。 今後も意識していきたいと思います。また、今日の試合ではボールをもって積極的にプレーをすることを心がけていて、それを実現することができたので良かったです。しかし、ゴール前でトライを取り切らなきゃならない場面で取り切れなかったり、後半相手のペースに合わせてしまったりしたのでそこは修正し、僕自身もセットプレーの安定、タックルの精度を向上できるように練習に取り組みたいと思います。
次の試合に出場することができたら、スクラムでチームに貢献し、学年に関係なく声を出し続けていきたいと思います。

高橋 真太(2年、WTB)
※2ヶ月ぶりに怪我から復帰

今までの試合で前後半ともに試合の入りが課題でしたが、今日の試合で修正できたので良かったです。BKとして、今週練習してきた前に出るディフェンスは終始取り組むことができました。次の試合でも継続できるように練習から精度を高めていきたいです。しかし、後半はディフェンス場面で差し込まれる部分があり、トライも取られるシーンがあったので、前半と同様に80分間集中力を切らさずにプレーしていきたいと思います。
そして、練習に取り組んできたことを試合で100%出せるように、一日一日の練習を大切にしていきたいと思います。
«前へ