大きくする 標準 小さくする

中央大学ラグビー部ブログ 2017/11/5

関東大学ジュニア選手権 早稲田大学戦 試合後コメント

投稿日時:2017/11/05(日) 22:55

11/4(土)に行われました、関東大学ジュニア選手権早稲田大学戦の試合後コメントです。





三枝 優介(4年,主将,LO)



早稲田大学の早い展開についていけず、練習していることが発揮できずに終わってしまいました。チーム全体でDFを底上げしていかなければまたこういった試合展開となってしまうので、残り流通経済大学戦までの2週間、4年生が中心となってチームを率いていきたいと思います。流通経済、大東文化両チームとも手強い相手なので、中大の目指すロースコアのゲームで泥臭く粘り強く勝ちきれるよう練習していきたいと思います。中大一族のみなさま、今後とも応援よろしくお願いします!





伊藤 大地(4年,副将,WTB)



やりたいことが一つも出来ておらず、DFで受けてしまいました。また、敵陣22mに入ってトライを取りきれなかったことが敗因の一つだと思います。AチームもBチームもCチームも共通して言えることは、具体的なゲームプランがありそれをやれる力がある選手はいるので、それを試合の80分間でしっかりやり切る集中力とコミュニケーションやフィットネスといった細かい部分が必要になってくると思います。後がないので、4年生からしっかり引っ張って結果を残せるようにやっていきたいと思います。





牧野 真也(4年,FWリーダー,No.8)



試合内容もメンタル的な部分も完敗だったと思います。良いATもありましたが、『DFの中大』と言われている中DFで崩れてしまったので、自分達のフィールドで戦えてなかったと思います。組織的なDFが全く機能していなかったというのが率直な感想です。もっと個人的なスキルも磨く必要がありますし、まだまだ自分達が甘かったなと思います。これは今日試合に出た選手だけでなく、チーム全体としての問題だと思います。なので「今回の試合があったからこそ次の流通経済大学戦で勝つことができた」と繋げられるようにしたいです。そのためにも、まずは練習で100%!そして2週間という時間が僕らにはあるので、一人一人がチームファーストで役割を果たすこと。またなんのために中大に来たのか?をもう一度思い出して、チームのために体を張れるということに繋げたいと思います。全員がこれを体現できれば絶対に負けないと思います。今週の練習をやりきって、流経、大東に勝って、絶対に選手権に出場したいと思います!!





白井 吾土矛(4年,BKリーダー,CTB)



Jr.チームもCチームもスコアが開いてしまいました。先週はずっとDFの練習をやってきた中で大量失点してしまったので、日頃の練習から甘い部分があったということの表れだったと思います。それは練習で内容が悪いわけではなく、一人一人の取り組む姿勢が足りていないと思うので、チーム全体として意識レベルを上げなければいけないと思います。

他のチームを気にするのは良くないと思いますが、残りの2試合に勝てば2位という可能性も出てきているので、4年生が中心となって意識高くもって練習に取り組み、絶対に勝ちたいと思います。





以上となります。引き続き熱い応援を宜しくお願い致します。