大きくする 標準 小さくする

~選手インタビュー~ STYLE

<<前へ

2017 STYLE Vol.17 山口 泰弘『全員で闘う』

[STYLE 2017] 投稿日時:2017/12/05(火) 18:27

2017年度選手インタビュー 第17弾は、山口 泰弘選手です。鍛え上げられた肉体を武器にチームの勝利に貢献し、持ち前のユーモアさでいつも周りを明るくする山口選手。目頭を熱くしながら語ってくださった中央大学ラグビー部への想いとラストシーズンへの熱い意気込みをご覧下さい。


 
ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。
 
2人の兄貴がラグビーをやっていたので、乳母車に乗っている時からラグビースクールに行っていました。たしか3才くらいから気付いたら自分もラグビーやっていました。
 
ーー他にスポーツはなさっていましたか?
 
5~6才の時に相撲をやっていました。(1番上のお兄さんは宮城野部屋の相撲取り 四股名 山口)
ーー相撲と異なる、ラグビーの魅力はどんなところですか?
 
中学校で相撲かラグビーかを選ばなければなからなかった時がありました。最終的には、試合に勝った時も負けた時も共有し合える仲間がいるのでラグビーを選びました。
ーーご自身のポジション(SH)の魅力は?
 
ボールを触る機会が一番多いところです。自分のパスでチームが上手くまわると楽しいです。
ーー中央大学を選んだのは何故ですか?
 
日川高校の先輩である渡辺広人さん(2015卒)や赤池海さん(2016卒)にお話を聞き、チームのスピリットに魅力を感じて中央大学にしました。
ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?


 
唯一出た公式戦で、1年生の時の全国大会 京都産業大学戦です。メンバー外だったので、応援メンバーが乗る夜行バスで大阪に向かっていたら、酒井さんから「試合出れる?準備できてる?」と電話を頂きました。1年生の時の目標は、当時の4年生の加藤さんと一緒に試合に出ることでした。もう出れないと思っていましたが、最後の最後にチャンスがまわってきたので印象に残っています。試合には出ないのに、偶然バッグにマウスピースが入っていたのも巡り合わせを感じました。
加藤さんは上手い先輩でしたが中々試合に出られないでいました。それでも諦めずに腐る姿を全く見せず、同じポジションながらこの人なら譲っても良いと思えるような先輩でした。
ーーご自身の強みはなんですか?
 
ウェイトが強い。そこそこ走れる。
ーーラグビー人生で影響を受けた人はいますか?
 
中大ラグビー部のスタッフ陣です。ラグビーだけでなく、人間的な部分も教えて頂きました。思い通りにラグビーが行っていませんが、スタッフの期待に応え恩返ししたいと思っています。思ったより自分が弱い人間だということ、そこから頑張らなければならないということを教えて頂きました。今までは自分が試合に出てどれだけ活躍出来るかを考えていましたが、今はお世話になったスタッフ陣や中大に関わっている方々、仲間のために恩返したいと思うようになりました。
ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?
 
ルーティーンを意識しないこと。
何かが起きた時に臨機応変に対応できるように、前もって準備することです。練習をしっかりやる、体調管理をしっかりするということです。
ーー中央大学ラグビー部が更に強くなるために、何が必要だと思いますか?
 
中央大学の文化である”ラグビー部全員で戦う”ということをもう一度考えなければならないと思います。今までのレガシーを呼び起こすことで、人数が少なくても勝てるチームになれると思います。
ーーでは最後に、ラストシーズンに向けて一言お願いします。
 
いつも多大なるご支援ありがとうございます。応援してくださる方々に恩返しできるよう、試合に出るときは、泰くん頑張れと一言言ってもらえれば頑張れます。自分の応援もそうですが、中央大学が盛り上がるようこれからも応援よろしくお願いします。
ーーありがとうございました。


 
山口 泰弘
1995年6月29日 東京都生まれ。3才からラグビーを始める。2011年 山梨県立日川高校ラグビー部に入部し1年から3年間花園出場。3年時は主将を務める。2014年 中央大学ラグビー部に入部し、1年生ながら全国大会に出場。最終学年ラスト1年にかける思いは誰よりも強い。兄は相撲取り四股名 山口(宮城野部屋)。
 

[インタビュー:巽 友希]
[photo:CURFC]

2017 STYLE Vol.16 森 凌馬『一度決めたことはやり抜く』

[STYLE 2017] 投稿日時:2017/12/04(月) 13:42

2017年度選手インタビュー 第16弾は、森 凌馬選手です。指定校推薦でラグビー部に入部しながらも、常に周りを見て仲間を励まし声を出してチームを支えてきた森選手。持ち前のユーモアさで周りを笑顔にし、忍耐強さを武器にプレーで魅せ続ける森選手のラグビー人生に迫ります。







ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。




お母さんがラグビーをさせたかったらしく、小学校3年生の時に何も知らずに車に乗せられて練習場に行き、やってみたら楽しかったので気付いたら始めていました。



ーー他にスポーツはなさっていましたか?




小1から小6まで少林寺拳法をやっていました。小6の時に黒帯を取りました。家族全員やっていたのですが、母が空手よりも少林寺拳法の精神を教えたかったということで始めました。



ーーラグビーの魅力はどんなところですか?




自分が努力して身体張った分だけ結果が現れるというところです。また、チームスポーツなので仲間との信頼を感じられるところが魅力です。



ーーご自身のポジション(FL、No.8)の魅力は?




FLは自分が走った分だけタックルもボールキャリーもチャンスが巡ってくるところが魅力です。



ーー中央大学ラグビー部を選んだのは何故ですか?




自分の先輩に東海大学の先輩がいて、彼に中央大学について聞いたらすごく楽しい雰囲気でやっていて、AチームもBチームも一緒に練習をやっているというお話を伺いました。指定校で下のチームからスタートしても、自分の頑張り次第で上のチームに上がれると思い入部を決めました。



ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?








去年のジュニア選手権開幕戦の早稲田大学戦です。初めての公式戦で80分間フル出場させて頂き、やっと中大の一員になれた気がしたので印象に残っています。努力は報われるなという達成感と、逆に3年かかってまだジュニアかという歯痒さもありました。



ーーご自身の強みはなんですか?




性格的なことでいうと、”一度始めたことはずっとやりぬく”という母の教えは今も生きていると思います。プレーでは、ビックプレーはできなくても運動量や小さなプレーを重ねていくことは得意です。



ーーラグビー人生で影響を受けた人はいますか?




高校のラグビー部顧問の先生です。半ば強引に入れられてから、ラグビーの楽しさを知りラグビーを好きになりました。先生のおかげで、大学でも続けようと思うようになりました。



ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?




一度自分で決めたことは、自分が納得がいくまではやりきることです。 あと、自分はスポーツ推薦ではなく一般生なので、周りの人のプレーを分析して、自分にどう生かせるかを考えるようにしています。



ーー中央大学ラグビー部が更に強くなるために、何が必要だと思いますか?




長所を伸ばすといいと思います。高3の時に東海大戦を観に行きましたが、1人も欠けることなく応援していてすごいチームだなと思いました。そういったノリやチーム力をもっと高めて試合に還元できればもっと良くなると思います。



ーーでは最後に、ラストシーズンに向けて一言お願いします。




一般入部の自分をここまで受け入れて頂き、同じ環境で練習させて下さった関係者の方々には本当に感謝しております。このご恩を返せるよう、メンバーに入って中大の勝利に貢献できるように一日一日やっていきたいと思います。応援よろしくお願いします!



ーーありがとうございました。








森 凌馬

1995年11月26日 神奈川県生まれ。小学3年生からラグビーを始める。2011年 神奈川県立生田高校ラグビー部に入部。2014年 指定校推薦で中央大学に入学しラグビー部の門を叩く。今ではグラウンド外でもモノマネや芸ネタでチームを盛り上げる。



[インタビュー:巽 友希]

[photo:CURFC]

2017 STYLE Vol.15 播谷 直紀『感謝し、期待に応える』

[STYLE 2017] 投稿日時:2017/12/03(日) 11:08

2017年度選手インタビュー 第15弾は、播谷 直紀選手です。中大一キレのあるステップワークを武器に、チームにトライをもたらします。ウェイトリーダーとして寮でのウェイトを管理し、身体作りからもチームの勝利に貢献する播谷選手のラグビー人生に迫ります。


 
ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。
 
5才の時に近所の子供がやっていて、その親に誘われて始めました。
ーー他にスポーツはなさっていましたか?
 
小学校はラグビーとサッカーをやっていました。中学校に入ってから陸上部とラグビーを両立していました。
ーーサッカーや陸上と異なる、ラグビーの魅力はどんなところですか?
 
陸上と違うのは、チームスポーツなのでみんなと一つの目標にむかってやっていくという楽しさがあるところです。
ーーご自身のポジション(WTB)の魅力は?
 
WTBはトライすることができ、花のある目立つポジションなところが魅力です。
ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?


 
高校3年生の花園の試合です。ベスト8まで行きましたが、大舞台で試合をできた事と、引き分けでしたがトライ差で次に勝ち進めなかったので印象に残っています。この試合から、一つの目標にむかって頑張った時の達成感を学びました。
ーーご自身の強みはなんですか?
 
ステップワークです。
ーーラグビー人生で影響を受けた人はいますか?
 
報徳学園に入って梶村(現明治大学)というすごい同期がいたのですが、ラグビーや意識の面で尊敬でき見習う部分ばかりでした。
ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?
 
小さい頃からずっとラグビーを続けてこれたのは、親や今まで応援してきてくださった方々のおかげです。そういった方々に「感謝し、期待に応える」ことを常に考え大切にしています。
ーー中央大学ラグビー部が更に強くなるために、何が必要だと思いますか?
 
人数が少なくチームがまとまっているのが中大の良さだと思うので、他大学にはないチームワークの良さを更に良くしていくことが必要だと思います。
ーーでは最後に、ラストシーズンに向けて一言お願いします。
 
リーグ戦優勝、ベスト4という目標達成に貢献出来るように頑張りたいと思います!
ーーありがとうございました。


播谷 直紀
1996年1月3日 兵庫県生まれ。5才からラグビーを始める。2011年 報徳学園高校ラグビー部に入部し2年から花園出場。3年時にはラグビーマガジンが選ぶ花園ベスト15に選出される。兵庫県高校代表。2014年 中央大学ラグビー部に入部。1年時から怪我に泣いてきたが、誰もが復帰を熱望するキレキレのトライゲッター。
 
[インタビュー:巽 友希]
[photo:CURFC]

2017 STYLE Vol.14 中野 龍之介『一歩前へ』

[STYLE 2017] 投稿日時:2017/12/02(土) 22:04

2017年度選手インタビュー 第14弾は、中野龍之介選手です。中学からラグビーを始めPR一筋。花園という全国大会での経験を活かし、中大でも当時の思いを胸に勝利に貢献する中野選手。「一歩前へ出たい」と語る中野選手のラストシーズンにかける熱い思いに迫ります。


 
ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。
 
中学校にラグビー部があり、友達が入部したのをきっかけに僕も始めました。
ーー他にスポーツはなさっていましたか?
 
小学校まで剣道をやっていました。剣道は個人競技ですが、ラグビーはチームプレーなので新鮮で面白かったです。
ーー何故中央大学に入部されたのですか?
 
佐賀工業時代の先輩が行っていたこともあり、中央大学を選びました。
ーーご自身のポジション(PR)の魅力は?
 
自分みたいな体型の人間でも活躍できる場所は、まさにPRだと思います。
ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?

 
高校最後の花園で負けた試合です。後半20分に出場して、凄まじく大きいミスをしてしまいトライを取られてしまいました。その記憶が残っていて、それを取り返したくてずっとラグビーを続けています。
ーーご自身の強みはなんですか?
 
スクラムやモールでのプレーです。
ーーラグビー人生で影響を受けた人はいますか?
 
高校時代の監督の小城 博さんです。ラグビーだけではなく人間的な面でも影響を受けました。ラグビーに対して真っ直ぐな人で、そこを尊敬しています。
ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?
 
自分が一歩引くタイプなので、引かずに一歩前に出れるようにしています。
ーー中央大学ラグビー部が更に強くなるために、何が必要だと思いますか?
 
人数が少ない中でも本当に雰囲気が良いチームだと思うので、全員で一丸となって全員で一つのチームとしてやればもっと良くなると思います。
ーーでは最後に、ラストシーズンに向けて一言お願いします。
 
4年間数え切れないくらいお世話になっているので、中大の1人としても4年生としても恩返しできるように頑張りたいと思います!
 
ーーありがとうございました。

中野 龍之介
1995年4月12日 福岡県生まれ。小学校まで剣道を続け、中学校からラグビーを始める。2011年 佐賀工業高校ラグビー部に入部し、2、3年時に花園出場。高校佐賀県代表。2014年 中央大学ラグビー部に入部。身体を張った忍耐強いプレーが持ち味。
 

[インタビュー:巽 友希]
[photo:CURFC]

2017 STYLE Vol.13 床田 裕亮『仲間を気遣う』

[STYLE 2017] 投稿日時:2017/12/01(金) 13:30

2017年度選手インタビュー 第13弾は、床田 裕亮選手です。昨年の怪我を乗り越え、スクラムの最前線で身体を張り、声を出し続ける床田選手。不動のPRとして勝利に貢献し相手から恐れられる存在ですが、くしゃっと笑った笑顔にいつも癒されます。そんな床田選手のラストシーズンにかける熱い想いに迫ります。


 
ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。
 
お父さんがラグビー好きで、小学校3年生の時に無理やり連れて行かれました。
 
ーー他にスポーツはなさっていましたか?
 
小学校1年生から中学校2年生までは水泳をやっていて、トップスイマーでした。週6で泳いでいて、学校行く前も朝練習をしていましたし、本気でやっていました。
ーー水泳と異なる、ラグビーの魅力はどんなところですか?
 
私がおしゃべりなので、水泳は話せなくて1人の時間が多く、自分に合っていませんでした。逆に、ラグビーは常にコミュニケーションをとれるところが魅力です!
ーーずっと同じポジションですか?
 
小中はBKをやっていて、凌馬と吾土矛と同じラグビースクールで同じポジションでした。
ーーご自身のポジション(PR)の魅力は?
 
他の人がやらないことをやるところです。きついですが、他の人がやらないポジションをやっているのでプライドをもってやっています。
ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?


 
高校3年時の花園決勝です。初めてあんなに大きな舞台で、観客も多く、グラウンドで大声出しても届かないものなんなんだということを知りました。初めての事が多かったので、印象に残っています。普段から試合ではあまり緊張しないのですが、初めて緊張しました。高校時代にあの人数を味わったからこそ、今では試合で緊張しないのかもしれません。性格が楽観的なのもありますが、、、
ーーご自身の強みはなんですか?
 
声を出すところです。
ーーラグビー人生で影響を受けた人はいますか?
 
高校の監督とコーチです。高校になってポジションが変わりましたが、桐蔭学園に入って本当に良かったなと思います。中学の頃はあまり上手くなかったのですが、周りのレベルも高いと自分もめちゃくちゃ成長できるんだなと思いました。桐蔭学園に入ったからこそ自分が努力することができたし、良い仲間やスタッフにも出会えて、成長することができました。人もですが、桐蔭学園という場所が良い影響を与えてくれました。
ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?
 
仲間を気遣うことです。高校時代は人数が多く同期でも話さない人もいましたが、中大は人数も少なく、仲間意識が強いということを感じています。
ーー中央大学ラグビー部が更に強くなるために、何が必要だと思いますか?
 
人数が少ない分、チームが一丸となって戦っていくこと。そのためには、リーダー陣4人に任せっきりにすることなく、役職についていない4年生も引っ張っていく必要があると思います。
ーーでは最後に、ラストシーズンに向けて一言お願いします。
 
去年の冬の怪我で長期離脱をして迷惑をかけてしまいました。今年の春夏も4年生が試合に出れず迷惑をかけてしましました。今年は去年のシーズンのリベンジも兼ねて結果だけを求めてやっていくので、応援サポートよろしくお願いします!
ーーありがとうございました。


 
床田 裕亮
1995年5月10日 神奈川県生まれ。小3からラグビーを始める。2011年 桐蔭学園高校ラグビー部に入部し、2年時から花園出場。3年時は花園準優勝。高校全神奈川県代表に選出される。2014年 中央大学ラグビー部に入部し、1年からメンバー入り。
 

[インタビュー:巽 友希]
[photo:CURFC]
«前へ

<< 2018年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31