大きくする 標準 小さくする

~選手インタビュー~ STYLE 2013/8

vol.14 羽野一志『ラグビーに出会えたことが運命と感じる』

[STYLE 2013] 投稿日時:2013/08/30(金) 21:41

選手インタビュー第14弾は羽野一志です。
幼少時代に姉の背中を追いかけ、目指したスポーツがバスケットボールだった羽野一志選手。決して先を見据えてラグビーに夢中になったわけではなく、今現在ラグビーを続けているのは、人並みはずれた『負けず嫌い』の性格そのものです。日本代表に選出されても決して驕ることなく、仲間を大切にする性格は、人一倍努力している証でもあります。
ラグビーの世界に飛び込んだ経緯や、今後の目標をインタビューしました。

(取材日:平成25年8月23日)






 

~選手インタビュー~ 「STYLE」 vol.14 羽野一志『ラグビーに出会えたことが運命と感じる』

201308302156_1-350x0.jpg
















——出身はどちらですか?

愛知県の名古屋市です。名古屋駅から車で10分ぐらいのところに実家があります。

——ラグビーはいつから始めましたか?

中学一年生から始めました。入学してバスケットボール部が無かったので実は卓球部に入部しようと思ったんですが、親から走るスポーツをしてくれと言われました(笑)。そこで姉の仲の良い先生がラグビー部の顧問をしていて、姉の勧めもあってラグビー部に入部しました。

——やりはじめの頃はどこのポジションでしたか?

最初は第一センター(CTB)でした。今で言うとインサイドセンター「12番」ですね。中学の頃は12人制だったので、そう言うポジションでした。

——ラグビーの魅力はどこですか?

タックルですね。タックルが出来るようになってから楽しくなりました。それが中学2年生の頃だったと思います。

——ラグビーをはじめてからは、ずっと続けようと考えていましたか?

いえ、高校に入学したらバスケットボール部に入ろうと考えていました。

——そこでラグビーを続けた理由は何ですか?

僕も正直わからないんですよ。でも中学最後の大会(愛知県選抜)で負けてしまって、それで僕の『ラグビー魂』に火がついた感じですね(笑)。その悔しさで、愛知県で一番ラグビーの強い高校(名古屋市立西陵高等学校)に入学しようと決意しました。

——西陵高校に入学して、藤井さん(昨年度主将)と出会った訳ですね

はい。最初はめちゃくちゃ怖かったですね。鬼みたいな人でした(笑)。とにかくキャプテンシーが強くてチームを引っ張る存在で、妥協をしない頼れるキャプテンでした。

——中央大学を選んだ理由を聞かせてください

実は別の大学に入学したいと考えていましたが、他の選択を考えざるを得なくなり、、、、だったら一つ上の藤井さんがいる中央大学だと、迷わず決めました。中大に入れば、知っている先輩もいるし、とにかく楽しみながらラグビーが出来れば良いのかなって考えていました。

——入学してから考え方は変わりましたか?

そうですね、最初は試合に出れなくてもいいやと思っていました。でも持って生まれた負けず嫌いの性格のせいか、同期にも負けたくなかったし、年上の先輩にも負けたくなかったんです。とにかく1年1年がむしゃらにラグビーに集中するようになりました。

——その負けず嫌いの性格が、数々の日本代表選出に繋がっていますね

たしかにそうですが、僕は一度たりとも代表(日本)に入りたいと思ったことはないんです。中央大学で試合に出始めて、代表関係の人の目に留まって、色んなセレクションに呼んでもらいました。そこでも周りに負けたくなくて、一生懸命プレーした結果が代表に繋がったと思います。

——セブンズ(7人制ラグビー)代表で戦って、気持ちも変わりましたか?

1年の終わりから代表候補に選出してもらったんですが、その当時はメディアも盛り上がりに欠けていました。しかしオリンピック種目(2016年ブラジル・リオデジャネイロ開催)に決まってから、周りが盛り上がってきましたね。そのタイミングから代表でプレーする度に、取材も多く受け始めて、自分自身のラグビーに対する意識も変わってきました。

201308302156_2-350x0.jpg















——今年のセブンズ・ワールドカップ(6月/ロシア開催)を経験して、中央大学に浸透させたいことはありますか?

代表の人たちは、技術面よりも練習に対する準備だったり、ラグビーに対する意識が違います。何かあったらラグビーのことを考えていますし、練習前もしっかり準備しています。技術面は指導者がいるので、あえて選手たちが考えることではないと思っています。選手自身がやらなければならないことを妥協せずにしっかりやることですかね。僕はその代表選手たちの背中を見続けてきたので、その辺を今のチームに浸透出来たらいいなと考えています。

——今年が最後の大学ラグビーです。何か思いはありますか?

あまり考えてませんね。これでラグビーが終わるわけではないし、次のカテゴリーでも続けるので、感慨深いものも正直ありません。僕の大学ラグビーは通過点に過ぎません。でも、同期の中には大学でラグビーを終える人もいますから、その仲間とこの瞬間を大切にして、力を出し切りたいと思います。僕は入学当初から1年1年完全燃焼するように心掛けていましたから、それを継続するのみです。

——ラグビーを続けてきた中で支えなになった人物はいますか?

まず、このラグビーというスポーツを教えてくれた、中学校の顧問には感謝しています。帰省するとご飯を奢って頂けますし。。。(笑)でも一番は親ですかね。僕は頑張り過ぎてしまう面があるので、両親は良い意味で「適当に頑張ればいいから」と声をかけてくれています。「痛かったら辞めていいんだよ」とか「辞めたくなったら無理して続けなくていいから」って(笑)。

——お母さんがよくカレーライスを作ってくれるらしいですね

はい、以前ラグビー雑誌の取材で、好きな食べ物をカレーライスって言ったんです。そうしたらお母さんが、「あなたの好きなカレー(ライス)だよ」って、実家に帰省する度に作ってくれています(笑)。メディアは怖いですねぇ。。。直接言わなくても母親に通じてしまっているので。

——取材を受ける機会も増えたと思いますが、メディアに対しての思いはありますか?

僕がメディアの人と大きく関わりを持ったのが、今年のセブンズのワールドカップです。その時のメディアの方は、大会に帯同してくれて、ラグビーの事を全く知らずに取材された方でした。しかし大会が進むに連れてファミリーになるのがわかったし、しかもこの素晴らしいラグビーの良さを広めてくれようとしてくださっているのが手に取るようにわかったんです。ラグビーは素人かもしれませんが、色々と声をかけてくれたりして非常に新鮮で心に響きました。でも、囲み取材は今でも怖いですね(笑)。

——今年の目標を聞かせてください

そうですね、この夏合宿は厳しい戦いが続いています。でも目標は変えずにシーズン最初に決めた目標(大学選手権準決勝進出)を貫きたいですね。何よりも監督やコーチ陣、応援してくださる皆様の期待に応えたいと思います。

——羽野選手にとって『ラグビー』とは何ですか?

えっ!?それってBS朝日で放映している「ワイルドな奴」(ラグビーウィークリー)じゃないですか?(笑)。僕にとってのラグビーですか?何だと思います?。。。何ですかね、言葉では表しにくいですね。やりたくて始めた訳じゃなく、なりたくて代表に入った訳じゃなく。。。でも今の自分がいる訳なので、運命としか言いようがないですね。今までも、そしてこれからも、自分の人生を導いてくれたものが、ラグビーだと思いたいです。

——ありがとうございました








(インタビュー&構成:小宅崇)
[photo:CURFC]

【"W"STYLE】vol.1 山本裕貴×山田英士

[STYLE 2013] 投稿日時:2013/08/17(土) 21:42

ダブル選手インタビュー第1弾は山本裕貴と山田英士です。


57人の部員の中に、2人だけ受験戦争に勝ちあがったラガーマンが中央大学ラグビー部にいます。
『中央大学法学部』に在籍し、厳しい授業単位を取りながら、激しい練習をこなしている2人です。
今回は、そんな2人「山本裕貴」と「山田英士」の両3年生にスポットをあててインタビューしました。
一般学生だから見える苦悩、楽しみ、仲間やライバルのことなど、今後の彼らに注目してください。


(取材日:平成25年8月14日)

 


~選手インタビュー~ 「"W"STYLE」 vol.1 山本裕貴×山田英士

 『英士がいなかったらラグビー部を続けられなかった』 (山本)

 『一番勝ちたいのは羽野さんです』 (山田)

 

 


――今日で直前合宿5日目です。疲れはありますか?

(山本)そこそこ身体にきています。

(山田)腰を痛めた感じですかね。羽野さん(一志・4年)にきれいなタックルされたんですよ(笑)。


――では本題に移りましょう。まずそれぞれの自己紹介をお願いします


(山田)法学部3年の山田英士です。大学での好きな授業は、体育のバドミントンです(笑)。ラグビー歴は高校3年からですので、
    今年で4年目です。

(山本)法学部3年の山本裕貴です。ポジションはスクラムハーフです。好きな授業は「ゼミ」ですね。一番楽しく勉強できています。
    ラグビー歴は今年で15年目です。

(山田)6歳からなんだ。。。

(山本)そうなんだよ。


――ラグビーを選んだ理由を聞かせてください


(山本)親の勧めです。半ば強制?ですけど。。。(笑)小さい頃に親からの選択肢の中にラグビーしかなくて。でも好きじゃなかった
    らここまで続けてはいなかったので、好きで飛び込んだ世界だと思います。

(山田)自分は、高校2年まで剣道部だったんです。その後は勉強だけの時間しかなく、何かスポーツを探していました。そうしたらラ
    グビー部の友達に誘われ、見学に行ったら顧問にラグビーを語られ、その勢いで入部しました。

(山本)でも、最初にラグビーの練習を見たら大体の人は引かない?

(山田)うん、引いた(笑)。元々剣道部だったしね。

201308172151_1-350x0.jpg
 















――2人とも受験で中央大学の合格だったと思いますが、進学が決定したタイミングで入部を考えていましたか?


(山本)そうですね、どこの大学に進学しても続けるつもりでいました。まさかスポーツ推薦だらけの集団とは思っていなかったですね
    (汗)。

(山田)僕は、高校のラグビー部に入部し、三ヶ月でレギュラー獲得できたんです。その当時は自分がうまい!って勘違いしていまし
    た。だから大学でも当然のように続けることしか考えていなかったです。今思うと結構奢りみたいなものがあったかもです。


――実際に入部してみてどうでしたか?


(山本)実は、、、2人で何度辞めようと思った事か、、、、

(山田)うんうん。

(山本)最初は2年生に上がるタイミングで、その後は今年の最初ですね。


――辞めようと思ったところは何だったのですか?


(山本)とにかくレベルが高すぎました。

(山田)僕なんか入部して4日目で、泣きながら高校時代の監督に電話しました(苦笑)。だって日本代表がいるチームなんですよ!

(山本)俺もそれは思ったよ!


――辞めずに続けている理由は何ですか?


(山田)その当時、4年生の宇賀神さん(文彦・2011年度卒)が同じような境遇だったのを聞かされたんです。日々努力していれば絶
    対に上手くなれるしって言ってくれました。僕は、全くの初心者で入部したんです。周りを見ても高校時代に大活躍した仲間だ
    らけで、会話にもついていけなかったんです。けど、ラグビーって楽しいので、根底にはその気持ちが強かったですね。

(山本)宇賀神さんの言葉とプレーには物凄い説得力があったよね。僕は、最初に辞めたいと思ったときに、親が高校時代の作文を
    見せ付けてきたんです。どんな内容かって言うと、高校最後の試合で負けた時の気持ちを文字に残していたんです。親はそ
    れを見せて「自分で判断しろ!」と言っていましたが、続けてほしいんだなって子供心に感じました。そして、もうちょっと今は出 
    来るような気がしています。英士は自分よりも生き生きしていると思いますよ。吹っ切れている感じがしますね。

(山田)確かに吹っ切れていると言われれば、吹っ切れているかもね。あとは自分の性格をわかってくれている親友から応援されて、
    高校時代の仲間には、Aチームで出場したらプラカード作って応援に来てくれる!って声をかけてくれているんで、その思いが
    僕の背中を押してくれている感じがするんだよね。

(山本)すごい!良い仲間だね!

201308172151_2-350x0.jpg

















――中央大学ラグビー部で目指していることを教えてください


(山本)僕は、レギュラーになるとか、試合に出るとか、具体的な目標があればいいなぁって思ってはいますが、まずは中大ラグビー
    部で4年間を過ごしたいなと思っています。一つのこと、ましては強豪校で4年間継続出来た感覚が欲しいのかもしれません。
    これからの過ごし方で具体的な目標が出来るんじゃないのかなって思います。

(山田)僕はラグビーで認めてもらえる選手になりたいですね。1年生の頃はとにかくラグビーの楽しさだけしかなかったんです。最近
    は、「英士上手くなったな!」って言われる回数が多くなったので、4年間でみんなをうならせたいですね。僕が下手なときを知
    っている先輩に、試合に出場している姿をみせられるようにしたいです。

(山本)それは俺も思うよ。「えっ!山本が試合に出てるんだ!」って驚かせたいですね(笑)。


――一般入学生にしか出来ないこともあると思いますが


(山本)そうですね、確かにスポーツ推薦の選手より劣っているところはわかります。でも一般学生でも通用するところとか、上回って
    いるところもあります。時間をかけて、その上回っているところを増やして行きたいと思います。

(山田)1年のときに、完至(松井・3年)から「英士は伸び代(のびしろ)しかないから」って言われてたんです。僕も確かに納得してま
    すし、一般学生だからといって誰にも敵わないって思ってもいません。


――お互い仲の良い選手はいますか?


(山本)本人目の前にして言うのも照れますが、英士がいなかったらラグビーを続けられたかわかんないっすね。同じ立場の人がい
    るのといないのとでは雲泥の差なんですよね。

(山田)僕はちょっと裕貴には絶望したんです。入学した当初に、一般学生はお前だけではないって言われていたんです。その相手
    が裕貴なんですけど、(山本を指差し)花園出ていますからね(笑)。しかもオール富山のキャプテンだし、俺の仲間じゃない!
    って思っていましたよ(笑)。

(山本)なるほどねぇ・・・(笑)。思考は完全に一般学生だったんだけどなぁ(笑)。

(山田)・・・で、僕はこいつだ!って仲間はいませんね。正直誰とでも仲良くなれるし、実際誰とでも仲が良いと思います。自分、変な
    ところで消極的な人間なので、絡んでくれると仲良くなれます(笑)。


――ではライバルは誰ですか?


(山本)部員紹介でも公言していますが、同じポジションの加藤(友彬・3年)ですね。ライバルというか目標ですかね。

(山田)ライバルかぁ。。。そうですね、一番勝ちたいのは羽野さんです(笑)。

(山本)羽野さん倒したら最強だもんね(笑)!

(山田)この人に勝ったら、大学ラグビー界で俺は最強のスター!ってことですからね(笑)。

(山本)だから羽野さんに「スペ3(スペードの3)」って呼ばれてるんだよね!

(山田)羽野さんは、ジョーカーに例えられていて、よくピッチ上でマッチアップする機会があるんです。抜いたり止めたり出来ていたと
    きがあったので、そう呼ばれるようになりました。

(山本)「スペ3」って他には弱いんですが、最強のジョーカーに勝てる・・・トランプの大富豪に例えられているんです(笑)。(山田に)
    今日のAD(アタックディフェンス)の時にもそう呼ばれていたよね。

(山田)うん(笑)。


――今シーズンへの思いを聞かせてください


(山田)去年はジュニアのメンバーに3試合選ばれたので、それ以上です。あと1試合でいいのでAチームに絡めるようにしたいです
    ね。

(山本)自分も昨年以上です。大きく言うと「1・2年の山本と違う!」ところを見せていきたいですね。


――ありがとうございました

201308172151_3-350x0.jpg































(インタビュー&構成:小宅崇)
[photo:CURFC]

vol.13 加藤大翔 『ラグビーって人を引きつけて人を繋げるもんだと思う』

[STYLE 2013] 投稿日時:2013/08/14(水) 13:30

選手インタビュー第13弾は加藤大翔です。
英語力を得意とし、今年3月に開催された『東京セブンズ2013』では、サモア代表の通訳を
つとめるなど、チームには欠かせない存在であります。
スポーツをロジカルに捉え、探究心を忘れず、チームの為に働き続ける裏側には、幼少時代に
出会った「スポーツ」への感謝が込められています。
決して表舞台に立てない立場ですが、ラグビーのこと、中央大学ラグビー部に対する思いをインタビューしました。
 
 
(取材日:平成25年7月27日)
 
 




 

~選手インタビュー~ 「STYLE」 vol.13 加藤大翔 『ラグビーって人を引きつけて人を繋げるもんだと思う』201308141725_1-400x0.jpg

 

--出身はどちらですか?


東京の渋谷区です。その後すぐに父親の転勤で神戸に行きました。その当時、主務の大志(堀・4年)とは全く知らない関係でしたが、お互い近くに居たらしいです。


--お父さんの仕事で海外に行ったそうですね


はい、小学校に入って直ぐにイギリスのロンドンに約三年行きました。父親が僕と同じ頃、アメリカにいたそうで、同じ教育を受けさせたいとの事で、アメリカンスクールに通いました。


--日本語を学んで行こうとする幼少期に海外での生活はどうでしたか?


英語を全く勉強していかなかったので、辛い印象しかなかったです。全く言葉は通じないし、「なんで、こんなところにこさせられたんだ!」って思ってました。


--その嫌な生活が一転した事があるそうですね


はい、イギリスってサッカーが物凄く盛んなんです。日本にいる頃からサッカーは好きだったので、サッカーでコミュニケーションを図るようにしました。その時に感じたのは、スポーツってコミュニケーションに言葉はいらないんだなって感じました。


--帰国してからラグビーを始めたそうですね


中学校から東京の玉川学園でプレーしました。競技としては高校まで行って、中央大学に入学してからは、サークルで続けました。ポジションはずっとフランカー(FL)です。今からは全く想像つかない体型なんですが…(笑)


--そこで、何故ラグビーを選びましたか?


理由は、ケーブルテレビで2003年のラグビーワールドカップを観たんです。その時、ニュージーランドのカルロス・スペンサーと言う選手のプレーの格好良さに惹かれました。とにかく格好良かったんですよ~。


--中央大学に入学してから続けようと思いませんでしたか?


大学に入った目的が、よりスポーツを多角的に学びたかったんです。その前に中央大学ラグビー部は名門であることは、入学前からわかっていましたから…


--中央大学ラグビー部に外務として入部を決めた経緯を教えてください


二年次に経験したインターン(シップ:就業体験)とゼミですね。よりラグビーに対して、研究を深めていきたい気持ちが強く、ましてはトップリーグチームの運営に携わることが出来た経験を活かしたかったからですね。


--入部希望を誰に伝えましたか?


最初は中野さん(昨年度主務)ですね。そこから松田監督に会うことが出来、色々話したんです。その当時、チームとしての課題を聞かせてくださって、僕の研究や経験を欲して下さっているのがわかったんです。最初のフィーリングで即決しましたし、松田さんの求心力に惹かれました。


--途中からのチーム合流でしたが、戸惑いはありませんでしたか?


めちゃくちゃありました。どう接していいのかわからなかったです。僕みたいなポジションは、前年度までいなかったですし、周りも何をチームに貢献してくれるのかもわからなかったはずでしたから。でも、合宿など密に接する機会があって直ぐに溶け込めましたね。

201308141725_2-400x0.jpg



















--不安な気持ちを払拭してくれた仲間は誰でしたか?


悠介(高崎・4年)と大志ですかね。最初の遠征時に同じ部屋でもあったので、直ぐにフレンドリーになれました。


--外務からみた今年の4年生はどうですか?


ヤマキ(山北純嗣キャプテン・4年)が引っ張っているんですけど、4年生全員で支えているチームって感じかします。


--4人の女子マネージャーはどうですか?


とにかく働くマネージャーです!一般学生としての入部は、役割関係なくほんの一部なんです。人を敬ったり、上下関係に対して気を使ったりして、今時の大学生より出来てる娘たちですね。

 


--チームに対してはどう感じていますか?


組織の色が昨年と比べて変わりましたね。酒井さん(HC)と謙吾さん(渡部コーチ)がチームに加わってくださって、影響力が凄いと言うか、何かやれる気がするんですよね!


--二年目の合宿に向けて感じるところはありますか?


一年の中で、外務は合宿が一番忙しいと思います。怪我人の対応したりとか、グラウンドに行って荷物を運んだりとか、写真撮ったりとか…とにかく大変なんです。でも、それが僕のやり甲斐なんですよね!


--今年の目標を聞かせてください


正月を越すことですね。ラグビー界、どのカテゴリーでも"正月を越すこと"って美学があるんですよね。このチームで正月を越すこと目標に頑張りたいですね。その目標達成のために、自分がやらなければならないことを明確化していきたいです。


--最後にラグビーの良さを教えてください


良さですが…難しいですね。ラグビーは、仲間と言うか人の繋がりじゃないですかね?人を引きつけて人を繋げるもんだと思います。そこに凄い魅力を感じています。


--そう聞くと幼少時代に経験した事が、加藤さんを成長させていますね


なんだかんだ言って、コミュニケーションを必死に取ろうとして、グラウンドに飛び出していったイギリスの経験が、小さいながらも大きな転機のような気がしますね。


--ありがとうございました







(インタビュー&構成:小宅崇)
[photo:CURFC]