大きくする 標準 小さくする

~選手インタビュー~ STYLE 2015/11

rss

2015 STYLE Vol.10 久住祐輝『ラグビーが出会わせてくれた仲間達』

[STYLE 2015] 投稿日時:2015/11/26(木) 23:28




2015年選手インタビュー第10弾は、久住祐輝選手です。中学からラグビーを始め、高校時代はBKの様々なポジションを経験し活躍されていました。インタビューは今までで最長の録音時間となり、話が尽きないほどたくさんの意外な一面を知ることができました!ラグビーの魅力を「仲間に出会えたこと」と語った久住選手。そんな久住選手のラグビー人生に影響を与えたのは、一体どんな方々だったのでしょうか?

(取材日 :2015年7月26日)



2015 選手インタビューシリーズ Vol.10  久住祐輝『ラグビーが出会わせてくれた仲間達』


201511270053_1-400x0.jpg

ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。


地元の公立中学校にラグビー部があったのですが、まずこれ自体がすごく珍しいことでした。そこに小学校の2個上の先輩がいて、誘われるがままに体験入部に行ってみました。「どうせつまらないだろう」と思っていたのですが、やってみると案外楽しくて、そのまま入部を決めたのがラグビーを始めたきっかけです!

ーー何か他にスポーツはされてましたか?


小学校の頃にサッカーやテニスをやっていました。あとピアノもやってました。(笑)

ーー何故、中央大学ラグビー部に入部したのですか?


色んな方とお話をしている中で、中央大学がFBやWTBの選手を探しているというお話を高校の監督から伺いました。それから観に来てくださった試合は怪我で出れなかったのですが、その少し後の公式戦をたまたま観に来て下さり、声をかけて頂きました。相手は高や黒崎がいた明和県央高校で、松田監督と浩二さん(現アドバイザー)がいらして下さいました。

ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合はありますか?

中大に入って初試合の帝京大1年戦です。

201511270053_2-400x0.jpg


ーーラグビーを続けてきて良かったことはどんなことですか?

ラグビーをやっていなかったら出会えなかったような人達と出会えたことです。一生関わるはずのないような仲間に、ラグビーが出会わせてくれました。

ーーこれまで、久住さんのラグビー人生に影響を与えた人はいますか?


東京高校の1つ上に野々上さんという先輩がいて、そのお父さんが常に自分を気にかけてくれていました。その方は法政大出身のラグビー経験者で、自分がダメすぎて見かねたのか分かりませんが、練習中つきっきりで1:1をやってもらったりしました。今でもとても感謝しています。

ーー尊敬されている方に、OBの山本さん(2014年度卒 SH)をあげられていますが、どんなところを尊敬されていますか?

山本さんの代には、同じポジションに加藤さんという高校日本代表候補になっていた人がいました。そんな人がいる中でも4年間腐らずにずっと練習をやり続けて、試合に出れなくても心から加藤さんを応援している姿を見ていつもすごいなと思っていました。

ーーWTBというポジションの魅力はどんなところだと思いますか?


中学~高1までCTBをやっていましたが、AチームやBチームに上がった時はWTBをやっていました。高3ではFBをやっていて、大学に入った当初はSHをやっていました。今はめぐりめくってWTBに戻りました。
WTBの魅力は、ボールを持って走る時は、得点に繋がるか繋がらないかといった、二者択一であるところが好きです。

ーー色々なポジションをなさってきたのですね。他にやってみたいポジションはありますか?


FLをやってみたいです!スクラムを組んでいて、一番内から出るじゃないですか!そういうのを見ていると、俺の方がもうちょっと早いかな??俺の方がもっとプレッシャーかけられるかな??と思うので(笑)

201511270053_3-400x0.jpg


ーー今期のBKの印象はどうですか?


今の4年生は個が強くて協調性がないように見えていますが、実は上手くまわっています!

ーー中大ラグビー部の良さはどんなところだと思いますか?


他の大学の話を聞くと、監督やコーチにビビっていたり、4年生と1年生が仲が悪いと言った話を耳にします。中大は選手同士が仲良いし、監督やコーチ陣も含めて全員が仲が良く、和気あいあいとしていて壁がないのが良いところだと思います。

ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?


楽しむ!Enjoy rugby!

ーーラグビー部の誰かに一言どうぞ。


新波(長谷川 3年)へ、もっと図々しくなれ!

ーーでは最後に、ラストシーズンに向けて一言お願いします。


自分らしく楽しんでやっていこうと思います!

201511270053_4-400x0.jpg




ーーありがとうございました。





≪個人プロフィール≫




201511270053_5-144x0.jpg

久住祐輝(くずみ ゆうき)
1993年12月1日 東京都生まれ。
中学からラグビーを始め、東京高校では1年から3年連続花園出場。2010年 千葉国体 東京都高校代表。2014年 東日本都道県大会 東京都選抜メンバーに選出され優勝に貢献する。








[インタビュー:巽友希]
[photo:CURFC]


 

2015 STYLE Vol.9 西野嘉修『日々の行い、準備から』

[STYLE 2015] 投稿日時:2015/11/19(木) 22:53



2015年選手インタビュー第九弾は、西野嘉修選手。夏合宿ではMVPにも選ばれ、今やAチームのLOとして不動のレギュラーを確立。佐藤りゅうせいコーチからは「俺が日本代表の監督だったら、将也(山本4年,HO)と西野は絶対にメンバーに選ぶ!」と言わせる程、信頼も厚い。試合でのストイックさとは対照的に、普段は大らかで学年問わずチーム皆に愛される西野選手。そのラグビー人生に迫りました。
(取材日 :2015年7月26日)



2015 選手インタビューシリーズ Vol.9 西野嘉修『日々の行い、準備から』

201511192339_1-400x0.jpg


ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。

お兄ちゃんの勧誘で、中学から始めました。

ーー何か他にスポーツはされてましたか?

水泳とサッカーと少林寺拳法をやっていました!少林寺拳法は結構強制的に親に入れられて...全然帯の色上がりませんでした。(笑)

ーー今年の夏合宿ではMVPに選出されていましたが、何故選ばれたと思いますか?

日々の行いかな!

ーーラグビー人生で一番印象に残っているシーンはどの試合ですか?

一年生の時の帝京大戦です。大学に入って初めての試合で、しかもその年帝京は優勝チームだったので、そういった相手に勝てたのが嬉しかったです!!!

ーーラグビーというスポーツの魅力は?

ラグビーは体と体をぶつけ合う中で、自分1人だけじゃなくチーム全員で前に出て行くところが魅力だと思います。ラグビーしている時はずっと楽しいです!フィットネス以外は、
、、(苦笑)

201511192339_2-400x0.jpg


ーーLOというポジションの魅力はどんなところだと思いますか?

中学時代は、プッターというNo.8みたいなポジションをやっていたのですが、高校からLOを始めました。LOは、みんなだいたい身長が高くてイケメンなところが良いところです!

ーー理想のLO像はありますか?

大野均さん(現日本代表/東芝ブレイブルーパス)です。運動量を見習いたいです!

ーー他にやってみたいポジションはありますか?

No.8とFBをやってみたいです!楽しそうなので。

201511192339_3-400x0.jpg


ーー今期のFW陣の印象はどうですか?

今までよりまとまりがあると思います!四年生の指示が下級生によく伝わっています!

ーー中大ラグビー部の良さはどんなところだと思いますか?


悪ノリっす!!!

ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?

"準備"!

ーーラグビーを続けてきて良かったことはどんなことですか?

親の有り難みがわかったことです。

ーーラグビー部の誰かに一言、言いたいことがあればどうぞ。

高田へ。走れデブ!!!

ーーでは最後に、ラストシーズンに向けて一言お願いします。

1勝でも多く勝ちを重ねたいです!
お母さん、愛してます!

201511192339_4-400x0.jpg



ーーありがとうございました。




≪個人プロフィール≫



201511192339_5-144x0.jpg
西野嘉修(にしの よしのぶ)
1993年6月30日大阪府生まれ。
兄の影響で中学からラグビーを始める。大阪桐蔭高校では2年時に花園出場。中大では2年からLOとして不動のレギュラーを獲得。3年間ほぼ全試合に先発出場する、FWの中心人物である。







[インタビュー:巽友希]
[photo:CURFC]

 


 

2015 STYLE Vol.8 西前耕平『総合的な力を備えるCTBへ。』

[STYLE 2015] 投稿日時:2015/11/12(木) 21:10



2015年選手インタビュー第八弾は、CTBの西前耕平選手。中学からラグビーを始め、御所実業高校時代は、名将・竹田寛行監督の元、CTBとして高校日本代表にも選出される。普段は関西弁トークで皆を笑わせたり、雨の日には「風邪ひかないでね」とマネージャーの事も優しく気にかけてくださる一方、Jrチームではキャプテンを務めリーダーシップを取る西前選手。一体どんなラグビー人生を歩んできたのでしょうか。
(取材日 :2015年7月26日)



2015 選手インタビューシリーズ Vol.8 西前耕平『総合的な力を備えるCTBへ。』

201511122326_1-400x0.jpg


ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。

元々兄貴がラグビーをしていて、中学に上がったのと同時に兄貴に無理やり連れて行かれたからです。兄貴は高校で御所実業には進まなかったのもあり、ラグビーはもうやめてしまいました。

ーー中央大学ラグビー部に入部した経緯を教えて下さい。

ずっと関東の方に出たいと考えていました。中大のスカウターの方に声をかけて頂いた時に、一番印象に残ったので、中大について色々調べました。そこで歴史ある大学であることを知り、さらに中大のような部員の少ない中で戦っていきたいと思ったので入部を決めました。

ーーこれまでのラグビー人生で印象に残っている試合はありますか?


色々ありますね。負けた試合が強く印象に残っています。高校だと、やはり花園の最後に準決勝で東海大仰星に負けた試合ですね。大学だと、この前のジュニア選手権の日大戦です。あの日は誕生日で、親が関東まで試合を見に来てくれた中でトライも出来たので、印象に残っています。

201511122326_2-400x0.jpg


ーーラグビーというスポーツの魅力はどんなところですか?

考えたことなかったですね。。。練習で頑張った分だけ試合で出るし、そうやって練習でやったことが試合で出せた時の喜びがすごく大きいことです。

ーーでは続いて、CTBというポジションについて伺います。


実は高校1年生の時は、LOとFLをやっていました。高2からCTBになりました。

ーーそうなんですね。それは高校時代の恩師である竹田監督の意向で転向したのですか?

うーーーん。高校1年生の時にAチームで出る時はLO、FLでしたが、BチームではCTBでした。ゆくゆくそうなったので、確かに導かれたのかもしれないですね。

ーーCTBというポジションの魅力はどんなところですか?


足が速くなくてもできる!じゃなくて(笑)やはりCTBはSOやSHのようにFWとBKの間を繋ぐのではなく、後ろに下がったりするWTBと前にいるSOとの繋ぎ役であり、試合をコーディネートすることも出来ます。ディフェンスでも前に出れるし、やっている中で楽しみがありますから、僕からしたら好き勝手できてますね。もちろんスタイル的にもLOとかよりスタイリッシュなので、CTBの方が好きです。

ーー理想のCTB像はありますか?

アタックではしっかりゲインできて、ディフェンスでもしっかり前で止める。アタックとディフェンスどちらかではなく、総合的に高い水準で出来ることが理想です。他のポジションと比べても、一番総合的な力が必要なポジションなんじゃないですかね。

ーー他にやってみたいポジションはありますか?

やるなら、プレーヤーではなく監督とかが良いですね!

ーー監督といえば、御所実業高校の竹田寛行監督は名将として知られていますが...!

あの人は懐が深い。来るもの拒まずといった感じです。今もそうですが、挨拶や落ちてるゴミがあったら拾うといった、ラグビーをする前の人としてのあり方を言われたことが今でも自分の中に残っています。

ーー今期のBK陣の印象はどうですか?

良い意味でも悪い意味でも個性的な人が多いです。良い方向に向けば良いですが、悪い方向に向かった時は広人(4年,WTB)が上手く持って行ってくれてるかなと思います。

201511122326_3-400x0.jpg


ーー中大ラグビー部の良さはどんなところだと思いますか?

どんな時でもノリが良いところですかね!僕はノリが良い方ではないけど、それを上回るノリの良さが他の人にはあるので、楽しくやっています。

ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?

楽しむこと!(笑)

ーーでは最後に、今シーズンをどんなシーズンにしたいですか?

まだ公式戦でAチームの試合に出れてないので、最後の年はAチームで試合に出て、「俺、試合出るから関東に見に来て」と親に言えるようにしたいです!!

201511122326_4-400x0.jpg




ーーありがとうございました。


≪個人プロフィール≫



201511122326_5-144x188.jpg

西前耕平(にしまえ こうへい)
1993年9月6日奈良県生まれ。
兄の影響で中学からラグビーを始める。2009年 数々の有名選手を輩出している名門・御所実業高校において、1年生からメンバー入りし全国大会出場。3年時はベスト4進出に貢献。同年、CTBとして高校日本代表に選出される。






[インタビュー:巽友希]
[photo:CURFC]