大きくする 標準 小さくする

~選手インタビュー~ STYLE 2017/11

<<前へ

2017 STYLE Vol.8 吉中 悠太郎 『”絶対に勝てる”という気持ちをもつ』

[STYLE 2017] 投稿日時:2017/11/16(木) 22:07

2017年度選手インタビュー 第8弾は、吉中悠太郎選手です。食堂長として寮の食事管理を徹底し、グラウンド外でもチームの勝利に貢献する吉中選手。そんな吉中選手のラグビー人生に迫り、東福岡高校時代から変わらず持つポリシーを伺うことができました。



ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。

親戚がラグビーをやってたのを観に行ったのがきっかけで、5才から始めました。


ーー他にスポーツはなさっていましたか?

水泳や体操をやっていました。


ーー水泳や体操と異なるラグビーの魅力は?

小6で160cmくらいあったので、アタックやトライを取った時の爽快感や勝った時の達成感が好きでした。


ーーHO以外のポジションはなさっていましたか?

高校入学当初はFLとNo.8をしていて、高校3年の時にHOになり、そこからずっとHOをやっていす。


ーーご自身のポジション(HO)の魅力は?

高校時代にポジション転向する際に、監督から「セットプレーも出来るし、No.8みたいな動きもできるから楽しいぞ」と言われてHOを始め、実際にその魅力を感じています。


ーー何故中央大学ラグビー部を選ばれたのですか?

元々関東でラグビーをしたいと思っていて、Jスポーツで中央大学の試合を見た時に、トライを取った後、応援席にいる選手とグラウンドにいる選手が一緒に喜びを分かち合っている姿を見て、雰囲気が良いなと思い中央大学を選びました。


ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?



高校1年生の選抜大会の決勝で優勝した時の試合です。途中出場でしたが、2点差の場面から出て最後勝ちきったというのが印象に残っています。


ーー自分の強みはなんですか?

スクラムに関しては強みにしていきたいです。また、元々FLをやっていたので、フィールドプレーも強みとしていきたいです。


ーーラグビー人生で影響を受けた人はいますか?

ラグビーを始めたきっかけでもある親戚のお兄さんです。僕が小学校6年生の時、彼が東福岡高校3年生で初優勝した代でした。会場で試合を見て、自分も東福岡高校でプレーしたいと思うようになったので、今の自分の原点です。僕は苦手なのですが、彼はFLでタックルがすごいところを尊敬しています。


ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?

高校の時から思っていることなのですが「勝てるかな」と考えてしまうと負けてしまうことがあります。「絶対に勝てる」という気持ちがあるからこそ入り込んで出し切ることが出来ます。そういった事前の気持ちのコントロールが、ラグビーにおいて大事だと思います。


ーー中央大学ラグビー部が更に強くなるために、何が必要だと思いますか?

一つになろうとしてやっている中で、個々の能力や精度を高めて底上げしていけば、もっと上に近づけると思います。


ーーでは最後に、ラストシーズンに向けて一言お願いします。

ラストシーズンなので、今まで4年間やって吸収してきたものをこのシーズンで出し切れるようにやっていきますので、今後も応援よろしくお願いします!


ーーありがとうございました。



吉中 悠太郎
1995年4月24日 福岡県生まれ。親戚の影響で5才からラグビーを始める。2011年 東福岡高校ラグビー部に入部し、1年から全国選抜大会に出場し優勝。3年時は花園に出場しベスト8。2014年 中央大学ラグビーに入部。今シーズンは食当長を務め、部員の食生活をコントロールしている。



[インタビュー:巽 友希]
[photo:CURFC]

2017 STYLE Vol.7 松岡 純平『信念を曲げず、熱いハートをもって』

[STYLE 2017] 投稿日時:2017/11/15(水) 23:36

2017年度選手インタビュー 第7弾は、松岡純平選手です。中大ラグビー部きってのイケメンで、内に熱いハートをもつ松岡選手。信頼の厚さは、ジャージの重さを知るからこそできるプレーにあります。そんな松岡選手のラストシーズンにかける熱い想いに迫りました。



ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。

兄が中学の部活でラグビーをしているのを小学生の時に見ていて、自分も中学からラグビーを始めようと思ったのがきっかけです。


ーーずっと同じポジションですか?

最初はWTBで、高校1年生の時はFLとNo.8をしていました。


ーー他にスポーツはなさっていましたか?

小学校の時に野球とハンドボールと陸上をやっていました。


ーーラグビーというスポーツの魅力はどんなところですか?

何している時よりも熱くなれるところです。
熱く、激しいところ。


ーーご自身のポジション(CTB)の魅力は?

CTBをやっている時期が一番長いのですが、ボールをもらえる機会も身体をあてる機会も多く、ラグビーの醍醐味が詰まっているところです。


ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?



大学1年生の時の日本大学戦です。BKの11番~14番までを1年生4人で出場しました。11番が僕で、12番が開成、13番が吾土矛、14番が大地でした。僕自身は2.3年生であまり試合に出れていなかったので、またみんなで試合に出たい!という思いもあり、この試合を選びました。


ーー自分の強みはなんですか?

身体をあてる場面での強さです。アタックで縦にいったりディフェンスのタックルなど、スキル的には下手な選手なので、地味なところで激しさを意識しています。


ーーラグビー人生で影響を受けた人はいますか?

間違いなく、市川功大(2016年卒)です。元々熊本のラグビースクールからわざわざ県外の大分舞鶴高校に行った人がいるという話を聞いていて、その時点で凄いなと思っていました。大学に入って同じチームになり、部屋も同じだったので、あの人の辛い思いや考えを聞いていました。自分の信念を曲げず熱いハートをもってずっとやり続けていたところに影響を受けたし、自分もこんな人になりたいと思うようになりました。大好きです!


ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?

上手い選手ではないので、身体を当てることを意識している分、試合前の気持ちの準備、気持ちを高めることを意識してやっています。


ーー中央大学ラグビー部がさらに強くなるために、何が必要だと思いますか?

もっとチームが1つにならなければならないと思います。みんなが同じ方向を向いて、同じ目標をもって毎日練習することが必要だと思います。


ーーでは最後に、ラストシーズンに向けて一言お願いします。

いつも応援していただきありがとうございます。今年はラストシーズンなので、試合に出れなかった悔しい思いをぶつけて、試合で最高の結果を残せるよう頑張っていきたいと思います。今後も応援よろしくお願いします!


ーーありがとうございました。



松岡 純平
1996年1月3日 熊本県生まれ。兄の影響で中学からラグビーを始める。2011年 九州学院高等学校ラグビー部に入部し、3年時に花園出場。熊本県代表に選出される。2014年 中央大学ラグビー部に入部。今シーズンは部の会計を務める。


[インタビュー:巽 友希]
[photo:CURFC]

2017 STYLE Vol. 6 佐野 瑛亮『日々のトレーニングを欠かさない』

[STYLE 2017] 投稿日時:2017/11/14(火) 12:43

2017年選手インタビュー 第6弾は佐野瑛亮選手です。高校時代から各世代の日本代表を多数経験。ピンチを1プレーでチャンスに変え、チームに勝利をもたらしてくれます。注目され続ける佐野選手のラグビー人生に迫ります。



ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。

小学校入学前に母に連れられ、よくわからないうちにラグビースクールの練習に参加し、気づいたらやっていたような感覚です。もともと兄もラグビーをしていたので、その影響もあり始めました。


ーーずっと同じポジションですか?

ラグビースクールに通い始めた当初からFWをやっていました。小学校高学年と中学生の頃はLO、高校から現在まではFLとNO.8をやっています。その途中で中学校の部活と高校1年生のときにSOとFBを経験しました。


ーー自分のポジションの魅力は?

FL、NO.8はプレーの幅が広く、とても自由度が高いポジションです。試合では様々な局面に応じてパスやラン、コンタクトなど色んなプレーが選択できます。その分ATやDFにおいて必要なスキルが多く難しい部分もありますが、それも含めてとてもやりがいのあるポジションだと思います。
とくにFL、NO.8の一番の見せ所はタックルなので、僕にピッタリのポジションだと思います。


ーー他にスポーツはなさっていましたか?


小学生のときに野球と水泳をしていました。実力は大したことなかったですけど、、、


ーー何故中央大学ラグビー部に入部されたのですか?

僕が通っていた東京高校は松田監督の出身校でそのご縁もあってお声を掛けていただきました。また、同じ高校の先輩が中大ラグビー部に在籍していて、とても良い雰囲気で楽しいチームだと聞いていたので入部を希望しました。


ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?

高校三年時の花園予選決勝の國學院久我山高戦です。
全校応援の中、強豪校の久我山を下し東京高校史上初の3年連続花園出場という快挙を成し遂げた試合なのでとても印象に残っています。


ーーラグビーというスポーツの魅力はどんなところですか?

僕が感じるラグビーの魅力は、ノーサイドの精神です。ラグビーの試合はとてもアグレッシブで気持ちが入るものです。お互いの選手はチームの勝利のためにとても激しく相手とぶつかり合います。しかし、ひとたびホイッスルが鳴り試合が終了すれば、ノーサイドとなり敵や味方などの隔たりがなくなり、皆ラグビーを共にプレーする同士になります。このノーサイドの精神こそがラグビーの最大の魅力だと思います。



ーー自分の強みは?

身体の強さを活かしたタックルやジャッカルで相手のボールを奪うことです。


ーーラグビー人生で影響を受けた人はいますか?

僕がずっと憧れを抱いている人であり、ラグビーを始めるキッカケにもなった兄です。
まさに文武両道で学業でも競技でも優秀だった兄の背中を追い続けたからこそ今の自分があるのだと思います。僕自身勉強のほうはサッパリですけど、、、(苦笑)


ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?


ウェイトトレーニング。相手に当り負けない身体を作るためにも、日々精力的に取り組んでいます。ケガの予防も含めてとても大事なことだと考えています。


ーー中央大学ラグビー部が更に強くなるために、何が必要だと思いますか?

中大ラグビー部に現在必要なことは、DF力の向上だと思います。中大は伝統的にDFにこだわりのあるチームで、他の強豪校と比べて身体のサイズやスキルで劣っている中で組織的なDFと気合いのタックルで対抗してきました。今年はさらに精度と強度を磨けば中央大学は他校が恐れるチームになると思います。


ーーでは最後に、中大一族の皆様に向けてラストシーズンに向けて一言お願いします。

これまでに先輩方が築き上げてくださった伝統を受け継いで、しっかりと結果を残し、チームに携わっている方々やそうでなくともチームを応援してくださっている方々に恩返ししたいと思います。そして、学生ラグビーの最期に悔いが残らないように精一杯頑張りたいと思います。


ーーありがとうございました。



佐野 瑛亮
1995年5月24日 神奈川県生まれ。小学校入学前からラグビーを始める。中学時代は神奈川県スクール選抜。東京高校では1年から3年連続花園出場。その間、U17関東代表、全東京で東京国体優勝、高校日本代表などを経験。中大では1年からレギュラーに定着し、殆どの試合でスタメン出場。U20日本代表、Jr.ジャパンに選出。今シーズンは寮長を務める。


[インタビュー: 巽 友希]
[photo:CURFC]

2017 STYLE Vol.5 内野 翔太 『怪我をしない事』

[STYLE 2017] 投稿日時:2017/11/10(金) 12:31

2017年選手インタビュー第5弾は、内野翔太選手です。中学時代は都選抜で花園、高校時代は1年から秩父宮でプレーを経験し、現在は主務としてチームのマネージメントにも尽力。グラウンド外からもチームを支え、選手と主務の両道を全うする内野選手のラグビー人生に迫りました。



ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。

小学校の時にタグラグビーの授業があり、そこで初めてラグビーボールを触り興味を持ちました。その後、地元のラグビースクールに行き、
意外に面白くて始めました。


ーー他にスポーツはなさっていましたか?

小5の時に体操をやっていて、中学の時にバスケをやっていました。


ーー他のスポーツと異なるラグビーの魅力はどんなところですか?

色んなスキルが必要なところです。サッカーは手を使えないし、野球はコンタクトプレーがない。全ての要素が含まれているラグビーが魅力的だと思います。


ーーご自身のポジションの魅力は?

パスやランニング、キックなど様々な要素が求められるところです。


ーー何故中央大学ラグビー部に入部されたのですか?

文武両道をしたかったので、それを実現できる中央大学を選びました。もう一つは、小野澤宏時選手(中央大学OB)のプレーが好きで、彼が育った環境でプレーしたいと思ったからです。


ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?

中学の時の全国スクール選抜大会決勝です。中学生ながら初めて花園で試合をしたので、その後のラグビー人生に影響を与えたと思います。
もう一つは、高校時代の花園東京都予選決勝の久我山戦です。秩父宮で行われた試合で1年生の時に出させて頂き、結果的には負けてしまいましたが良い経験ができた試合でした。


ーー自身の強みは?

精神面ではとても強くなったと思います。副務の時は失敗が多くネガティヴな考えになる事もありましたが、そういった経験を乗り越えて弱みだったメンタルが強みに変わり、主務として最大限に活かせていると思います。
プレー面では、ボールを持つのが好きなのでアタックですかね。CTBとして狭いスペースの中をいかに抜いたりゲインできるかをたくさんやってきたので、それが強みになりました。



ーーラグビー人生で影響を受けた人はいますか?

中学の時に東京都スクール選抜でキャプテンをやっていた佐々木嵩穂選手(現法政大学)です。当時、中学生とは思えない精神力や、中学生ながら東京都の代表としてチームを引っ張るすごさを肌で感じました。私は副キャプテンだったのですが、高校での副キャプテンと大学での主務としての活動の原点は、彼のキャプテンシーから学んだ事が大きいです。
高校では小島先生と新井先生です。高校に入って浮かれていた自分に、まだまだ足りないと気付かせてくれた存在です。今でもラグビーの話だけでなく、大学生活や就活の相談をします。


ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?

怪我をしないという事が今後の目標であり、一番大切にしている事です。準備やケアをやり続ける事が大事だと思います。


ーー中央大学ラグビー部が更に強くなるために、何が必要だと思いますか?

現状に満足しないという事だと思います。目標を達成したら次の目標を立てて、常に前を向いている精神が大切だと思います。


ーーでは最後に、ラストシーズンに向けて一言お願いします。

主務と選手を両立している中で、主務としての内野も、選手としての内野も見てもらいたいです。みんなの期待に応えられるよう双方で全力を尽くし、リーグ戦優勝・全国大会ベスト4という目標に貢献出来るよう頑張りますので、応援よろしくお願いします!


ーーありがとうございました。



内野 翔太

1995年12月5日 東京都生まれ。ポジションはCTB。
小5でラグビーを始め、中学時代は東京都スクール選抜副キャプテンを務める。2011年 保善高校ラグビー部に入部。1年からレギュラーを獲得し、全国大会東京都予選決勝 國學院久我山戦で秩父宮デビュー。2014年 中央大学ラグビー部に入部。今シーズン主務を務める。

[インタビュー:巽 友希]
[photo:CURFC]

2017 STYLE Vol.4 白井 吾士矛 『恩返しとして、グラウンドで活躍する姿を見せる』

[STYLE 2017] 投稿日時:2017/11/08(水) 14:22

2017年選手インタビュー第4弾は、白井吾士矛選手です。ラグビーおたくと言われるほどラグビーを愛し、不動のCTBとしてチームの勝利に欠かせない白井選手。信頼される実力の裏には、日々の意識の高さと支えてくださる方々への感謝の気持ちがありました。そんな白井選手のラグビー人生に迫ります。



ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。

小4の時に友達に誘われて練習に行ったら楽しくてそのままラグビーを始めました。


ーーご自身のポジションの魅力は?

バックスの中で一番ぶちかませるポジションだと思います。アタックでもディフェンスでもコンタクトが多いポジションなので、私のように当たるのが好きな人には良いポジションだと思います。


ーー他にスポーツはなさっていましたか?

水泳は小さい時からやっていて、中学の時に3年間柔道部に入っていました。


ーー何故中央大学ラグビー部に入部されたのですか?

一番早くに声をかけて頂いたのと、OBの西原さんに良くして頂いたからです。


ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合は?

記憶に新しいのは、去年の関東学院大戦です。前半負けていて流れが良くなかったのですが、後半になってみんなの気持ちが乗り始め、チーム一丸となって勝てたからです。気持ちを切らさずにやり続けることによって、みんなが同じ方向に向けるということを学びました。


ーーラグビーというスポーツの魅力はどんなところですか?

コンタクトするところです。暴力が合法化されているところですかね。(笑)



ーー自身の強みは?

捕まってから前に出れるところです。


ーーラグビー人生で影響を受けた人はいますか?


お父さんは常に影響を与え続けてくれました。挫折しそうな時も、お父さんが道を正してくれました。全てを包み込むようなオーラや、否定しないけど正してくれるところを尊敬しています。全然タイプは違いますが、父のようになりたいです。
また、小学校の時から憧れだったのは冨岡鉄平選手(元東芝府中ブレイブルーパス監督)です。ファンミーティングの際に「小さい時は色んなスポーツをやって、最終的にラグビーに戻ってくればいいよ」と言われました。実際に色んなスポーツをやって、良い要素を取り込めたと思うので、トップリーグに行った際にご挨拶できたら嬉しいです。


ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?


今までお世話になった人達への恩返しは、自分の活躍している姿を見てもらう事だと思います。お世話になった人達への感謝を忘れずに、晴れ姿を見てもらうために頑張りたいです。


ーー中央大学ラグビー部が更に強くなるために、何が必要だと思いますか?

中山ヘッドコーチやりゅうせいコーチが技術的な部分で教えてくだっている事が、チーム全体で活用できていない部分があるので、マインドの部分で全員が高い意識を持つ事が必要だと思います。細かい部分まで全員が意識することで、練習の質が変わると思います。


ーーでは最後に、ラストシーズンに向けて一言お願いします。


今成長している過程を実感できているので、シーズン楽しみにしていてください!


ーーありがとうございました。



白井 吾士矛

1995年11月1日 神奈川県生まれ。小4でラグビーを始め、中学時代は神奈川県スクール選抜に選出される。2011年 桐蔭学園高校ラグビー部に入部。2年から花園に出場し、3年時は全国準優勝。中大では1年から試合に出始め、2年後半からレギュラー定着。今シーズンBKリーダーを務める。



[インタビュー:巽 友希]
[photo:CURFC]
«前へ