大きくする 標準 小さくする

~選手インタビュー~ STYLE

2015 STYLE Vol.13 小野雄貴『ラグビーで恩返しします』 [STYLE 2015]

投稿日時:2015/12/25(金) 23:01



2015年選手インタビュー最終回は、小野雄貴選手。中学ではバスケに没頭していましたが、才能を見込まれ高校でラグビーに転向。その後すぐにU-17日本代表に選出される。中大入学後は、2年からレギュラーを獲得。今では小野選手のいないFWは考えられないといっても過言ではないでしょう。このインタビューを通し、様々な転機や試練を乗り越えた小野選手の魅力を少しでも知って頂ければと思います!

(取材日 :2015年7月26日)


2015 選手インタビューシリーズ 
Vol.13  小野雄貴『ラグビーで恩返しします』



201512252345_1-400x0.jpg


ーーラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。


小学校2年の時、同じクラスだった仲の良い友達がラグビーをやっていて、それに連れられて練習に付いて行きました。その後、親に「楽しかった?」と聞かれて「楽しかった」と答えたら、やるやらないとかではなく次の瞬間には入ってました。(笑)

ーー他にスポーツはされてましたか?


中学校3年間はラグビーやらずにバスケをやっていました!バスケの方が楽しくなってしまって...

ーー2010年にはU-17日本代表に選出され全試合フル出場されていますが、高校でラグビーに転向してからすぐに選ばれたということですか?


そうですね。高校からまたラグビーを始めたのですが、運良く選ばれました。その時のもう片方のFLが山下(諒之 4年)でした。

ーー何故中央大学ラグビー部に入部したのですか?


全国から選手が集まるようなラグビーのレベルの大学に行きたいと思っていました。最終的に中央と法政で迷っていた時、山下のお兄ちゃんの代の中央vs法政が群馬県の会場でやっていて、勝った方に行こうと決めていました。その試合で中央が勝ったので中央を選びました。もしかしたら今頃敵だったかも知れません。(笑)

ーーラグビー人生で一番印象に残っている試合はありますか?


2年生の時の東海大戦です。その試合の朝におじいちゃんが亡くなって、ずっと涙をこらえながらアップや試合をしている状況でした。本当に勝った喜びと同時に、試合が終わった瞬間に何かが溢れ出してきて涙が止まりませんでした。

201512252345_2-400x0.jpg


ーーよく試合に出場できましたね。


そうですね。あの時ばかりは自分を褒めたいです。

ーー小野さんのラグビー人生に影響を与えた人はいますか?


高校の時の監督(佐藤康弘)さんです。中学時代に進路で迷っていた時、毎日30分くらいお話をしに来て下さいました。高校は自分を必要としてくれるところでやろうと思い、ラグビーをするきっかけをくれました。

ーーでは次に、ポジションについてお聞きします。2年生の時はLO/No.8だったそうですが


高校の時はNo.8やFLをやっていました。大学1年の時は、怪我で出遅れていたし、同じポジション(3列)に4年生が多かったので、とにかく試合に出たい一心で、違うポジション(LO)にもチャレンジしました。

ーーFLの魅力とは?


タックルやボールに絡んだり、また時にはBKにも入ったりと、色んなプレーに絡む機会が多いところです。

ーー小野さん自身の強みは?


器用貧乏なところですかね。(笑)
色んなポジションをこなせるのと、ラインアウトやフィールドプレーも卒なくこなせるところじゃないですかね。

201512252345_3-400x0.jpg


ーー他にやってみたいポジションはありますか?


バックスリーっす!WTB・FBやってみたいです!テレビ放送のハイライトで、いつも美味しいところが映ってるので、モテるんじゃないかなと思って。

ーー今期のFWの印象はいかがですか?


下級生の時から一緒に試合に出てたメンバーがたくさんいるので、お互いダメなところはダメと言い、良いところはお互いに伸ばしていけるような団結力、まとまりがあると思います。

ーーラグビーというスポーツの魅力は?


コンタクトプレーで激しく身体をぶつけ合うところです。

ーー中大ラグビー部の良さはどんなところだと思いますか?


上下関係があまりなく、アットホームなところです。高校の時もそんなに無かったのですが、中大に来て本当にそれは強く感じます。1・2年の時は先輩が親しく接してくれて、上級生になってからも後輩が気軽に話してくれます。悪く言ったらナメられてるんですが、何でも言えて楽しくやっていけているので、それくらいが丁度良いかなと思います。

201512252345_4-400x0.jpg


ーーラグビーをする上で大切にしていることはありますか?


ラグビーとプライベートのメリハリをしっかりすることです。練習の時間は思いっきり練習をして、寮内の時間は仲間と遊んだり話したりします。

ーーラグビー部の誰かに一言、言いたいことがあればどうぞ。


立石へ!そろそろ嘘はやめましょう!虚言石!

ーーラストシーズン、誰に感謝してプレーしたいですか?


親ですね。ラグビーをやるために大学まで行かせてくれて。お金もかかったと思うし、自分が恩返し出来るのはラグビーしかないと思っています。残り1ケ月ちょっとしかありませんが、まずはそこで恩返しできるように頑張ります!!

ーーでは最後に、選手権に向けて一言お願いします。


過去2年選手権に出ていますが、個人的には、一昨年はシンビンをしてしまったり、去年は全然勝てなかったり、チームでも悔しい思いをしています。なので今年は1戦1戦大事に戦い、万全な状態で帝京大学に挑みたいと思います!!

201512252345_5-400x0.jpg



ーーありがとうございました。



≪個人プロフィール≫


201512252345_6-144x0.jpg
小野雄貴(おの ゆうき)
1993年4月26日 群馬県出身。
小学2年でラグビーを始める。2009年 群馬県立高崎商業高等学校ラグビー部に入部。2010年 高選手、山下選手と共にU-17日本代表に選出されFLとして全試合フル出場。2013年 IRBジュニアワールドラグビートロフィー2013アジア予選 日本代表に選出される。中大では2年からレギュラーを獲得。不動の背番号7番。






[photo:CURFC]
[インタビュー:巽友希]