大きくする 標準 小さくする

ブログ 2015/12

次へ>>

試合後コメント 大学選手権 帝京大学戦[中央大学ラグビー部ブログ]

投稿日時:2015/12/28(月) 17:39

12月27日(日)に行われました、全国大学ラグビーフットボール選手権大会 セカンドステージ第3戦  帝京大学戦の試合後コメントになります。



 
松田 雄 監督
まず、こんなにたくさんの方が応援に来て下さった中で、このような結果になってしまったことを本当に申し訳ないと思っています。同時に、皆さんの応援というものに対し、改めて心を打たれました。中央大学は一年間ベスト4を目標に掲げてやってきましたが、チャンピオンチームとの差を感じ、今日の結果を反省しています。しかし、山下主将はとても良いものを残してきてくれており、それは中央大学がこうして変わろうとしている中で、非常に大事なことだったと思います。
最後になりますが、一年間ずっと試合会場に足を運んで応援に来てくださったファンの方々、OBの方々、父母の方々、支えてくださった全ての皆様、本当にありがとうございました。

 
酒井 宏之 ヘッドコーチ
帝京大学は、何から何まで全てが徹底されていて、とにかく強かったなという印象です。ただ、その中でも春から強化してきたスクラムは帝京相手に互角に組めたりしていたので、それは自信になったと思うし、来年に繋げられると思います。またそれ以外で全く歯が立たなかったところは、今日対戦した相手が大学トップチームなので、これを良い指標として向上して行きたいと思います。
4年生に対して、こんな悔しい思いをさせて卒業させてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいです。しかし、精一杯やっての結果だから胸を張ってほしいし、下級生にはこの悔しい結果を4年生が残してくれたものとして、来年に活かしたいと思います!105点忘れないです。

 
FL 山下 諒之 (キャプテン 4年)
完敗だし自分達のラグビーが通用しなかったということですが、自分達は本気で勝ちに行ったということは、間違いないと胸を張って言えます。何も出来なかった自分から言えることは無いのですが、この4年間で自分達の代が残してきたものを次の世代が繋げていってくれることを願います。
また、こんなに苦しい試合の中で、最後の最後まで全力で応援してくれる後輩や仲間、そして中大一族の皆様には感謝してもしきれないです。そこに対して結果やプレーで恩返しすることが出来なかったのが申し訳ないですが、本当に感謝しています。4年間ありがとうございました!

 
WTB 渡辺 広人 (バイスキャプテン 4年)
申し訳ないです。敵は強かったです。ああいった展開でも、最後まで声を枯らして応援して頂き、本当に幸せでした。勝てもせず良い試合も出来なくて本当に申し訳ないという気持ちでいっぱいです。4年間を振り返って、中央大学はだんだん良い方向に向いていて、ある程度のレベルまできています。ここからさらにもう一段階、二段階、三段階、上がっていかないと上にはいけないんだということを感じたところで卒業するのは寂しいです。親、監督、スタッフ陣に特に感謝したいです。
最後に後輩達へ、体重増やせ!!(笑)

 
HO 山本 将也 (FWリーダー 4年)
今日の試合は完敗でした。怪我をしてしまって悔しいという半面、最後試合には出られなかったものの、外からチームを見ることが出来てこのチームで良かったと再確認できました。1年を通して、みんなの理想のチームかは分かりませんが、アットホームで今まで以上に良いチームだったんじゃないかなと思います。今年は辛いことをやってきて、比較的それが結果に出ていたと思います。自分があれこれ言わなくてもみんな出来る状態になっていて、リーダーとしてというより、一人の部員として充実した一年間でした。
また、これまで中央大学はスクラムが本当に弱くて、押されてもボールを出せれば良いといった感じでした。しかし、今年はスクラムを優位に組むことが出来て、東海大学や帝京大学にもスクラムは通用していました。スクラムが強くなってラインアウトを取れるようになったので、FWリーダーとして一年間練習をやってきて良かったと思いました。こうした成果を一時の強さで終わらせるのではなく、天田や三宮などが、”中大は強いチームなんだ”ということを毎年一年生に伝えていってくれれば、僕らが頑張った形が中央大学に残っていくのではないかと思っています。
後輩達には、結果が出ても出なくてもチームで同じ方向を見て頑張ってほしいです。また、中央大学は誰がリーダーになっても上手くいくと思うので、頑張り続けて自分達より良い結果を残してほしいです! 
帝京戦は大敗してしまいましたが、中大一族の皆様が最後まで声を出し続けてくださり、きっと選手の力になったと思います。これからも中大は伸びていくと思うので、応援し続けて頂きたいです!ありがとうございました!

 
WTB  高 悠也 (BKリーダー 4年)
今日の試合は帝京大学の一方的な試合展開になってしまいましたが、所々中大のディフェンスやアタックでペースを握る場面もありました。しかし、そのチャンスをうまくいかせなかったことが原因で、今日の試合展開になってしまったと思います。『山下組』になってから、後輩達になにか伝えることができたかはわかりませんが、今年の中大は試合に出ない選手の応援や団結力が日本一だったと思います。なので中大のこの姿勢は、この先もずっと続けていてもらいたいと思います!
今日、BKリーダーとしての役割を終えましたが、自分はラグビーに詳しくないし、的確なアドバイスもできないからこそ、プレーでまとめたいと思っていました。ですが、夏の怪我があり、うまくまとめることができなくて、ヒロトにもBK全体にも迷惑かけたと思っています。また、今の自分が中央大学でプレーできたのも、これから先ラグビーを続けられるのも、全て高校時代の恩師である成田先生と出会い、自分が変わることができたからだと思っています。このご恩は一生忘れません!ありがとうございます!
最後に、応援して下さった中大一族の皆様、次の代はやるので、これからも中大の応援をよろしくお願いします!!


 
以上となります。
引き続き、熱い応援をよろしくお願いします。



 

大学選手権 帝京大学戦[中央大学ラグビー部ブログ]

投稿日時:2015/12/27(日) 18:58

いつも熱い応援ありがとうございます。

本日秩父宮ラグビー場にて、大学選手権 帝京大学戦が行われました。
結果は0対105で敗戦しました。
先週、法政大学との負けからチームを立て直して、山下組最後の1週間を練習してきました。
今日の帝京戦も勝ちに行ったつもりでしたが、現実は甘くありませんでした。
201512271925_1-300x0.jpg201512271925_2-300x0.jpg
山下組は今日をもって解散となりますが、山下主将始め4年生がたくさんの物を残してくれたように思います。
来年の春には、再び帝京大学と対戦することになります。
3年以下は、同じ悔しい思いをしないためチームを作っていきたいと思います。
最後に今年1年間、中央大学ラグビー部山下組を応援してくだっさった皆様、本当にありがとうございました。
私達は来年も大学選手権ベスト4という目標に向って進んでいきます。
ぜひ来年も熱い応援をよろしくお願いします。

 

全国大学選手権 VS法政大学戦[中央大学ラグビー部ブログ]

投稿日時:2015/12/22(火) 17:55


12月20日(日)に行われました、全国大学ラグビーフットボール選手権大会 セカンドステージ第2戦  法政大学戦の試合後コメントになります。



松田 雄 監督
まずは、たくさんの方に応援に来て頂いた中で試合をすることが出来たことに深く感謝しています。多くの方が中央の応援に来て下さったにも関わらず勝てなかったことは本当に申し訳ないと思いますし、全て私の責任だと感じています。前半は、キックせずにマイボールを継続するなど、やろうとしていたことはしっかり出来ていました。特に、アタックに関しては前半はしっかり出来ていました。しかし、後半では「ディフェンスでしっかり前あがろう」と言っていたことが出来ず、法政のリズムを止めることが出来なかったのが敗因だと思います。
帝京大学戦では、自分達が一年間やってきたものが大学チャンピオンである帝京大学にどれだけ通用するか、ということをチャレンジしていきたいと思います。


酒井 宏之 ヘッドコーチ
前半は狙い通りのプレーでスコアすることも出来て、とても良い流れで入っていけました。しかし後半は、ディフェンスで受けてタックルも高くなり、法政のアタックを断ち切ることが出来きず、ずるずると後退してしまいました。ディフェンス場面が多い中、どこかで相手ボールをターンオーバーするようなプレーが必要でしたね。またこういう追い上げられた時の悪い流れを跳ね返すメンタルが、まだ備わってなかったなぁとも感じております。
これで次の試合が今シーズンラストゲームになりましたが、王者:帝京大学相手に守るものは何もありません!今日の敗戦を活かし、今後の中大ラグビー部にとって何か意味のある試合にしたいと思います。


FL 山下 諒之 (キャプテン 4年)
前半は展開しつつ、しっかりとトライを取り切ることが出来ました。自分達のラグビーが出来ていて良かったと思います。しかし後半は守るべきところで守りきれず、全部相手にスコアされてしまいました。やはり、自分達がアタックする場面を全く作ることが出来なかったのが敗因だと思います。試合中、自分としては勝ち急がないようにも考えていたのですが、それが結果的に先を見すぎてしまったのかもしれません。
帝京戦に向けて、これまで積み上げてきたものが間違いなくあるので、この一週間で大きく変えるというよりは、”帝京に勝ち切る”という迷わぬその思いを作ることだと思います。この点について自分が先導していきたいです。また、声や気持ちだけでなく、身体をはって示せるよう努力していきたいです。次の試合は4年生にとって最後の試合になります。ただ単に勝負をするのではなく、ラグビー人生全てをかけて必ず勝ちに行きますので、次の試合も、中大一族の皆様応援よろしくお願い致します!!


WTB 渡辺 広人 (バイスキャプテン 4年)
負けてしまったので何も残らないですね。前半は全てプラン通りに行き良かったです。後半は自分達のやりたいことが全く出来なかったです。点差が開きすぎてゆとりがありすぎ、緩んだ部分があったかもしれません。次の帝京戦では、今まで自分達がやってきたことをやり切り、自分達の時間を作るだけだと思います。


CTB 白井 吾斗矛 (2年)
前半はプラン通りですごく良い流れで出来ていましたが、後半はハイパントからのミス等から受けてしまいました。相手もミスなく攻めてきたし、こちらのディフェンスも攻撃的に上っていけませんでした。ずっと流れを断ち切れずにずるずる引きずってしまい、気付いたら試合が終わっていたという感じです。敗因はミスとディフェンスで上がれなかったこと、受けてしまったことだと思います。
帝京戦に向けて、まずは気持ちを切り替えて、一対一の局面で受けないようにすることと、自分達のミスを減らすことが必要だと思います。”帝京戦に勝つ”という思いはもちろんですが、自分に任された仕事を全うしたいと思います!




以上となります。
引き続き、熱い応援をよろしくお願いします。




 

大学選手権 法政大学戦[中央大学ラグビー部ブログ]

投稿日時:2015/12/20(日) 15:31

いつも熱い応援ありがとうございます。

本日相模原キオンスタジアムにて大学選手権 法政大学戦が行われました。
結果は28対36で敗戦しました。

201512201712_1-300x0.jpg201512201712_2-300x0.jpg
しかし、試合後のチームミーティングで、いつも応援を盛り上げて下さっている方から熱いエールを頂き、応援して下さっている皆さんがいることを再確認しました。
今年のチームには、あと1週間しかありません。
応援して下さっている皆様の為、そして中央大学ラグビー部の名を轟かす為
1日1日を大切に、1年の集大成を来週、秩父宮ラグビー場で魅せたいと思います。

あと1戦、皆様熱い応援よろしくお願い致します。
 

全国大学選手権 VS関西大学戦[中央大学ラグビー部ブログ]

投稿日時:2015/12/15(火) 18:05


12月13日(日)に行われました、全国大学ラグビーフットボール選手権大会 セカンドステージ第1戦 関西大学戦の試合後コメントになります。


松田 雄 監督
4トライ取って勝てたことが本当に良かったと思います。名古屋という土地で、中京、関西地区のOBやご父兄の方など、たくさんの方々に応援に来て頂いたことが、選手にとって大きな力になったと思います。今日の勝因は、これまで春から「4トライ以上取って勝つ!」と積み上げてやってきて、ここにきて出し切れたことだと思います。今日はすごくミスが多い中勝てたので、そのミスを少しずつ修正して、シンプルに中央大学らしく勝てるように準備していきたいと思います。帝京戦でしっかりした形を表現できるよう、法政戦では今日出た反省を活かし、挑んでいきたいと思います。


酒井 宏之 ヘッドコーチ
全国大会初戦で堅くなったせいなのか?ちょっと理由はわかりませんが、ミスが多かったですね。まずはここを課題として、今後修正していかなければいけないと思います。ただ、これだけミスがある中で4トライして勝ち切れた事は、実力がついてきたのかなと思います。今日の試合は、FWの頑張りと諦めないメンタルで勝ち切ることが出来たと思います。次の試合に向けて、まずはミスを減らしてやることをシンプルにしていきたいと思います。


FL 山下 諒之 (キャプテン 4年)
大学選手権の初戦、”必ず勝つ”という意気込みがあったため、最初少しプレッシャーに押されてしまい緊張気味だったのか、ミスが多くなってしまいました。しかし、後半でしっかりそれを修正して自分達のテンポで試合を進められて良かったです。今日の勝因の一つは、FWがしっかり前で身体をはって相手の強みであるスクラムやモールで戦って勝てたことだと思います。最後に勝負を決めた4トライ目のモールでのトライが、今までやってきたことがしっかり出せたので、一番印象に残っています。この先も、しっかりと先を見つつも、まずは法政戦に勝つための準備をしていきたいと思います。


WTB 渡辺 広人 (バイスキャプテン 4年)
ミスが多かったのですが、4トライして勝ち切ったことが大きな収穫だったと思います。今日はハーフタイムに「ラグビーの基本であるコンタクトをしっかりしよう」といって、後半に修正できたことが勝因だと思います。
今日印象に残っているプレーは、僕のミスですね。今日のような展開でミスをしないことが一番大事になってくると思うので、次の試合までにきっちり修正していきたいと思います。次の試合も楽しみたいと思います。




以上となります。
引き続き、熱い応援をよろしくお願いします。


 
次へ>>

<< 2015年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ